カルニチン

カルニチンの概要(効果や効能)

カルニチンは、生体内に存在するアミノ酸の一種で、筋肉や肝臓など各組織に広く存在しています。脂質の代謝に必須であるため、脂肪を燃焼し、ダイエットに効果があると言われています。また、循環器への効果が期待されています。

カルニチンの安全性(注意点や副作用)

摂取により、吐き気や胸焼け、急激な腹痛、胃炎、下痢、体臭、痙攣(けいれん)、湿疹、頭痛などが起きることがあります。妊娠中の方は使用を避けましょう。

カルニチンを含む食品

肉の赤身、乳製品など

  • 成分情報をシェア