サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

クレアルカリンEFXとは?クレアチンと利用方法・効果の違い

Written by alloeh編集部

最終更新日:

はじめに

筋トレフリークスたちにとても好んで使われるクレアルカリンEFX。

海外では、最後のもう一踏ん張りを支援して、レップ数を上げてくれるサプリメントとして活用されています。

クレアチンも同じ効果を期待して使用されていますが、クレアルカリンはクレアチンとは違って、ローディングと呼ばれる効果が出るまでの時間が短く、飲んで比較的すぐに効果が出ることが特徴とされています。

クレアチンの利用方法

1日20gのクレアチンを4回程度に分けて摂取、1週間を目安に継続します。

ローディング期間終了後はメンテナンス期(維持期)として1日1回、5gを目安に摂取します。

一度ローディングを行うと筋肉内の貯蔵量は一定レベルとなり、それ以上を摂取しても尿として外に排出されてしまいます。また摂取量を減らしても筋肉のクレアチンレベルは減らないことが研究でわかってきました。

クレアチンは体内でも生成できる成分ということもあり、すぐになくなってしまうものではありません。しかし、4~5週間の中断でクレアチン量はもとに戻るというデータもあります。

もし、けがなどで一時的に摂取を中止する場合は、トレーニング復帰と共に摂取も再開しましょう。クレアチンには筋委縮の働きを抑える役割もあり、リハビリテーションにも効果を期待できます。

このように、継続的に飲み続ける(=ローディングする)ことでやっと効果が出てくるのがクレアチンの特徴です。

クレアチンについてもっと詳しく知りたい方は「クレアチンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」をチェックしてみてください。

クレアルカリンの利用方法

クレアチンを利用する場合、なぜローディングが必要かというと、クレアチン自体が体内に吸収されづらく、長期にわたって少しずつクレアチンを体内に吸収していく必要があります。

それに対してクレアルカリンは、胃酸に耐える製法などを通してローディングなしでクレアチンの効果が期待できると訴求されています。

ただし、クレアルカリンの効果を確かめるための臨床論文では60日の継続服用で検証しているため、効果を最大化したい方はクレアチンと変わらず、継続的に飲むことをおすすめします。

期待できる効果

運動パフォーマンスの向上

クレアルカリン(クレアチン)はATPという物質を再生することで、エネルギー供給をスムーズに行います。

また運動をすると、乳酸によって体内が酸性になって、体に疲労を感じると言われています。

クレアルカリン(クレアチン)はこの2点を解決することで、レップ数を伸ばすことが期待されています。

筋肉量の増加

運動パフォーマンスが向上すると、その分だけ体に負荷をかけることができ、結果的にトレーニングの効果が最大化され、筋肉量の素早い増加が期待できます。

筋力の向上についてはクレアルカリン(クレアチン)以外にも、β-アラニンも有名です。

β-アラニンについても知りたい方は「筋力UPに使われるサプリメントとは?クレアルカリンとβ-アラニンについて解説」という記事もぜひご覧ください。

最後に

忙しくて頻繁にトレーニングできない方は、なおさら一回の運動の質にこだわるべきなので、クレアルカリンの利用はよくおすすめしています。

気になった方はぜひ使ってみてください!

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断