サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

【徹底解説】ハイチオールCホワイティア、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

はじめに

ハイチオールCホワイティアはシミやシワ、そばかすなどに適応のある第三類医薬品です。

ハイチオールCホワイティアに含まれているL-システインやビタミンCの効果で、メラニン生成の抑制や、シミの原因となる黒色メラニンを無色化します。

また、また肌の回復(ターンオーバー)をサポートし、過剰にできた黒色メラニンをスムーズに排出する効果も期待されています。

ビタミンC、L-システイン以外にも、肌の回復をサポートするとされているパントテン酸カルシウムも含まれています。

この記事ではハイチオールCホワイティアの成分や副作用について解説していきます。

成分解説

L-システイン

L-システインは体の内側から代謝を促す作用を持ち、シミ・そばかすなどお肌のトラブルを防止・緩和するために欠かせない成分です。

L-システインには大きく3つの働きが期待されています。 

1つ目が肌の代謝(ターンオーバー)のサポートです。これによりシミ・シワ・肌荒れなど肌トラブルがない綺麗なお肌を目指すことができます。

2つ目が体の代謝(エネルギー産生)の促進です。L-システインには体の新陳代謝を上げる作用があり、体内のエネルギーを効率よく生成します。そのためエネルギー不足が改善され、疲れ・だるさを軽減すると期待されています。

3つ目が抗酸化作用です。L-システインにはストレスや紫外線などによる活性酸素(肌トラブルなどを引き起こす原因)を除去する作用があります。

また、L-システインは小麦や大豆、かつお節などに多く含まれています。

L-システインについてより詳しく知りたい方は「Lシステインとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」という記事でも詳しく解説しているため、興味があればぜひご覧ください。

②アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸(ビタミンC)はシミの原因であるメラニン色素の生成・沈着を抑えたり、体の抵抗力を高めたりする効果が期待されています。また抗酸化作用もあり、がんや動脈硬化・老化の予防にも関連があるとされています。

ビタミンC不足になると鼻血など毛細血管からの出血や肌荒れを引き起こす可能性があります。

またビタミンCは水溶性ビタミンに分類され、多く摂取しても尿から排出されるため、過剰摂取の心配は少ないとされています。しかし、ビタミンCの過剰摂取による急な体調不良などを防ぐためサプリメントなどでビタミンCを摂取する際は1日の適量をしっかり守りましょう。

ビタミンCはアセロラやレモン、ピーマンなどの野菜や果物に多く含まれています。特にジャガイモやサツマイモに含まれているビタミンCはデンプンに保護されているため熱を通しても分解されずに残っているためおすすめです。

ビタミンCについてもっと詳しく知りたい場合、「ビタミンCとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説」でも解説していますので、是非参考にしてみてください。

③パントテン酸カルシウム

パントテン酸は肌細胞の新陳代謝を向上させ、肌の回復を促進する働きが期待されています。なぜならパントテン酸には糖分や脂質、タンパク質などの栄養素の代謝をサポートしたり、皮膚の健康を保ったりするからです。

また善玉コレステロールを増やしたり、ホルモンや抗体の産生を助けたりもします。 

1日の適量は18歳以上の男性で5㎎、18~49歳の女性で4㎎、50歳以上の女性で5㎎と定められています。 

不足すると疲れやすくなったり、食欲不振や便秘に悩まされたりする可能性があります。

パントテン酸は様々な食材に含まれているため日頃の食事で不足することはあまりないと考えられています。パントテン酸は肉類や乳製品、大豆や魚など幅広い食材に含まれています。

摂取する際の注意点

7歳未満は服用できず、7~14才は1日2回1錠、15歳以上は1日2回2錠を水・ぬるま湯で摂取してください。

また。発疹や吐き気、腹痛などの副作用が出る可能性があります。もしこのような症状が出たら直ちに病院にいきましょう。

最後に

ハイチオールCホワイティアを紹介しました。

シミ・そばかすなどの色素沈着に悩む方は、多くのドラッグストアで取り扱われている製品なので、検討してみてはいかがでしょうか。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断