ビタミンB7(ビオチン)

ビタミンB7(ビオチン)の概要(効果や効能)

ビオチンは皮膚炎を予防に役立つとして発見された水溶性ビタミンの一つで、糖質や脂質、アミノ酸の代謝やエネルギー産生に関わります。腸内細菌によって合成されているため、不足することははまれですが、生の卵白の摂りすぎや薬剤の服用により欠乏症が生じることがあります。筋肉痛の緩和や皮膚の健康を保つのによいと言われています。

ビタミンB7(ビオチン)の安全性(注意点や副作用)

特になし

ビタミンB7(ビオチン)を含む食品

肉や卵、大豆製品など

『ビタミンB7(ビオチン)』の人気サプリ/医薬品

『ビタミンB7(ビオチン)』のサプリ/医薬品一覧

  • 成分情報をシェア

カテゴリー

人気のキーワード

ビタミンB7(ビオチン)に関する記事

人気の記事