マルチビタミンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/12

マルチビタミン成分解説

マルチビタミンに効果はある?驚くべき事実が!!

マルチビタミンは最も世界中で一般的に使われているサプリメントです。

その人気はこの2,3十年で急速に上昇しました(参考1 参考2)。
マルチビタミンは健康を改善し、食習慣を補完し、慢性的な病気のリスクを下げると考えている人もいます。

しかしながら、これらの効果が本当なのか疑ったほうがいいかもしれません。

この記事はマルチビタミンの科学的な根拠について調査します。

マルチビタミンとは?

マルチビタミンは多くの異なる種類のビタミンやミネラル、時には他の原料も含むサプリメントです(参考)。
マルチビタミンを定義する基準はないため、栄養素の組成はブランドや製品によってまちまちです。

マルチビタミンは、マルチミネラル、マルティス、マルチプルス、あるいは単にビタミンと呼ばれることもあります。
錠剤、カプセル、グミ、粉、液体などの多くの形態で入手できます。

ほとんどのマルチビタミンは一日に1回か2回摂取すべきです。
ラベルを読んで推奨される使い方の指示に従うことを忘れないようにしてください。

マルチビタミンは薬局、大型ディスカウントストア、スーパーマーケット、オンラインで入手できます。


Point: マルチビタミンは多くの異なるビタミンとミネラルを含むサプリメントです。いくつもの形態で入手できます。


マルチビタミンには何が含まれているのか?

13のビタミンと16のミネラルは健康に不可欠です。
その殆どは酵素の反応を助けたり、分子や構造要素に信号を送る機能に使われます。

体はビタミンを再生成、メンテナンス、成長、体の処理の制限のためにも必要とします。

マルチビタミンは多くのビタミンやミネラルを提供しますが、形態や量は様々です。
マルチビタミンにはハーブ、アミノ酸、脂肪酸と言った他の材料も含んでいます。

サプリメントは食品医薬局で制限されていないため、マルチビタミンはラベルに書いてあるよりも多くの、あるいは少ない栄養を含んでいる可能性があります(参考)。

いくつかのケースでは、列挙されている栄養素を含有すらしていない場合があります。
サプリメント業界はこの疑いのために悪評がありますので、定評のある製造者からマルチビタミンを買うことが重要です。

マルチビタミンに含まれる栄養素は食品から得られたり研究室内で合成されて作られていることもあることに注意が必要です。


Point: マルチビタミンはビタミンとミネラルに加え、ハーブ、アミノ酸、脂肪酸といったものも含んでいることがあります。そして、量や栄養の種類は様々です。ラベルの表示内容に嘘があることは普通であることを覚えておく必要があります。


マルチビタミンと心臓病の関係性

心臓病は世界中で死亡原因を牽引しています(参考)。

マルチビタミンを摂取すると心臓病を予防できると信じている人は多いです。
しかしながら、その根拠は様々です。

いくつかの研究ではマルチビタミンは心臓病とそれによる死のリスクを下げることに関連しているとしていますが、他の研究では効果がないとしています(参考1 参考2 参考3 参考4)。

10年以上にわたって、"Physicians' Health Study II"は14,000人以上の中年男性医師を対象に毎日のマルチビタミンの使用影響を調査しました。

それによると心臓発作、脳卒中、死亡率の減少は見られませんでした(参考)。
より最近の女性を対象にした研究ではマルチビタミンを3年以上服用すると心臓病での死亡リスクが35%減少したそうです(参考)。


Point: いくつかの観察的な研究ではマルチビタミンを摂取すると心臓病のリスクが下がります。しかしながら、他の研究では繋がりが見られませんでした。結局、結論はまちまちです。


マルチビタミンとがんの関係性

マルチビタミンの使用とがんのリスクについても結果はまちまちです。
いくつかの研究ではがんのリスクに効果はないとし、他の研究ではマルチビタミンを使うとがんのリスクが上がるとしています(参考1, 参考2, 参考3, 参考4)。

ある再調査が5つの制御された47,289人を対象にした研究で行われました。
それによると、マルチビタミンを摂取した男性はがんのリスクが31%下がりましたが、女性では効果がありませんでした(参考)。

2つの観察的な研究では、1つは女性を含み、もう1つは男性を含んでいますが、マルチビタミンの長期的な使用と結腸がんのリスクを減らすことはつながっているとしています(参考1 参考2)。

"Physicians' Health Study II"では長期的に毎日マルチビタミンを取るとがんに罹ったことのない男性のがんのリスクを下げるとしています。
しかしながら、それは研究期間において死のリスクには影響を与えませんでした。(参考)


Point: いくつかの研究ではマルチビタミンの使用はがんのリスクを下げるとしています。しかしながら、他の研究では効果がないか、リスクを増やすとさえしています。


マルチビタミンには他の健康的な効果があるのか?

マルチビタミンは他のいくつかの用途でも研究がされ、その中には脳機能と目の健康があります。

①脳機能

いくつかの研究でマルチビタミンが老人の記憶を改善することがわかっています(参考1 参考2 参考3)。

これらのサプリメントは気分も改善する可能性があります。
研究は気分の落ち込みと栄養不足のつながりだけでなく、マルチビタミンとよりよい気分、あるいはうつの症状の軽減のつながりについて示しています(参考1 参考2 参考3 参考4 参考5 参考6)。 

しかしながら、他の研究では気分は変わらないとしています(参考)。

②目の健康

加齢性の黄斑変性は世界中で失明原因を牽引しています(参考)。

ある研究では抗酸化作用のあるビタミンとミネラルを摂取すると進行を抑えられることを見つけました。
しかしながら、これらの化合物が病気を予防するかについては根拠がありません(参考1 参考2)。

同じように、マルチビタミンがもう1つの一般的な目の病気である白内障のリスクを減らす可能性がある可能性があるという証拠がいくつかあります。(参考)


Point: マルチビタミンは記憶や気分を改善する可能性があります。さらに、抗酸化作用のあるビタミンやミネラルは失明を起こす病期の進行を遅らせる可能性があります。


マルチビタミンが害になるケースも

用量はマルチビタミンを摂取する上で考慮すべき重要な要素です。

ビタミンやミネラルの摂取量が多くても問題なくても、他のものを多く摂取すると害になる可能性があります。

適切な用量は溶解度に依存し、ビタミンは2つのグループに分けられます: 

  • 水溶性: 体は余分な量を排出することができます 
  • 脂溶性: 体には取り除く手段がないため、余分な量は体に時間とともに蓄積されています 


脂溶性のビタミンはビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKです。
ビタミンEとビタミンKは比較的無毒ですが、ビタミンAとビタミンDは過剰に摂取すると毒になります。

妊娠中の女性は特に出生異常に繋がる可能性があるため、ビタミンAの摂取に注意する必要があります(参考)。

ビタミンD中毒は稀であり、マルチビタミンの使用では起こる可能性は低いです。
しかしながら、ビタミンA中毒はより一般的です(参考1 参考2 参考3)。

もしマルチビタミンを摂取し栄養豊富な食べ物をたくさん食べた場合、多くの栄養の一日の推奨摂取量を簡単に超えてしまいます。

喫煙者は肺癌のリスクを増加させるため、ベータカロチンやビタミンAを多く含むマルチビタミンの摂取を避けるべきです(参考)。

ミネラルもまた摂取しすぎると害になります。
たとえば、鉄を必要としない人に過剰に与えると危険です(参考1 参考2)。

別のリスクはマルチビタミンの生産不良であり、マルチビタミンが意図したよりも遥かに多くの栄養素を含んでいる可能性があります(参考)。


Point: 特定の栄養を多くサプリメントで摂取することは害になる可能性があります。これは栄養価が高い食事に加えて高効能マルチビタミンを服用した場合により起こる可能性が高いです。


マルチビタミンを摂取すべき人は?

マルチビタミンは万人に適しているわけではなく、害になる人もいます。

しかしながら、マルチビタミンで効果がある可能性がある特定の人もいます: 

老人

ビタミンB12の吸収が年齢とともに減ります。

老人はまたカルシウムとビタミンDをより多く取る必要があります( 参考1参考2)。 

ビーガンとベジタリアン

ビタミンB12は動物性の食事にしか含まれないため、植物性の食事ばかりとっていると高いリスクがあります。
カルシウム亜鉛、鉄、ビタミンD、オメガ3脂肪酸も不足している可能性があります( 参考1参考2)。 

妊娠中と授乳中の女性

これらの女性は効果のある栄養もあれば害のある栄養もあるため、医療提供者に相談する必要があります。
たとえば、ビタミンAの過剰摂取は出生異常を起こす可能性があります( 参考)。 


他にも減量手術を受けた人や、ローカロリーダイエットを受けた人や、食欲のない人や、食事だけで十分な栄養を得られない人にはマルチビタミンは効果があるかもしれません。


Point: 老人やビーガン、ベジタリアン、妊娠中の女性や授乳中の女性を含む人々は高い量のビタミンやミネラルを必要とするかもしれません。


まとめ

マルチビタミンは最適な健康へつながるチケットではありません。

実際、健康を改善するという証拠はほとんどの人にとって弱く、害を及ぼす可能性すらあります。

もし栄養不足状態であるなら、その特定尾の栄養素のサプリメントを摂取するのが一番です。
マルチビタミンは多くの栄養をひとまとめにしており、その中の多くは必要ないものです。

それに加え、栄養不足をマルチビタミンで補うべきではありません。
バランスの良い新鮮な食べ物をまるごと食べることこそが長期間に渡っていい健康状態を保つ可能性が高いです。

マルチビタミンをサプリで試してみたい方は、「alloeh supplementの持続型ビタミンACE」から使用してみると良いでしょう。
ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事