顎ニキビの原因と、サプリでの対処方法まとめ

alloeh編集部

最終更新日:2020/01/31

ビューティー効果・お悩み顎ニキビ

顎ニキビは、大人ニキビとしての代表格。

大人ニキビは、皮脂の過剰分泌を主とする思春期ニキビと違って、ストレスや生活習慣などによってできます。

今回は、なぜストレスや生活習慣によってニキビができるのかと、その対策ができるサプリの成分について解説してみました。

大人ニキビ対策サプリによく使われる成分

  • ビタミンC
  • GABA
  • 白インゲン
  • 難消化性デキストリン
  • ビタミンB群

ストレスに対抗してニキビをできずらくする「ビタミンC」

ストレスを受けると、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌されます。

コルチゾールが枯渇すると、皮脂が過剰に分泌され、その結果ニキビができやすくなってしまいます。

コルチゾールの生成にはビタミンCが必要で、ビタミンCが不足すると、ストレスに対抗することができずに、結果的にニキビに繋がる可能性があります。

また、ビタミンCには、肌の色素沈着を解消する効果もあります。

医薬品だと、ハイチオールCなどを想像すれば、イメージがつきやすいのでは?

ストレス自体を緩和してニキビをできにくくする「GABA」

いくつかの研究により、GABAを飲むと先に書いたコルチゾールの分泌が少なくなると報告されています。

この結果から、GABAには、ストレス自体を軽減する効果があると想定され、ストレスによって発生するニキビの対策になります。

炭水化物の吸収を抑えて炭水化物ニキビを対策する「白インゲン」

白インゲンは炭水化物の吸収を阻害する効果があります。

炭水化物を食べ過ぎると、皮脂が多く出てしまうため、その吸収を阻害することでニキビを予防します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

炭水化物ニキビを抑えながら脂質の吸収を抑えてダイエットもサポートする「難消化性デキストリン」

こちらも炭水化物が原因のニキビを防いでくれます。

また、脂質の吸収を抑制する働きもあります。

ニキビ対策のド定番「ビタミンB群」

身体の中で、食べたものをエネルギーに変換するとき、ビタミンB群が消費されます。

ビタミンB群が不足していると、代謝(=食べたものをエネルギーに変換するプロセス)が乱れて、皮脂の過剰分泌に繋がります。

チョコラBBなどの医薬品があることを考えると、イメージがつきやすいのでは?

余談ですが、ビタミンB群は疲労回復サプリでもよく使われます。

これも代謝をよくすることによって、エネルギーの生成を促すからです。


最後に

生活習慣が乱れるとすぐにできる大人ニキビですが、サプリでケアして肌トラブルを防ぎましょう!

執筆: alloeh編集部
監修: サプリメントインストラクター 副島 侑汰朗

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア