肌のくすみ対策方法とは?くすみの原因とサプリでの対策方法を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/05

ビューティー肌のくすみ効果・お悩み美肌効果

はじめに

肌のくすみの原因は必ずしも加齢にともなうものだけではなく、多くの場合要因は別のところにあります。

この記事では、くすみの原因を解説するとともに、その対策方法をご紹介します。

肌のくすみの原因と対策

皮膚は、大きく「真皮」と「表皮」の二層で構成されています。

表皮は皮膚の最上層にあります。古い皮膚細胞を取り除いて新しい皮膚細胞を組成することで、絶えず皮膚の代謝を続けています。

この肌の代謝のプロセスには約1ヶ月を要するため、これから解説する対策方法を開始してから、効果がでるまでに1〜2ヶ月ほどの期間がかかることがあります。

貧血

貧血は、赤血球が全身に十分な酸素を供給することができない場合に発生します。

貧血は主に疲労感や体力低下の原因となりますが、同時に血色を損ない、肌のくすみの原因ともなることがあります。

急性の貧血の場合は、食事やサプリメントなどで鉄分ビタミンB12を増やすことで症状を緩和することができます。特に、食事で必要量の鉄分が摂取することが難しい場合には、サプリメントの活用が重要になります。

一方、慢性的な貧血の場合には、生活習慣や健康状態が原因となっている場合が多く、より深刻な症状であると考えられます。こういったケースでは腎臓病や免疫系の疾患が関係している場合もあり、それらの根本的な疾病を解決することが肌のくすみを解決するために必要になります。

鉄分をサプリメントで摂取したい場合には、「ディアナチュラ 鉄×マルチビタミン」などがオススメです。

ビタミン不足

ダイエットなどで食事制限をしている場合や、食生活が乱れている際などには、ビタミンが欠乏している可能性があります。

ビタミンは皮膚細胞の健康を維持するのに重要な役割を果たしており、特にビタミンCは外部環境からのシールドとして機能するため、不可欠です。

不足すると肌のくすみの原因となる可能性のある成分としては、以下のものが挙げられます。


  • ビタミンA:ニンジンをはじめ、オレンジ色の果物や野菜など
  • ビタミンB12:肉類など
  • ビタミンC:柑橘類やブロッコリーなどの植物性食品
  • ビタミンE:ナッツや植物性のオイルなど
  • ビタミンK:ベリーや濃緑野菜など


これらの食材を摂取することでビタミン欠乏症が解決された場合、肌のくすみが改善される可能性があります。

また、ビタミンはサプリメントでも摂取しやすいため、食材からの摂取が難しい場合には、マルチビタミンや特定のビタミンに特化したサプリなどを活用することも有効であるといえます。

サプリメントでビタミンを摂取したい場合、「ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル」や「持続型ビタミンACE」などがオススメです。

喫煙

喫煙は身体の老化を大幅に促進するため、皮膚に対しても有害です。

特に、タバコによってコラーゲンが減少するため、これが肌の劣化の原因となります。また、皮膚が十分な酸素を取り込むことが難しくなるため、これも肌の環境悪化の原因となります。

喫煙は肌のくすみだけでなくシミなども引き起こすため、これらを改善したい場合には禁煙を行うことが有効です。AAD(アメリカ皮膚科学会)は、肌の健康のためには喫煙をやめるべきであるとの見解を示しています。

コラーゲンについては『コラーゲンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』で詳しく解説をしているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

水分の補給不足

水を飲むことは、肌への水分の供給のために特に重要です。肌に十分な量の水分が行き渡らないと、肌のターンオーバーが正常に行われず、くすみの原因となる可能性があります。

既に十分な水分を摂取できている場合に追加で水を飲んでも効果が出るかは不明ですが、慢性的に不足している場合には水を摂取することで肌の質を改善できる可能性があります。

また、水分補給をする際には、カフェインに注意する必要があります。これは、カフェインの利尿作用が、かえって水分不足をまねく可能性があるためです。アルコールに関しては、カフェイン以上に脱水症状の原因となりやすいため、さらに注意が必要です。

カフェインの副作用については『カフェインとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』でより詳しく解説をしているので、気になる方はチェックしてみてください。

ストレス

ストレスは、体重増加や血圧の上昇、さらには肌の乾燥やくすみまで、さまざまな形で体への悪影響を及ぼします。

肌のくすみに関しては、特にストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールの継続的な増加が原因となります。

慢性的なストレスを抱えてしまっている場合には特に肌への悪影響が大きいため、肌質の改善のためにも対策が重要です。

日常に取り入れられるストレス対策としては、毎日の運動や瞑想などが挙げられます。

睡眠不足

睡眠不足は、慢性的になると肌のくすみの原因となります。これは、肌への十分な水分と栄養の補給が妨げられるためです。

肌の健康を十分に維持するためには、7〜9時間ほどの睡眠が必要であるとされています。

最後に

肌のくすみはターンオーバーに関係するため、即座には改善しません。今回ご紹介した方法を活用しながら、長期的な改善を目指しましょう。

また、1〜2ヶ月以上の長期間にわたって改善が見られない場合には、皮膚科医などの専門医に相談するという方法も検討すると良いでしょう。


Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事