フラクトオリゴ糖とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/03

フラクトオリゴ糖プロバイオティクス食物繊維コレステロール成分解説

はじめに

フラクトオリゴ糖(FOS)は短いフルクトース鎖で構成されています。それらはオリゴ糖と呼ばれる炭水化物の一種です。FOSは、次のような多くの植物で自然に発生します。

  • 青いリュウゼツラン 
  • ヤーコンの根 
  • ニンニク 
  • 玉ねぎ 
  • ネギ 
  • チコリ根 
  • キクイモ 
  • アスパラガス 
  • バナナ 


フラクトオリゴ糖は微妙に甘く、低カロリーです。 私たちの体内では消化できないので、血糖値に影響を与えません。フラクトオリゴ糖には複数の健康上の利点があります。


フラクトオリゴ糖の使用方法

フラクトオリゴ糖は、主に低カロリーの代替甘味料として使用されます。人々は、血中のグルコースレベルを上昇させ、体重増加を引き起こす砂糖が使用された製品の代わりに、フラクトオリゴ糖で作られた製品を利用することができます。フラクトオリゴ糖は、人工甘味料よりも好ましい場合があります。人工甘味料の一部は、体重増加から糖尿病まですべてに関連しています。


フラクトオリゴ糖が含まれている食品

フラクトオリゴ糖は多く含まれている食品は次の通りです。

  • 青いリュウゼツラン 
  • チコリ根 
  • ニンニク 
  • 玉ねぎ 
  • キクイモ 


青リュウゼツランの蜜は、水で希釈して飲むことができます。青リュウゼツランをシロップとして使用することもできます。チコリ根は、一般的にコーヒーのノンカフェイン代替飲料として使用されます。

フラクトオリゴ糖は、サプリメントとして粉末から摂取することができます。錠剤またはカプセルの形でプレバイオティクスサプリメントとしても利用されています。

フラクトオリゴ糖は通常、食物繊維の一部として、炭水化物として食品ラベルに記載されています。ヨーグルト、栄養バー、ダイエットソーダ、およびドッグフードやキャットフードなどの製品のブランド成分となっている場合もあります。


フラクトオリゴ糖の副作用とリスク

フラクトオリゴ糖の摂取にも気を付けなければならない点があります。

腹痛

医学雑誌Gastroenterology&HepatologyTrusted Sourceで報告されたある研究によると、フラクトオリゴ糖はフルクトースのいずれかの形態に対する耐性がない場合、以下の症状を引き起こす可能性があります。

  • 腹部膨満 
  • 痙攣 
  • 下痢 
  • ゆるい便 


過敏性腸症候群(IBS)を悪化させる

フラクトオリゴ糖は、過敏性腸症候群(IBS)の方や、小腸細菌過成長症候群(SIBO)の方に悪影響を与える可能性があります。しかし、これらの分野では限られた研究と矛盾する科学的結果があるのが事実です。


健康上の利点

フラクトオリゴ糖には、甘味としての機能以外にも私たちの健康に様々な良い影響を与えてくれます。

フラクトオリゴ糖はプロバイオティクス

フラクトオリゴ糖は私たちの体内で消化できないため、そのまま小腸を通って結腸(大腸)に移動し、消化管での健全な細菌の増殖を促してくれます。

プロバイオティクスについては、『プロバイオティクスとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』で詳しく解説をしています。


不健康な細菌から保護する

消化器および肝臓病で報告されているように、フラクトオリゴ糖は食中毒に関連する有毒菌であるウェルシュ菌の抑制に役立ちます。医学雑誌The Journal of Nutritionで報告された動物を使用した研究では、フラクトオリゴ糖がサルモネラや別の食物媒介疾患から保護をする役割があることが分かりました。


コレステロール値を低下させる

動物を使用したある研究では、フラクトオリゴ糖がラットとイヌの体重とコレステロールを下げることができ、これらの発見はヒトにも該当するのではないかと言われています。

コレステロール値に関しては、『善玉・悪玉って何?コレステロール値に働きかけるサプリの成分を解説!』でも解説をしています。


非発がん性

医学雑誌Veterinary and Human Toxicologyに掲載された内容によると、フラクトオリゴ糖はがんとは無縁であり、ヒトや動物に毒性はありません。


食物繊維として

ラクトオリゴ糖は、可溶性食物繊維の優れた供給源です。栄養素ジャーナルで報告によると、ラクトオリゴ糖は便秘改善の効果があることが分かってます。

食物繊維について詳しく知りたい方は『食物繊維とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』をチェックしてみてください。


まとめ

ラクトオリゴ糖は科学研究の対象となっています。

現在、ラクトオリゴ糖の1日の推奨摂取量はありません。過度な摂取以外では、ラクトオリゴ糖に多くの健康上の利点があります。 摂取しすぎる場合、ラクトオリゴ糖は場合によって胃痛を引き起こす可能性があります。

ラクトオリゴ糖の健康上の利点についてはさらに研究が必要ですが、現在のデータ結果では安全なようです。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事