【徹底解説】ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウム、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/04

カルシウムビタミンB9(葉酸)商品解説


ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウムはミネラル不足が気になる方や妊活・妊娠中の方にフォーカスしたサプリメントです。食生活が多様化した日本人が不足しがちな鉄分や葉酸、カルシウムが手軽に摂取できるディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウム。今回はこの成分を徹底解説していきます。

概要

ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウムは錠剤タイプのサプリメントです。主に貧血を防止したり、骨・歯の健康を維持したりする効果・効能が期待されています。またRNAなどの核酸やたんぱく質の生成をサポートし細胞の形成・再生を助けるなどさまざまな効果が示唆されています。用法・用量は1日2粒を目安に水・ぬるま湯でお召し上がりください。

成分解説

葉酸

葉酸はビタミンB群の1つです。効果・効能は赤血球の形成や胎児の生育をサポートします。そのため貧血に悩んでいる方や妊活・妊娠中の方におすすめの成分です。食事摂取基準(2015年)によると葉酸の1日の摂取基準量は240㎍といわれています。

妊娠を希望している方や妊娠中の方は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすために、1240㎍以上の葉酸を摂取することを意識しましょう。

葉酸不足に陥ると巨赤芽球性貧血を引き起こしたり、動脈硬化の原因とされているホモシステインが体内に増えたりします。また生まれてきた胎児に神経・骨などに障害が生じる神経管閉鎖障害を与える可能性も考えられています。

体内の葉酸が欠乏しないようにするために、食事やサプリメントで積極的に葉酸を摂取しましょう。葉酸を多く含む食材はほうれん草やアスパラガスなどの野菜や大豆製品、牛のレバーなどです。

オレンジジュースやバナナに含まれるポリグルタミン酸は葉酸の吸収を阻害する化合物が含まれているため、葉酸不足で悩んでいる方はこれらの食品の摂取を控えましょう。

鉄分は肉や魚などの動物性食品に多く含まれている「ヘム鉄」と大豆製品や野菜などに含まれる「非ヘム鉄」の2つに分類されます。これらは血中のヘモグロビンの構成要素となり、主に酸素を体内に運ぶ役割を担っています。

また筋肉中に酸素を蓄えるミオグロビンの構成要素にもなります。鉄分の1日の摂取基準量は男性は7.0〜7.5㎎、女性は6.0〜6.5㎎とされています。鉄分不足になると貧血や運動機能・明記機能の低下、倦怠感などの症状に悩む可能性があります。

ヘム鉄は鶏レバーやイワシ・牛肉などに含まれており、非ヘム鉄はひじきや小松菜・納豆などに含まれています。

カルシウム

カルシウムは体の中に最も多く存在するミネラルです。効果・効能は新しい骨や歯の細胞を作ったり、神経・ホルモンの働きをサポートしたりするとされています。

2015年に公表された日本人の食事摂取基準によるとカルシウムの1日の摂取基準量は男性650〜800mg、女性は550〜650mgとされています。カルシウム不足が起こると骨・歯がもろくなると懸念されています。

またお子さんですと発育障害、高齢の方だと骨粗鬆症が発症するリスクが高まるとされています。また影響は骨や歯だけではなく、てんかん(全身の痙攣)やテタニー(筋肉の痙攣)などの神経・筋肉の興奮が収まらない症状にもなると報告されています。

カルシウムが多く含まれている食品は干しエビや小魚などの魚介類や乳製品・大豆製品です。

摂取する際の注意点

鉄分を過剰に摂取すると血中に鉄分が蓄積され、肝硬変や心不全などの臓器障害を引き起こす可能性があります。また便秘や胃腸障害、ストレスの増加に悩むリスクがあります。

葉酸の過剰摂取はビタミンB12欠乏の症状が判断しにくくなり、気づかないうちに神経障害を悪化させる恐れがあります。カルシウムを過剰に摂取すると前立腺がんや鉄・亜鉛の吸収阻害、便秘などの健康障害を引き起こす可能性があります。

そのため1日の用量を超えた服用を控えてください。

最後に

 

ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウムを紹介しました。葉酸・鉄は血液を健康に保ったり、タンパク質の生成をサポートしたりするため慢性的な貧血に悩んでいる方や妊娠したい、妊娠している方におすすめのサプリメントです。

この記事が自身の健康を振り返るきっかけやサプリメントの選択の参考になれば嬉しいです!最後までお読みいただきありがとうございました!


Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事