醸造用酵母とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/02/07

ビール酵母成分解説醸造用酵母

醸造用酵母とは?

醸造用酵母はビールやパンを作るために使われる材料です。醸造用酵母はSaccharomyces cerevisiae(サッカロマイセスセレビシエ)と呼ばれる単細胞生物から作られます。醸造用酵母は苦い味を持っています。 醸造用酵母はまた栄養サプリメントとしても使われます。醸造用酵母にはクロムが多く含まれ、血糖値を正常に保つのに役立つ可能性があります。また、ビタミンBも含んでいます。 醸造用酵母はプロバイティックであると見なされており、消化を助けるために使用されます。

醸造用酵母は何をするのか?

醸造用酵母には消化管の正しい機能を維持するのを助ける小さな生物(微少植物)が含まれています。

醸造用酵母は栄養サプリメントであり、エネルギーレベルを高め免疫システムを強化する可能性があります。醸造酵母には,以下のような成分が含まれています。

  • クロム
  • タンパク質
  • セレン
  • カリウム
  • 亜鉛
  • マグネシウム


醸造用酵母はまたビタミンBが豊富であり以下のビタミンBが含まれています。

  • チアミン(B1)
  • リボフラビン(B2)
  • ナイアシン(B3)
  • パントテン酸(B5)
  • ピリドキシン(B6)
  • 葉酸(B9)
  • ビオチン(B7)


醸造用酵母のメリット

プロビオティクスとしての醸造用酵母の特徴は下痢を効果的に予防する可能性があります。醸造用酵母は他の消化管の障害を治す可能性があり、以下のような物が挙げられます。

  • 抗生物質による下痢 
  • 旅行者の下痢 
  • 過敏性腸症候群(参考
  • クロストリジウム・ディフィシル腸炎 
  • 乳糖不耐症(参考)


醸造用酵母はエネルギーを供給することにより健康的な皮膚、毛、目、口を維持するのを助ける可能性があります。また、神経系を助け、免疫システムを強化するのに効果的かもしれません。

醸造用酵母中のクロムは耐糖能を改善することにより2型糖尿病患者の糖度を制御するのに役立つ可能性があります。

醸造用酵母の摂取方法

醸造用酵母はパウダー、フレーク、粉末、または錠剤の形で入手可能です。醸造用酵母はまたビールやいくつかの種類のパンの材料でもあります。

平均的な大人の用量は一日に大さじ1杯か2杯です。醸造用酵母は食事に混ぜたり水やジュース、シェイクと混ぜることができます。

醸造用酵母の副作用と安全性

醸造用酵母を摂取する前に医療提供者と話をすべきです。醸造用酵母のようなサプリメントは特定の薬と相互に作用し合う可能性があります。

醸造用酵母による副作用は一般的にはそれほど強くありません。最も一般的な副作用は過剰なガス、膨満感、偏頭痛のような頭痛です。

胸の痛みや喉や胸の閉塞感、呼吸江南を感じた場合はすぐに醸造用酵母の摂取をやめ医療提供者に連絡をしてください。これらの副作用は醸造用酵母に対するアレルギー反応の可能性があります。

醸造用酵母はビタミンBの供給源ですが、ビタミンB-12を含んでいません。ビタミンB-12の量が適切でないと貧血になる可能性があり、ビタミンB-12を含む食材を食事で摂取するよう心がけることが重要です。

醸造用酵母はいくつかの異なるタイプの薬と相互に作用し合う可能性があります。以下の薬を使っている場合は摂取前に医者と話をしてください:

  • モノアミン酸化阻害薬(MAOIs): この中にはトラニルシプロミン、セレギリン、およびイソカルボキサジドが含まれます。このタイプの薬はうつ病の治療に使われます。醸造用公募中の多量のチラミンはMAOIと混合されることにより高血圧性クリーゼを引き起こす可能性があります。これによる血圧上昇の反応は即時であり危険です。心臓発作や脳卒中を起こす可能性があります。(参考)
  • メペリジン: 麻薬性鎮痛薬です。醸造用酵母がこの麻薬と相互作用を起こすと、高血圧性クリーゼを起こす可能性があります。
  • 糖尿病の薬: 醸造用酵母は血糖値を下げる可能性があります。糖尿病の薬との組み合わせで摂取すると最適な血糖値よりも低くなる(低血糖症)になる可能性があります。


妊娠していたり母乳で育児をしている場合は醸造用酵母を摂取する前に医療提供者に相談してください。また、中心静脈カテーテルや次の条件のいずれかに当てはまる場合も注意が必要です(参考)

  • 糖尿病(参考)
  • クローン病(参考)
  • 頻繁な酵母感染(参考)
  • 酵母アレルギー
  • 免疫システムの弱体化


最後に

醸造用酵母を摂取する際には、今回ご紹介したメリットやデメリットを参考にしてみてください。


醸造用酵母をサプリで試してみたい方は、「エビオス錠 」から使用してみると良いでしょう。ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア