【徹底解説】ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミン、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/03

マルチビタミン貧血栄養補給商品解説ディアナチュラ

ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミンは1日の栄養摂取量が気になる方に向けたサプリメントです。手軽に鉄分とビタミンを摂取できるディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミン。今回はこの成分を徹底解説していきます。

概要

ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミンは錠剤タイプのサプリメントです。1日1粒で鉄18mg(ほうれん草約900g、鶏レバー約200g相当)と14種類のビタミンを摂取することができます。そのため日頃の食生活が不安で毎日元気に過ごしたい方や鉄分不足を感じている方におすすめです。水・ぬるま湯で1日1粒を目安に摂取してください。

成分解説

鉄分は大きく分けて「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」に分けられます。ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に多く含まれておりタンパク質と結合しています。ヘム鉄以外の鉄を非ヘム鉄といい、こちらは植物性食品に多く配合されています。ヘム鉄は非ヘム鉄と比較して吸収率が高いとされています。非ヘム鉄は動物性のタンパク質やビタミンCと摂取することで吸収率が高まるとされています。 1日の鉄分の摂取基準量は女性は6.0〜6.5mg、男性は7.0〜7.5mgとされています。

鉄分不足が続くと貧血や倦怠感(疲れやすい)、動悸(どうき)、免疫力の低下などが感じやすくなる鉄欠乏性貧血という症状にかかる可能性が高まります。 貧血を防止するには鉄とタンパク質を摂取してヘモグロビンを体内で生成する必要があります。そのため貧血防止をしたい方は鉄分やタンパク質、ヘモグロビンの生成をサポートするとされているビタミンB12や葉酸などバランスを意識して栄養を摂取しましょう。 鉄分が多く含まれている食材は牛。鶏・豚などのレバーやカツオ・赤貝・イワシなどの魚介類、ひじき・ほうれん草・小松菜などの野菜などです。

マルチビタミン

マルチビタミンとは多種類のビタミンを1つの錠剤で摂取できるようにしたものです。ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミンには7つのビタミンが配合されています。夜間の視力や皮膚・粘膜の健康を維持するとされているビタミンAや抗酸化作用を持ち皮膚・粘膜の健康をサポートすると期待されているビタミンCが配合されています。また健康維持や赤血球の生成をサポートすると示唆されているビタミンB群(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12)や抗酸化作用による体内の老化を防止するといわれているビタミンEも含まれています。

摂取する際の注意点

鉄分を過剰に摂取すると肝障害や心不全などの臓器障害を引き起こす危険性がある鉄沈着症や便秘、胃部不快感など副作用を引き起こす可能性があります。 またマルチビタミン剤は他のサプリメントと違って様々な成分が含まれているため注意が必要です。ビタミンCは過剰に摂取しても体内に吸収できない分は尿として体外に排出されます。しかしビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンは体の体脂肪に蓄積され、骨粗鬆症や甲状腺機能低下、肝障害など副作用を発症させる可能性があります。 そのため1日の用法・用量をしっかり守り、服用しましょう。

最後に

 

ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミンについて紹介しました。鉄分やマルチビタミンの効果や服用の注意点などをご理解いただけたでしょうか?この記事がサプリ選択の参考になれば幸いです!お読みいただきありがとうございました!

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事