【徹底解説】カーボブロッカー、効果・副作用を色々な文献で調べてみた【サプリインストラクター監修】

alloeh編集部

最終更新日:2020/01/18

ダイエット炭水化物対策商品解説

ダイエットには、
- 食べない
- 吸収させない
- 痩せやすい身体を作る

の3つのアプローチがあります。

カーボブロッカーは「炭水化物を含む食事が体脂肪に変わるのを防ぐ」にフォーカスした、「吸収させない」と「痩せやすい身体を作る」の掛け合わせサプリです。
ダイエッターにはとても人気なこの海外サプリ。この成分を徹底解説していきます。

※ 読むのが苦手な方へ

動画での解説もしてます!文章が苦手な方はぜひ!

【ダイエット】炭水化物対策サプリで痩せるワケ【カーボブロッカー】


目次

1. サクッと概要
2. なぜダイエットに効果があるのか?
3. 成分解説
- 白インゲン
- クロム
- バイオペリン
4. カーボブロッカーはなぜすごい?
5. 副作用はあるの?
6. どこで買えるの?

概要

アメリカのサプリメーカーであるアーウィンナチュラルズが販売する吸収阻害系サプリです。

 主成分として天然由来成分である白インゲン豆エキスが配合されており、糖質の分解・吸収を抑える効果が期待できます。糖質は特に肥満の原因になりやすいため、炭水化物が好きな方におすすめできるサプリメントです。

また、シナモンエキスが配合されており、血糖値を抑える効果も期待できます。

炭水化物の吸収を阻害する「白インゲン」

ラーメンやどんぶりのような、炭水化物がたくさん入った食事を摂ったときに、吸収を阻害してくれるのが白インゲンです。

平成18年に、テレビでもダイエットに効くと報道されたことでも話題になりました。
(ただし、そのときは加熱処理をせずに白インゲンを食したことによる中毒報道で話題になってしまいました、、、もし食事として食べるときはちゃんと加熱処理しましょう!)

余談ですが、国内で人気のダイエットサプリ「カロリミット」にも白インゲンが含まれています。

食べたものをエネルギーに変換して体脂肪にさせない「クロム」

ミネラルの辞典:朝倉書店によると、クロムは糖質などの代謝(=エネルギー変換)をサポートして、食事がエネルギー変換を漏れて体脂肪に変わってしまうことを防ぎます。

ビタミンB群や必須アミノ酸にも同様な効果があり、あまり食べてないのに太る、、、という方はこの可能性を疑ってみてもいいのかもしれません。

多くの栄養素の吸収率を高める「バイオペリン」

海外サプリによく含まれているバイオペリン。
これを含んでいるサプリは「開発者が配合にこだわったんだろうな」と想像してしまいます。笑

この処方の場合、おそらくクロムの吸収率を高めているのではないでしょうか。
下記のリンクは鉄を対象にしたデータですが、ビタミン&ミネラルの吸収率を上げることを一般には主張しています。

バイオペリン® | bioperine.jp

カーボブロッカーは何がすごい?

配合としては、白インゲンの「吸収させない」と、クロムの「痩せやすい身体を作る」を掛け合わせて、炭水化物対策サプリとなっていることは高評価でしょう。

また、バイオペリンが配合されていて、このサプリの成分はもちろん、このサプリを飲んでから食べた食事の栄養素の吸収率を高めるのもGOODです。

さらに剤型(=サプリの形)として、タブレットでもなくカプセルでもなく、ソフトジェルを採用していて、吸収率が高くなっているのも好感のモテるポイントです。
(一般に、液体>パウダー>ソフトジェル>カプセル>タブレットの順で吸収率がいいです)

これらの事柄から、よく工夫された、良いサプリだと思います。

副作用はあるの?

- お腹がゆるくなる
- 軟便
はクチコミでも、編集部の利用所感としてもよく聞くところなので、注意しましょう。

どこで買えるの?

海外サプリなので、基本的にはネットで購入することになります。(海外サプリのほとんどは実店舗での取り扱いはありません)

ネットで購入する場合、alloehで最安値比較をしているので、よければ参考にしてください。

最後に

カーボブロッカーを紹介しました。

ダイエッターに人気ですが、成分の効果を知らずに飲んだor興味を持っている方も多かったのでは?

この記事がサプリ選択の参考になれば幸いです!
お読みいただきありがとうございました!

執筆: alloeh編集部
監修: サプリメントインストラクター 副島 侑汰朗

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア