レシチン

レシチンの概要(効果や効能)

レシチンは、細胞膜や脳、神経組織の構成成分として重要な成分です。食品や医薬品の添加物、乳化剤、抗酸化剤などとして幅広く用いられていおり、血中コレステロールや中性脂肪を低下させると言われています。

レシチンの安全性(注意点や副作用)

摂取により、下痢、吐き気、腹痛、肥満などが起きることがあります。妊娠中や授乳中の方は過剰摂取に注意してください。

レシチンを含む食品

大豆、卵黄、肉類など

  • 成分情報をシェア