カルシウム

カルシウムの概要(効果や効能)

カルシウムは、体内で最も量の多いミネラルであり、およそ99%は骨および歯に存在し、残りの微量なカルシウムは血液凝固や心臓の機能、筋収縮などに関与しています。長期間カルシウムの摂取量が不足すると骨粗しょう症を引き起こす可能性があるため、骨を丈夫にすると言われています。カルシウム欠乏による骨軟化症、低カルシウム血症、骨粗しょう症の治療に対して有効とされています。

カルシウムの安全性(注意点や副作用)

日常的に過剰摂取すると腎結石などを起こす原因になったり、前立腺がんのリスクが増したりする可能性があるという医学的な結果があります。

カルシウムを含む食品

牛乳、乳製品、魚介類、ダイズ製品など

  • 成分情報をシェア