【徹底解説】BCAA 1000CAPS、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/04

トレーニングBCAAイソロイシンバリンロイシン疲労回復筋肉痛商品解説


BCAA 1000CAPSは運動パフォーマンスの向上や筋肉の合成・回復にフォーカスしたサプリメントです。ダイエッターや筋トレ好きにはとても人気なこの海外サプリメント。今回はBCAA 1000CAPSの成分や効果・効能を徹底解説していきます。

概要

BCAA 1000CAPSは錠剤タイプのサプリメントです。BCAA (Branched Chain Amino Acid)とはバリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸の総称です。この3つのアミノ酸は人が体内で生成できない必須アミノ酸と呼ばれています。運動パフォーマンスを上げたり、筋疲労を回復したりする効果・効能があるとされています。また服用する際は水やぬるま湯で1日2錠を摂取してください。

成分解説

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)

BCAAは主に2つの効果が期待されています。それは運動パフォーマンスの向上と筋疲労の回復です。そのため高いレベルでスポーツをするアスリートやダイエットを効率良く行いたいという方におすすめです。 食材ではプロセスチーズや牛乳などの乳製品やマグロの赤身や肉や大豆に含まれています。しかし食品から必要な量のBCAAを摂取しようとすると吸収までに時間が掛かったり、余分なカロリーを摂取したりと効率が悪いです。そのため運動前中後に効率的にBCAAを摂取するならサプリメントやドリンクがおすすめです

運動パフォーマンスの向上

BCAAには運動パフォーマンスを向上させる効果が期待されています。運動前・中にBCAAを摂取すると血液中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋タンパク質の分解が抑制されたり、消費した分のアミノ酸を補給できるため体が疲れにくくなったりします。またBCAAは効率的に体のエネルギーを消費するようサポートします。BCAAを摂取することで運動の糖の消費が抑制され、疲労物質とされている乳酸の生成を抑えることができます。これが結果として持久力の増進につながり、運動パフォーマンスの向上をサポートします。

筋疲労の回復

BCAAには運動による疲労の軽減効果も期待されています。疲労は血中のBCAA濃度が下がり、トリプトファンという物質が血液で脳に運ばれることで感じるとされています。BCAAを摂取することで血中のBCAA濃度を高めることで疲労の予防・軽減ができると期待されています。またBCAAは運動によって破壊された筋肉を修復したり、消費されたアミノ酸を補給したりする効果も示唆されています。

摂取する際の注意点

BCAAのようなアミノ酸は余分に摂取した分、分解されて体外に排出されます。そのため過剰摂取に摂取すると分解する際に内臓を酷使するため内臓疲労に陥ったり、尿路結石や腸内環境の乱れに悩まされたりする恐れがあります。そのため疲労を回復したいからといって過剰に摂取することは控えましょう。

最後に

 


BCAA 1000CAPSについて紹介しました。BCAAは運動パフォーマンスを上げたり、筋疲労の回復を促進したりするため筋トレやランニングをしている方に人気です。しかし成分の詳細まで知らないで摂取している方は多かったのではないでしょうか?本記事がサプリメント選択の参考になりましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事