フェルラ酸とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/04

ビューティーフェルラ酸美肌効果成分解説

フェルラ酸とは?

フェルラ酸は、植物ベースの抗酸化物質で、主にアンチエイジングのスキンケア製品に使用されています。下記を含むさまざまな自然食品に含まれている成分です。

  • ブラン(ぬか、ふすま) 
  • オーツ麦 
  • 米 
  • なす 
  • 柑橘類 
  • りんごの種 


フェルラ酸は、フリーラジカルと戦う力や、ビタミンA、C、Eなど他の抗酸化物質の有効性を高めることから高い注目を集めています。(参考

主にスキンケアで使用されていますが、専門家が現在フェルラ酸に他のメリットがないか確認する研究をおこなっています。

フェルラ酸の皮下注射は本当にアンチエイジングに効果があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

フェルラ酸は何のために使われる?

フェルラ酸は、サプリメントとアンチエイジングセラムの両方があります。主に、シミやシワなど、加齢に伴う皮膚トラブルに関与するフリーラジカルを撃退するために使われます。

デイリーユースのサプリメントとしても利用できます。フェルラ酸が糖尿病や肺高血圧症の人々に役立つ可能性が示唆された研究もあります。

しかし、フェルラ酸セラムに比べるとサプリメントは肌の健康の効果が劣るようです。

フェルラ酸は、食品保存にも使用されます。また、製薬業界では一部の医薬品に使用されることもあります。アルツハイマー型認知症や心血管疾患など、幅広く利用できる抗酸化物質の潜在的な用途について、研究が進められています。

皮膚に対するフェルラ酸のメリットは?

フェルラ酸の美容液は、特にビタミンCなどの他の抗酸化成分とうまく機能する傾向があります。(参考

ビタミンCは、多くのアンチエイジングスキンケア製品において馴染みのある成分です。 しかし、ビタミンCそれ自体は不安定な構造で、特に日光にさらされると急速に劣化します。 ビタミンCセラムは通常、不透明もしくは琥珀色のボトルに入っています。

フェルラ酸はビタミンCが安定するのを助ける一方、光防護作用も強化すると考えられています。 光防護とは、光によるダメージを最小限に抑える、自然界におけるさまざまな能力のことを指します。

2005年の研究では、フェルラ酸はビタミンCとEと組み合わせると2倍の量の光防護作用を発揮する可能性があると示唆されました。(参考

この研究の著者は、このような抗酸化剤の組み合わせが将来の光老化のリスクを減らし、さらに言えば皮膚がんを減らす可能性があるという点に注目しています。 しかし、これらの効果はまだ完全には理解されていません。

ビタミンCの美肌効果については、『ビタミンCは本当に美肌に効果があるのか?』でも解説をしています。

フェルラ酸の副作用は?

基本的には、フェルラ酸はほとんどの肌タイプにとって安全です。 ただし、敏感肌の場合は、新しいスキンケア製品を始めるときと同様、パッチテストすることをお勧めします。(参考

フェルラ酸に対してアレルギー反応を起こす可能性もあります。 これは、由来成分によるものです。 たとえば、ブラン(ふすま)にアレルギーがある場合は、この植物由来のフェルラ酸に敏感になる可能性があります。

次の副作用のいずれかが発生した場合、フェルラ酸を含む製品の使用を中止する必要があります。

  • 発赤(皮膚の赤み) 
  • 発疹 
  • じんましん 
  • かゆみ 
  • 皮が剥けてくる 


フェルラ酸の入手方法は?

肌へのフェルラ酸の潜在的メリットを享受したい場合は、フェルラ酸とビタミンCの両方が配合されたセラムを探してください。

フェルラ酸は、セラムやピーリングとして使用すると最も効果的に作用する傾向があります。

基礎疾患がある場合、または処方薬や市販薬を服用している場合は、新しいサプリメントを摂取する前に医師に相談してください。

まとめ

フェルラ酸は抗酸化物質で、他の抗酸化物質の効果を高める働きもします。 スキンケア製品として使用する場合、小ジワ、シミ、シワを減らし、肌を清らかに保つのに役立ちます。

フェルラ酸を試してみたい方は、他の抗酸化物質も含むセラムで使用してみることをお勧めします。

美肌サプリメントについては、『悩んだら、まずはこれ!DHCのおすすめ美肌サプリ3選』でも紹介しているのでチェックしてみてください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事