パントテン酸

パントテン酸の概要(効果や効能)

パントテン酸はエネルギー産生、脂肪酸の合成・分解などの中心的役割を担うビタミンです。パントテン酸は、ギリシャ語で「どこにでもある」という意味で、その名前の通り広く食品に存在するため、欠乏症の発症率は低いとされています。副腎皮質ホルモンを合成し、脂質、糖質、タンパク質の代謝に役立つと言われています。

パントテン酸の安全性(注意点や副作用)

妊娠中や授乳中の方は過剰摂取に注意してください。

パントテン酸を含む食品

肉類、きのこ類、乳類、魚介類、豆類など

  • 成分情報をシェア