筋トレフリークスに人気なXtend BCAAの成分量をアミノバイタルと比較してみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/01/18

トレーニングBCAAイソロイシンバリンロイシン商品解説

国外人気製品の「Xtend BCAA」と、国内人気製品の「アミノバイタル」を比較してみます!

ついでにBCAA自体の効果についても解説します。


BCAAの効果


BCAAを適切に飲むことで、

  • 通常よりも早い筋肉の成長
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋トレ後の回復

などに効果があると言われています。

https://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry03/


日本ではこれらの効果がパッケージに表示されたトクホ・機能性表示食品はありませんが、

海外の製品ではdietary supplement(≒日本でいう機能性表示食品)としてこれらの効果が表示されています。

https://jp.iherb.com/pr/RSP-Nutrition-BCAA-5000-5-000-mg-240-Capsules/84648


アミノバイタルとの比較


まずはXtend BCAAのバリン・ロイシン・イソロイシンの量について。

  • バリン: 875mg
  • ロイシン: 1750mg
  • イソロイシン: 875mg

※ 1回量(7g)あたり


次にアミノバイタルです。

  • バリン: 310mg
  • ロイシン: 620mg
  • イソロイシン: 310mg
    ※ 1袋(2.48g)あたり


こうみると圧倒的にXtendの方が1回あたりの成分量が多いです。

そうすると、今度はアミノバイタルよりも多量のBCAAをとると、良い効果があるのか(BCAAは飲めば飲むほど効果が上がるのか)を調べる必要がありそうです。


BCAAは飲めば飲むほど効果が上がるのか


大塚製薬が掲載している研究分析があります。

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/bcaa/timing/


この記事では、BCAA量が2,000mg以上あると、BCAAの血中濃度が下がりにくい=2,000mg以上取った方が良い、とあります。

その観点からいうと、Xtendの方が良いと言えそうです。


いつ飲めばいいのか


運動の30分前から運動中、こまめにとるのがおすすめです。


最後に


BCAAではあまり聞いたことがありませんが、

海外製品は成分量が多い(=効果が高くなりがち)分、副作用なども大きくなってしまう可能性があります。


よく調べて利用するのがおすすめです。


執筆: alloeh編集部

監修: サプリメントインストラクター 副島 侑汰朗

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連記事