【徹底解説】カーボブロッカーの効果をエビデンスをもとに検証!飲み方や口コミは?

Written by alloeh編集部

最終更新日:

カーボブロッカーとは?

👌 おすすめする方

糖質が含まれた食べ物が大好物だけどダイエットもしたい方

カーボブロッカーはアメリカのサプリメーカーであるアーウィンナチュラルズが販売していて、米国では炭水化物にフォーカスした吸収阻害系サプリとして用いられています。正式名称は「マキシマム・ストレングス 3-in-1 カーボブロッカー」です。

主成分として配合されている天然由来成分白インゲン豆エキスという成分は、糖質の分解(消化)と吸収を抑える効果が期待されています。糖質は特に肥満の原因になりやすいため、海外では炭水化物が好きだが、ダイエットもしたいという方に愛用されているサプリメントです。

この記事ではカーボブロッカーに含まれる成分や、それら成分に期待されている効果などについて詳しく解説していきたいと思います。

ダイエットの仕組み

ダイエットには、簡単に言えば、

という3つのアプローチがあります。それぞれのアプローチについての解説記事も用意しているので、興味がある方はぜひご覧ください。




カーボブロッカーは、商品名の通り、カーボ(=炭水貨物)をブロック(=吸収阻害)するための成分を配合しているようで、2番目の吸収阻害系サプリメントにあたるでしょう。

成分の解説

カーボブロッカーには炭水化物の吸収阻害を意識して様々な成分が配合されていますが、その中で代表的なものを詳しくエビデンスベースで検証・解説していきます。

※ 下記の成分解説はあくまで成分それ自体の解説をするもので、カーボブロッカー自体の効果を説明するものではない点にご注意ください

炭水化物の吸収を阻害する「白インゲン」

ラーメンやどんぶりのような、炭水化物が中心の食事を摂り過ぎてしまったときに、それらの吸収を阻害してくれるのが白インゲンです。

平成18年に、テレビでもダイエットに効くと報道されたことでも話題になりました。(ただし、そのときは加熱処理をせずに白インゲンを食したことによる中毒報道で話題になってしまいました、、、もし食事として食べるときはちゃんと加熱処理しましょう!)

余談ですが、国内で人気のダイエットサプリ「カロリミット」にも白インゲンが含まれていました。(現在はバージョンアップして白インゲンの代わりに茶花サポニンという成分が配合されるようになりました)


インゲン豆についてもっと詳しく知りたい場合、「インゲン豆抽出物とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」でも解説していますので、是非参考にしてみてください。


食べたものをエネルギーに変換して体脂肪にさせない「クロム」

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の提供する情報によると、クロムは糖質などの代謝(=エネルギー変換)をサポートして、食事がエネルギー変換されずに体脂肪に変わってしまうことを防ぎます。

ビタミンB群必須アミノ酸にも同様な効果があり、あまり食べてないのに太る、、、という方はこれらの可能性を探ってみてもいいのかもしれません。

クロムについても「クロムとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」という記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。


シナモン

シナモンエキスは血糖値を抑える効果などが研究されています。

シナモンも「シナモンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」という記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。


多くの栄養素の吸収率を高める「バイオペリン」

海外サプリによく含まれているバイオペリン。最近は国内サプリでもたまに見るようになってきました。

この処方の場合、おそらくクロムの吸収率を高めているのではないでしょうか。バイオペリンを供給している業者が鉄を対象に研究したデータですが、ビタミン&ミネラルの吸収率を上げることを一般には主張しています。

配合の意図

配合としては、白インゲンの「吸収させない」と、クロムの「痩せやすい身体を作る」を掛け合わせて、炭水化物対策サプリとなっていることは高評価でしょう。

また、バイオペリンが配合されていて、このサプリの成分はもちろん、このサプリを飲んでから食べた食事の栄養素の吸収率を高めるのもGOODです。

さらに剤型(=サプリの形)として、タブレットでもなくカプセルでもなく、ソフトジェルを採用していて、吸収率が高くなっているのも好感の持てるポイントです。(一般に、液体>パウダー>ソフトジェル>カプセル>タブレットの順で吸収率がいいです)

これらの事柄から、よく工夫された、良いサプリだと思います。

副作用はあるの?

「お腹がゆるくなる」「軟便になる」といったクチコミが寄せられることもあるため、利用する方は気に留めておいた方がいいでしょう。

飲み方や摂取量は?

カーボブロッカーのパッケージには英語で「1日2回、2粒を食事や軽食の前に使ってください」と記載があります。

また、カーボブロッカーのソフトカプセルはその大きさから飲み込みづらく、女性などは気をつけてください。さらに臭いが強いと言われることも多いため、そういった点も考慮してカーボブロッカーを使うかどうか決めるようにしましょう。

どこで買えるの?


海外サプリなので、基本的にはネット経由で個人輸入という形で購入することになります。(海外サプリのほとんどは日本国内の店舗・ネットショップでの取り扱いはありません)

海外サプリの購入にはiHerbやオオサカ堂がよく使われていますが、オオサカ堂は薬機法などの問題から何度もサイトへのアクセスをブロックされるなどしているため、iHerbなどのECを使う方が良いでしょう。

オンラインで購入する場合、alloehで最安値比較をしているので、よければ参考にしてください。

最後に

カーボブロッカーを紹介しました。この記事がサプリ選択の参考になれば幸いです。

その他のダイエットサプリについても知りたい場合、「効果別!人気おすすめダイエットサプリ15選|編集部が徹底比較【2021年最新】」でも紹介していますので、是非参考にしてみてください。


Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断