コレステロール対策ができる成分とは?役に立つ商品を紹介

Written by alloeh編集部

作成日:2020/01/19、更新日:2021/01/18

はじめに

コレステロール値には、主に、

  • 総コレステロール値
  • HDLコレステロール値(善玉コレステロール値)
  • LDLコレステロール値(悪玉コレステロール値)


の3種類があります。

一般的に、善玉コレステロール値が高く、悪玉コレステロール値が低い状態を維持できるのが良い、と言われています。

今回はそのような効果が想定されているサプリに使われている成分の解説をします。

コレステロール対策によく使われる成分

悪玉コレステロールを減らす「プロシアニジン

機能性表示食品としても申請されている成分です。

プロシアニジンは、肌に良いとされるほか、ダイエットや育毛効果があると言われています。

プロシアニジンをサプリで試してみたい方は、「伊右衛門プラス」から使用してみると良いでしょう。
ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。


善玉コレステロールを増やす「リコピン

リコピンも機能性表示食品としても申請されている成分です。

リコピンは抗酸化作用のある植物に含まれる栄養素です。
リコピンはまた、フルーツを赤色やピンク色に染める色素でもあります。

例えば、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツの特徴的な色はこの栄養素によって作られています。

リコピンは健康の維持にも役に立ち、心不全や脳卒中、日焼け、ある種のがんに対する予防にまで役に立ちます。

有名どころだと、リコピンで機能性表示を取得しています。

◆リコピンについて詳しく知りたい方は
リコピンとは?エビデンスをもとに効果や副作用、含まれる食品を解説
の記事もみてみてください。

リコピンをサプリで試してみたい方は、「ディアナチュラのノコギリヤシ with トマトリコピン」から使用してみると良いでしょう。
ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

最後に

コレステロール値は2種類あって、善玉は多く、悪玉は少なく、とだけ覚えてください!

Powered by Froala Editor

この記事のライター

ライター

alloeh編集部

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断