【徹底解説】ネナイト、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/03

ステアリン酸カルシウムテアニン(L-テアニン)睡眠睡眠不足睡眠改善機能性表示食品商品解説

はじめに

ネナイトL-テアニンが含まれている機能性表示食品で起床時に疲労感や眠気を感じる方におすすめの睡眠サポートサプリです。

L-テアニンとは緑茶に含まれるアミノ酸の一種で睡眠の質を高めること(起床時の疲労感や眠気を軽減すること)効果が報告されています。今回はそんなネナイトについて詳しく解説していきます。


ネナイトの概要

ネナイトには目覚めた時の疲労感や眠気の軽減の効果が期待されています。

昔から「お茶を飲むとほっとする」と言われていますが、この「ほっとする」作用はL-テアニンによるものだと示唆されています。

ネナイトは粒タイプとジュレタイプの2種類あります。粒タイプの1日目安量は4粒です。ジュレタイプの1日摂取目安量は1本です。

どちらも就寝前にお召し上がりください。ネナイトの主な成分はL-テアニンやステリアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素です。これらの成分についてこれから説明していきます!


ネナイトの成分解説

L-テアニン

L-テアニンには、睡眠の質を高めること(起床時の疲労感や眠気を軽減すること)が報告されています。

研究によるとテアニンは覚醒系の神経伝達物質を競合的にブロックしたり、中途覚醒を減少させたりする効果が期待されています。その結果交感神経系の活動が抑えられて寝つきが良くなったり、睡眠の浅眠化を抑制したりすることができます。

このような理由でテアニンは睡眠を安定させる作用を示すものと推定されています。

L-テアニンはお茶1杯中に3.6〜12.0mg含まれるといわれており、茶葉に最も多く含まれているアミノ酸とされています。人間が2000年来飲み続け、国内では1964年に食品添加物として指定されています。

また米国食品医薬品局(FDA)においても2006年に「一般に安全と認識される食品」(GRAS)に認定され、十分な安全性が確認されています。

L-テアニンについて詳しく知りたい方は『テアニン(L-テアニン)とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』をチェックしてみてください。


ステリアリン酸カルシウム

ステアリン酸カルシウムは、ステアリン酸カルシウムとパルミチン酸カルシウムを主成分とする高級脂肪酸のカルシウム塩の混合物であり、低水溶性で、粉末の流動性向上・固結防止等の機能を有し、欧米においては、1920 年代頃から様々な用途で食品に用いられています。

ステアリン酸カルシウムは、米国FDAのGRAS物質(Substances Generally Recognized as Safe)であり、 欧州でも食品添加物として認可されています。


微粒酸化ケイ素

微粒酸化ケイ素とは微粒二酸化ケイ素のことを指します。

ケイ素は1日で最大40mgほどは消費されているといわれており、栄養成分やミネラルとしては1日に10mg〜20mg摂取して健康に害はないとされています。 微粒酸化ケイ素は主に化粧品や食品添加物に使われており、サラサラした粉末状態を維持や湿気による固結防止効果があります。

主に水に溶けない不溶性の二酸化ケイ素は体内に入っても消化吸収されないので、安全性を気にする必要はないとされています。 

微粒二酸化ケイ素の使用基準は、日本食品化学研究振興財団によると「2.0%(特定保健用食品たるカプセル及び錠剤並びに栄養機能食品たるカプセル及び錠剤以外の食品にケイ酸カルシウムと併用する場合は、それぞれの使用量の和)」と記載されています。


ネナイトを摂取する際の注意点

1日の摂取目安量を守ってください。高血圧治療薬または興奮剤を服用している場合はネナイトの摂取を避けましょう。疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。


最後に

 

いかがでしたか?今回はネナイトについてご紹介しました。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事