還元麦芽糖(マルチトール)とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/06/21

還元麦芽糖(マルチトール)成分解説

マルチトールとは

マルチトールとはでん粉から作る麦芽糖を原料とした糖アルコールです。日本では還元麦芽糖とも呼ばれます。
砂糖の80~90%の甘味を有し、砂糖の半分のカロリーで、虫歯になりにくい甘味料として注目されています。

糖アルコールはフルーツや野菜に含まれており、炭水化物でもあります。通常そのまま使用されず、化学的な操作をされて活用されます。

通常、以下の用途があります。

  • 焼き菓子 
  • キャンディー 
  • その他甘いお菓子等 


また、マルチトールは医薬品にも使用されています。
マルチトールやその他の糖アルコールを、砂糖の代わりに使用する事で食べ物の水分を保持し茶色くなることを防ぎます。

成分表示を確認するときは、マルチトールはソルビトールキシリトールと表記されていることもあるので注意しましょう。
大分類として、糖アルコールと表記されることすらあります。

マルチトールのメリット

マルチトールは、砂糖に似た甘みを感じることができますが、カロリーは少なめです。
このため、減量に役立つことがあります。

その他の甘味料のように後味が苦いということもありません。
もし減量中、または糖尿病の食事療法中などであれば、食事を低カロリーに抑える助けとなるでしょう。

マルチトールや他の糖アルコールは、砂糖や他の甘味料と違い虫歯の原因にもなりません。
そのため、

  • ガム 
  • 洗口液 
  • 歯磨き粉 


に使用されることがあります。

マルチトールについて注意すべきこと

マルチトールは安全に使える、砂糖の代用品として考えられていますが、注意しなければならないことがいくつかあります。

マルチトールは砂糖不使用の製品に使われますが、糖尿病の人は、これが炭水化物だということも忘れてはいけません。
つまり、グリセミック指数(GI)が高いということです。
砂糖よりは高くないですが、血糖には影響が出ます。

また、私たちの体は砂糖と同じように糖アルコールを吸収することができません。

マルチトールは完全には消化されないため、スクラロース(砂糖)やグルコースと比べ血糖値とインスリン値の上昇はゆっくりです。
そのため、糖尿病の人にとってはやはり有用な代用品と言えます。
使用する際は、摂取量を記録し成分表をしっかり確認する必要があります。

マルチトールを摂取したあとに腹痛や腹部のガス・張りを訴える人がいます。
マルチトールは下剤と同様に働き、下痢の原因ともなるのです。
副作用の程度は摂取量やあなたの体がどのように反応するかによって変わってきます。

マルチトールや糖アルコールの使用による、大きな健康被害のリスクは少ないと言えます。

マルチトールの代用

マルチトールや糖アルコールは一般的に材料の一部として使用され、単独で使用されることはほとんどありません。
そのため、もし腹部のガス・張りや腹痛を経験したことがある場合、料理やベーキング時に簡単に使用できる代替品があります。

ステビア

ステビアは、他の甘味料と合わさった全く新しい甘味料として考えられており、他の分類には当てはまりません。
ステビアの植物は南アメリカで育ちます。
砂糖よりも200~200倍甘いとされ、カロリーはありません。

砂糖や他の甘味料と異なり、ステビアには以下の栄養素が含まれています。


ステビアの植物は食物繊維や鉄分の摂取源にもなります。
現時点ではFDAはステビア抽出物のみを認めています。


◆ステビアについてもっと詳しく知りたい方は、『ステビアとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』をチェックしてみてください。

エリスリトール

エリスリトールも糖アルコールの1つです。
しかしマルチトールと異なり、グリセミック指数は低くほとんどカロリーはありません。
また、腹痛や腹部のガスだまり・張りの原因にもなりません。

糖アルコールですが、人工甘味料のような苦い後味はありません。


◆エリスリトールについては『エリスリトールとは?メリットや特徴、副作用を解説』で詳しい解説をしています。

アガベ・その他の自然甘味料

アガベシロップは自然甘味料として知られていますが、ある程度加工がされています。
抽出果糖のメインの源の1つで、その割合はグラニュー糖よりも高いのです。

グラニュー糖は50%の抽出果糖を含みます。抽出果糖の摂取は、

  • 肥満 
  • 脂肪肝 
  • 糖尿病 


に関連しています。 はちみつやメイプルシロップ、糖蜜も自然甘味料です。
これらはすべて、抽出果糖をある程度含んでいます。
はちみつを含めこれらのほとんどが、カロリーなどの性質において砂糖とよく似ています。
カロリーを制限するためでなく、主に甘みを求めるときに使用すべきです。

人口甘味料

人工甘味料は通常砂糖よりも甘みが強くなるように加工されています。
ほとんどが低カロリーかカロリーゼロで、砂糖の代わりとなるためダイエット中の人にとっては最適です。
通常、血糖値にも影響しないため、糖尿病を抱える人にとっても有益です。

しかし、最近の研究で人工甘味料が腸内細菌や、間接的にインスリン感受性や血糖にも影響を及ぼすことが示されています。
いくつかの人工甘味料には健康被害の恐れがある、と注意喚起の表示がされていますが、 多くの保健機関がそれを証明する研究は十分でないとしています。
FDAによって認定されるほど安全とも言えます。

マルチトールが含まれているサプリメント

マルチトールは、食品だけでなくサプリメントにも使用されることがあります。マルチトールを多く含んだ糖アルコールはまとめて「還元水飴」や「還元麦芽糖水飴」と呼ばれ、サプリメントに含まれる多くの場合にはこの形で表記されています。

オルビス ディフェンセラ(オルビス株式会社)


美容用品の代表的なメーカーであるオルビスから発売されているインナーケアコスメ「オルビスディフェンセラ」ですが、こちらも原材料として還元麦芽糖水飴を含んだ商品です。

ゆず風味で、水なしでも飲みやすい味のパウダーですが、原材料も還元麦芽糖水飴など低カロリーにこだわって配合されている点に注目です。

リラックスナイト(株式会社上薬研究所)


ストレスが溜まっていたり、夜になかなか寝付けない方に向けてオススメされている「リラックスナイト」ですが、こちらのサプリメントにもマルチトール(還元麦芽糖)が配合されています。

サプリdeグミ ビタミンC(DHC)


サプリdeグミ ビタミンC」は、ビタミンCを手軽に摂取することを目的としたグミタイプのサプリメントです。こういった菓子タイプの商品の多くにも、マルチトール(還元麦芽糖)は含まれています。

まとめ

多くの人が、減量や糖尿病のために砂糖の摂取を制限しようとしてます。
マルチトールやその他の糖アルコールは有用な代替品といえるでしょう。

しかし、もしあなたが糖尿病を患っているならば、マルチトールを含む食品を食べる事ときは、専門家や栄養士と相談することが大切です。
あなたにとって、その代替品が最適かどうか判断してくれるでしょう。
また、副作用を伴わない範囲での最適な摂取量も指示してくれます。

常に情報を集め、成分表示に目を通すことが重要です。
砂糖不使用と書いてある商品がカロリーゼロとは限りません。
甘味料の種類によって、カロリーやグリセミック指数が違い、体重減少の目標や糖尿病などの健康状態に影響を与える可能性があります。

もし、

  • 甘味料 
  • 摂取カロリー 
  • 血糖値 


をコントロールしたいのであれば、自宅で料理することが最適な方法の1つです。

自分で作れる優れたレシピはたくさんあります。
そのレシピがすすめる砂糖の代用品を使ったり、あなたの嗜好に合わせていろいろな種類を試してみることもできます。

それぞれの甘味料によって、甘みの程度が異なることを忘れないようにしましょう。
お気に入りの甘味料に出会えるまで、2つ3つ異なる種類のものを試すことになるかもしれません。

もし、ダイエットについて関心がある場合には、こちらの記事も併せてチェックしてみてください。



Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事

サイドバーコンテンツ

ライター募集中

カテゴリー

人気のキーワード

ビタミンACE販売ページ

人気の記事

新着記事