サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

ガラナとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

はじめに

ガラナはアマゾン流域原産のブラジルのつる性植物です。学名ではPaullinia cupanaとしても知られています。

ガラナの抽出物は種を粉に処理することによって作られます。アマゾンの部族はその治療機能のために何世紀にもわたってガラナを使用してきました。(参考

ガラナにはカフェイン・テオフィリン・テオブロミンといった非常に幅広い刺激物を含んでいます。ガラナはまた、タンニン・サポニン・カテキンといった抗酸化物質も持っています。

現在では生産されるガラナの70%がソフトドリンクとエナジードリンクのために飲料品業界で使われており、残りの30%は粉としてサプリメントなどに使用されています。(参考

この記事ではガラナの科学に裏付けされた11の効果や、副作用などについて詳しく紹介します。

ガラナの効果・メリット

抗酸化物質が豊富

ガラナには抗酸化機能がある化合物が含まれています。

この中にはカフェイン、テオブロミン、タンニン、サポニン、カテキンが含まれます(参考1参考2参考3)。

実際、ガラナに含まれる抗酸化物質の構成は緑茶に似ています(参考)。

抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる潜在的に害のある分子を無力化するため、重要です。これらの分子は体の細胞の一部と相互作用を起こし、加齢、心臓病、がん、その他の病気に関連するダメージを引き起こします(参考)。

試験管での研究では、ガラナに含まれる抗酸化物質の機能ががん細胞の成長と戦い、心臓病のリスクを減らし、肌の加齢を減らすことがわかっています(参考1参考2)。


Point:ガラナは抗酸化機能のある、カフェイン、テオブロミン、タンニン、サポニン、カテキン、その他の化合物を含んでいます。

疲労を軽減し集中力を改善する可能性

ガラナは人気のあるエナジードリンクの材料としてもっともよく知られています。ガラナにはカフェインが多く含まれ、集中力と精神のエネルギーを維持するのを助けます。

実際、ガラナの種は、コーヒー豆に比べて、4~6倍のカフェインを含んでいる可能性があります(参考)。

カフェインは、脳をリラックスさせる効果のあるアデノシンと呼ばれるものの効果をブロックする働きを持っています。アデノシン受容体と結びつき、活性化するのを阻止します(参考)。

ある研究では、ガラナを含むビタミンサプリメントを摂取した人々は、偽薬を摂取した人々と比べて、いくつかのテストを終えた後の疲れが少なかったです(参考)。

興味深いことに、ガラナはまた、重大な副作用なしに、がん治療に伴う精神の疲れを減らすことができると研究で示されています(参考1参考2参考3)。

Point:ガラナにはカフェインが豊富であり、それが疲れを減らし集中力を改善します。カフェインは、眠気を誘い脳がリラックスするのを助ける化合物である、アデノシンの効果を阻害します。

カフェインについてより詳しく知りたい方は「カフェインの11の効果とは?エビデンスをもとに効能や副作用を解説」という記事でも解説しているため、興味があればご覧ください。


学習効果を高める可能性

研究によるとガラナは学習と記憶の能力を改善する可能性があることが示されています。

ある研究では、気分と学習に対して、異なる用量のガラナの効果について着目しています。被験者たちはガラナなし、37.5mg、75mg、150mg、300mgのガラナをそれぞれ摂取しました。37.5mgあるいは75mgのガラナを摂取した人々が最も高いテストの点数を達成しました。少ない用量のガラナは少ない量のカフェインしか提供しないため、ガラナのカフェイン以外の他の化合物が部分的にその効果を起こしていると信じられています(参考)。

もう1つの研究では、脳を活性化させる効果が期待されている朝鮮ニンジンと、ガラナを比較しています。ガラナと朝鮮ニンジンの両方が記憶と試験の結果を改善しましたが、ガラナを摂取した方がより仕事に注意を向けより速く完了しました(参考)。

さらに、動物研究ではガラナが記憶力を改善することが示されています(参考1参考2)。

Point:少量のガラナが気分、学習能力、記憶力を改善する可能性があります。ガラナの中の化合物が、カフェインとともに、この効果を担っています。

ガラナや朝鮮人参のような、脳のパフォーマンスを引き上げるサプリに興味がある方は「脳機能を高めるとされるサプリとは?記憶・集中力を上げる成分を解説」をぜひご覧ください。


減量を促進する可能性

厚生労働省の発表では、20歳以上の人の男性33.0%、女性22.3%が肥満であるとしています。肥満は、心臓病、2型糖尿病、がんなどの多くの慢性疾患と関連があるため、多くの人が気をつけているところでしょう。(参考

興味深いことにガラナには減量を促進するのを助ける機能がある可能性があります。

まず第一に、ガラナにはカフェインが豊富であり、12時間にわたって代謝を3~11%高める可能性があります。高い代謝は体が休んでいるときによりカロリーを消費することを意味します(参考)。

さらに、試験管での研究ではガラナが脂肪細胞の生産を助ける遺伝子を抑制し、脂肪細胞の生産を低下させる遺伝子を促進する可能性があることがわかっています(参考1参考2)。

しかしながら、これはあくまで試験管での研究であって、ガラナの人間体内における脂肪細胞生産への効果はまだ不明です。

Point:ガラナにはカフェインが含まれており、代謝を高めることで減量を助ける可能性があります。それはまた、脂肪細胞の生産を助ける遺伝子を抑制し、脂肪細胞の生産を遅くする遺伝子の促進を行うことがわかっています。しかしながら、人間でのより多くの研究が必要です。

またダイエットに有用な成分について詳しく知りたい方は「おすすめのダイエットサプリ15選!論文をもとに成分を徹底比較【2021年最新版】」を見ると参考になるでしょう。


慢性的な下痢をやわらげ便秘を治療する可能性

ガラナは何世紀にもわたって慢性的な下痢や便秘といった消化器の問題を治療するための天然の胃薬として使われています(参考)。

ガラナには、植物ベースの抗酸化物質である、タンニンが多く含まれるため、抗下痢効果がある可能性があります。タンニンは収斂性で知られており、組織に結合して収縮することができます。これによりタンニンが消化官の壁を防水にし、腸に分泌される水分の量を制限します(参考)。

またガラナにはタンニンの他にも、天然の便秘薬として働く可能性のある、カフェインが豊富です。カフェインは、腸と結腸の筋肉を活性化する、蠕動運動を刺激します。これにより直腸に内容物を押し込むことで便秘を和らげる可能性があります(参考)。

Point:ガラナの中のタンニンは水分が失われるのを予防することで下痢を和らげる可能性があります。一方で、ガラナの中のカフェインは、内容物を直腸に向かって押す、腸と結腸の収縮を刺激することにより、便秘を緩和する可能性があります。

心臓の健康を促進する可能性

アメリカにおいて心臓病は4人に1人の死の原因です。ガラナは2つの方法で心臓病のリスクを下げる可能性があります。(参考

最初に、ガラナの中の抗酸化物質が血流を助け血栓を予防する可能性があります(参考)。

2番目に、研究によると、ガラナは「悪玉」であるLDLコレステロールの酸化を減らす可能性があることが示されています。酸化されたLDLコレステロールは動脈の中にプラークが形成されるのを助ける可能性があります。実際、ガラナを摂取した成人は、同じような年齢のガラナを食べない成人に比べて、最大で27%酸化されたLDLコレステロールが少ない可能性があります(参考)。

しかしながら、心臓の健康とガラナのつながりに関するほとんどの研究は試験管での研究です。この効果が推奨される前により多くの人間での研究が必要です。

Point:ガラナは、血流を改善し血栓を予防することで心臓の健康を助ける可能性があります。また、「悪玉」であるLDLコレステロールの酸化を減らす可能性があります。

痛みを和らげる可能性

歴史的には、ガラナはアマゾンの部族から鎮痛剤として用いられていました。

ガラナの鎮痛効果はカフェイン含有量が高いためです。カフェインはアデノシン受容体に結合してブロックするため、痛みの管理に役割を果たします。A1とA2aの2つの受容体が痛みの感覚を刺激するのにかかわっています(参考)。

カフェインがこれらの受容体と結合すると、痛みの感覚を減らす可能性があります。これが多くの市販の鎮痛薬にカフェインが一般的に含まれている理由の1つです。研究によると、カフェインがそれらの効果を著しく高めることができると示されています(参考)。

Point:ガラナの中のカフェインが、痛みの感覚の刺激にかかわっている、アデノシン受容体をブロックすることにより、鎮痛効果を提供する可能性があります。

これまで紹介した効果の多くに関わっているカフェインについては「カフェインの11の効果とは?エビデンスをもとに効能や副作用を解説」という記事でも詳しく解説しているため、興味があればぜひご覧ください。

肌の状態を改善する可能性

その強力な抗酸化及び抗菌性の性質により、ガラナは化粧品業界でもアンチエイジングクリーム、ローション、せっけん、髪向けの製品の原料として人気があります。

さらに、そのカフェインの含有が肌の血流を助けます(参考)。

試験管での研究ではガラナの中の抗酸化物質が著しく加齢に関連する肌のダメージを減らすことが示されています(参考)。

さらに、動物での研究ではガラナが含まれている化粧品は、頬のたるみを減らし、肌の引き締めを改善し、目の周りのしわを最小限に抑えることができることが示されています(参考)。

Point:ガラナには抗酸化作用と抗菌作用があり、化粧品の一般的な添加物になっています。それは肌の血流を助け、加齢に伴うダメージを減らし、肌のたるみやしわといった望まれない見た目を最小化します。

スキンケアに役立つ成分はガラナ以外にもたくさんあります。他の成分についても知りたい方は「美肌効果が期待できるサプリメントとは?おすすめのサプリを紹介」という記事も併せてご覧ください。


抗がん作用がある可能性

がんは制御不要な細胞の成長を特徴とする病気です。

動物及び試験管での研究で、ガラナはDNAのダメージを保護し、がん細胞の成長を抑制し、さらにがん細胞の死の引き金を引くことが示されています(参考1参考2参考3)。

あるネズミでの研究では、ガラナを与えられたネズミは、ガラナを与えられなかったネズミに比べて、がん細胞が58%少なく、がん細胞の死が5倍近くになりました。

もう1つの試験管での研究ではガラナが結腸でのがん細胞の成長を抑制し、癌細胞の死を刺激しました(参考)。

科学者たちはガラナの潜在的な抗がん効果は、カフェインやテオブロミンに似た化学物質である、キサンチンからきていると考えています。

とはいえ、これらの試験管及び動物での研究結果は確実ですが、より多くの人間での研究が必要です。

Point:動物及び試験管での研究でガラナが抗がん効果がある可能性があると示されています。しかしながら、治療にガラナを使う推奨の前に人間での研究が必要です。

また同じく抗がん作用について研究されている成分として、ブロッコリーなどに含まれるスルフォラファンも有名です。

抗菌効果を持つ

ガラナには有害な細菌を抑制または殺す可能性がある多くの化合物が含まれています。

有害のバクテリアの1つが学名:Escherichia coli(E. coli)であり、人間と動物の腸に住んでいます。細菌であるほとんどのE.coliは無害ですが、いくつかは下痢や病気を引き起こす可能性があります(参考1参考2)。

研究によるとガラナが、歯垢や虫歯を引き起こす可能性のある細菌である、学名:Streptococcus mutans (S. mutans)の成長を抑制することが示されています(参考1参考2)。

カフェインと植物ベースの化合物であるカテキンやタンニンなどの組み合わせがガラナの抗細菌効果にかかわっていると信じられています(参考1参考2)。

Point:ガラナには、E. coliやStreptococcus mutansのように、害のある細菌を抑制したり殺したりする化合物が含まれています。

加齢に関連する目の疾患から保護する可能性

視野がだんだん年齢とともに狭くなるのは一般的です。

日光、十分でない食事、喫煙などの生活習慣のようなものが、時間の経過とともに目を疲れさせ、目に関連する疾患のリスクを高める可能性があります(参考)。

ガラナには、黄斑変性症、白内障、緑内障などの加齢性の目の疾患の主要なリスクファクターである、酸化ストレスと戦う化学物質が含まれています(参考)。

ある研究では、ガラナを定期的に摂取している人々は、控えめに摂取した人あるいはまったく摂取しない人よりも、自己申告による視力が優れていることが示されています(参考)。

同じ研究では科学者たちが、ガラナが目の細胞を酸化ストレスを作る化学物質から守るかどうか見つけるため、試験管での実験を行いました。ガラナは、偽薬と比べて、DNAのダメージの量と目の細胞の死を著しく減らしました(参考)。

そうはいっても、ガラナと加齢性の目の疾患に関する研究は限られています。推奨が作られる前により多くの人間での研究が必要です。

Point:試験管での研究で、ガラナは、加齢に関連する目の疾患とつながっている、酸化ストレスと戦う可能性があることがわかりました。しかしながら、この分野の研究は限られており、何か推奨を提供する前により多くの人間での研究が必要です。

副作用と安全性

ガラナは安全性に優れており、広く入手することが可能です。研究によるとガラナは少量から中量であれば毒性が低いことが示されています(参考1参考2参考3)。

ただし、高量においてはガラナは過剰にカフェインを摂取した時と似たような副作用を引き起こす可能性があります。この中には以下を含みます(参考1参考2):

  • 動悸 
  • 不眠症 
  • 頭痛 
  • 発作 
  • 不安 
  • 緊張感 
  • 胃のむかつき 
  • 震え 

カフェインには中毒性があり、高用量では依存性につながる可能性があることは述べておく必要があります(参考)。

カフェインは胎盤を通過できるため、妊娠中の女性はガラナの摂取を避けるか制限するべきです。

ガラナには推奨用量がありませんが、ほとんどの人間ベースの研究では最低50~75mgで、ガラナに関連する健康効果を提供する可能性があるとしています(参考1参考2)。

Point:ガラナは適量であれば安全とされており、広く入手可能です。高用量では、ガラナは過剰なカフェインを摂取したのと同じような副作用を持つ可能性があります。

よくある質問

マカとの違いは?

マカはガラナと期待できる効果が一致している部分がいくつかあり、よく比較されますが、それぞれに含まれる成分は大きく異なります。

例えばマカとガラナ両方に期待される脳のパフォーマンス向上のためにどちらを使えばいいかと考える時には、どちらもその可能性がありますが、逆にマカだけに期待できそうなもので言えば性欲や生殖能力の向上、ガラナだけに期待できそうなもので言えば減量効果などが挙げられ、どちらが自分に適切かをよく調べて選択する必要があります。

alloehではマカについても「マカとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」という記事で詳しく解説しているため、よければご覧ください。

ガラナを含んだサプリメントはありますか?

国内ではガラナを含んだサプリはあまり多くなく、海外サプリだと例えば「The Ripper Fat Burner」などがあります。

また国内でもエナジードリンクにはよく配合されているため、簡単に手に入れたい場合はエナジードリンクでもいいかもしれません。

まとめ

ガラナは多くのエナジードリンク及びソフトドリンクで人気のある材料です。

アマゾンの部族によって何世紀にもわたってその治療効果のために使われてきました。

ガラナは一般に、疲労を軽減し、エネルギーを高め、学習と記憶を助ける能力で高く評価されています。ガラナはまた、より良い心臓の健康、減量、鎮痛、より健康な肌、がんのリスクの低下、加齢に関連する目の疾患のリスクの低下にも関連しています。

公式な推奨用量はありませんが、ほとんどの研究では50~70mgのガラナが十分健康効果を提供すると示しています。

上記に挙げた効果を得たい場合には、ガラナは試す価値があるかもしれません。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事