サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

ヒハツとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

ヒハツについて

ヒハツは、コショウ科に分類される植物です。
主に、植物の果実や根が調味料、あるいはアーユルヴェーダにおいては薬草として利用されます。

アーユルヴェーダ医学や他の種類の伝統医学では、他のハーブと組み合わせて使用されるのが一般的とされています。

ヒハツは、胃腸の問題、肺の問題、関節炎、月経中の問題、その他多くの症状に使用されていますが、これらの効果に関しては科学根拠に疑問が持たれているものも少なくありません。

今回は、そんなヒハツの効果等について解説をしていきます。

ヒハツの効果は?

ヒハツにはいくつかの成分が含まれており、これらの成分は、人に感染する可能性のある寄生虫に対して効果的であると考えられています。また、これらの化学物質には炎症(腫れ)を抑えたり、癌細胞に対する効果等が示唆されているようです。

ヒハツに含まれる成分の1つであるピペリンは、腸の内膜を変化させるようです。この変化により、口から摂取した薬やその他の物質がより良く体内に吸収されるようになると考えられています。

参考1参考2参考3参考4

ヒハツのその他の効果

ヒハツには、以下のような効果も示唆されています。しかし、これらは現段階ではエビデンスが不足しており、有効性を評価するためにさらなるエビデンスが必要と考えられています。

  • 頭痛・歯痛
  • 喘息・気管支炎・咳
  • 関節炎
  • 認知機能
  • 下痢・消化不良
  • てんかん
  • 胃痛
  • 月経障害

ヒハツの副作用

ヒハツの果実は、食品として使用しても基本的には安全です。
ただし、医薬品等として使用された場合にヒハツが安全かどうかについては、信頼できる情報がまだ十分ではないようです。

参考1参考2参考3

妊娠中や授乳中の方

ヒハツが妊娠中や授乳中に薬として使用しても安全かどうかを知るには、信頼できる情報が十分ではありません。

血液凝固を遅らせる可能性

ヒハツは血液の凝固を遅らせる可能性があります。
一定量以上のヒハツを摂取することで、出血性疾患のある人の出血のリスクが高まる可能性が示唆されています。

同様の理由から、手術中に出血性合併症を起こしたり、血糖値に影響を及ぼす可能性も示唆されています。

糖尿病の方への影響

ヒハツは血糖値に影響を与える可能性があります。

理論的には、一定量以上のヒハツを摂取することで、糖尿病の人の血糖コントロールに影響を与える可能性があります。
糖尿病の薬の服用量の調整が必要になる可能性が考えられます。

ヒハツの相互作用

中程度の相互作用

この組み合わせには注意が必要です。

フェニトイン(ディランチン)とヒハツの相互作用 

ヒハツを摂取すると、フェニトイン(ディランチン)の体内吸収量が増える可能性が示唆されています。
フェニトイン(ディランチン)と一緒にヒハツを服用すると、フェニトイン(ディランチン)の効果や副作用が増加する可能性があります。

プロプラノロール(インデラル)とヒハツの相互作用 

ヒハツを摂取することで、プロプラノロール(インデラル)の体内吸収量が増えるかもしれません。
ヒハツをプロプラノロール(インデラル)と一緒に服用すると、プロプラノロール(インデラル)の効果や副作用が増加する可能性があります。

テオフィリンとヒハツの相互作用 

ヒハツはテオフィリンの体への吸収量を増やす可能性があります。
ヒハツと一緒にテオフィリンを服用することで、テオフィリンの効果や副作用が増える可能性が示唆されています。


ヒハツの用量

ヒハツの適切な用量は、使用者の年齢、健康状態、その他のいくつかの条件などのいくつかの要因に依存します。現時点では、ヒハツ の適切な用量の範囲を決定するのに十分な科学的情報はありません。

天然物は必ずしも安全とは限らず、用量が重要になることもあることを心に留めておいてください。また、使用する前には製品ラベル等に記載されている指示や注意等に従ってください。

最後に

今回は、食材や健康食品等に用いられることのあるヒハツについて解説を行いました。

ヒハツや、それが含有された商品等をご利用になる際には、こちらの情報等も参考にしてみてください。

成分や原材料などに関する情報は常に更新されていることに留意するようにしてください。副作用等の危険性に関する情報も同様であるため、注意することが大切です。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断