【徹底解説】イブクイック頭痛薬、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/25

ヘルスアリルイソプロピルアセチル尿素イブプロフェンカフェイン酸化マグネシウム筋肉痛頭痛第2類医薬品錠剤商品解説

はじめに

イブクイック頭痛薬はできる限り早く熱・頭痛を緩和させたい方や医薬品を摂取するとお腹を壊しやすい方におすすめです。なぜならイブクイック頭痛薬は悪寒・発熱時の解熱効果や頭痛や筋肉痛、月経痛(生理痛)などの体の痛みの鎮痛効果が期待されているからです。また胃腸を保護する効果も示唆されています。今回はそんなイブクイック頭痛薬を紹介します。

概要

イブクイック頭痛薬が頭痛や筋肉痛、歯痛など体の痛みの鎮痛効果が期待されている理由は、痛みのもとであるプロスタグランジンの発生を抑制するイブプロフェンが配合されているからです。また胃や腸の粘膜を保護すると示唆されている酸化マグネシウムも含まれています。そのため医薬品を摂取するとお腹を壊しやすいが、頭痛・熱を早く治したいという方におすすめです。

用法・用量は成人(15歳以上)は1回量(2錠)で1日3回を上限とし、空腹時をさけて水・ぬるま湯で服用してください。服用間隔は4時間以上です。また15歳未満の方の服用は禁止です。

成分解説

イブプロフェン

イブプロフェンとは体の痛みのもとであるプロスタグランジンの発生を抑制するとされています。そのためイブプロフェンは頭痛薬にはもちろん、生理痛や喉の痛みなどさまざまな症状を鎮痛や解熱、抗炎症する効果が期待されています。しかしイブプロフェンは痛み・発熱のもとを取り除くのではなく、一時的に症状を緩和するために使用されます。


慢性的に頭痛を感じている方が使用を継続すると胃腸障害やめまい、腎機能・肝機能の低下など副作用が起こる可能性があります。そのため、テスト勉強や仕事中など大事な時だから一時的に頭痛や発熱を抑えたいという時に服用しましょう。

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムには主に2つの効果が期待されています。1つ目は体の痛みを和らげる成分とされているイブプロフェンの吸収力を高める効果です。2つ目は胃や腸の粘膜を保護する効果です。酸化マグネシウムは胃液の酸を中和して胃痛や胸焼けを改善するとされています。

また腸内の水分をコントロールし軟化させて排便をサポートする効果も期待されているため、そのため腸を直接刺激しない非刺激性の便秘薬として用いられています。薬局で買える一般用医薬品として、胃腸薬や解熱鎮痛薬などさまざまな鎮痛剤に含まれています。

アリルイソプロピルアセチル尿素

アリルイソプロピルアセチル尿素は酸化マグネシウムと同様に体の痛みを和らげる成分とされているイブプロフェンの吸収力を高める効果が期待されています。加えて緊張や興奮、いらいら感などを鎮めて気持ちを落着かせる作用も示唆されています。

そのため一般的な医薬品では鎮痛効果として頭痛や歯痛・生理痛などの解熱鎮痛薬やいらいら感など感情を安定させるために用いる精神安定剤などに配合されています。服用後に眠気が生じる可能性があるため、アリルイソプロピルアセチル尿素の服用後は車・機械の運転・操縦や高いところでの作業は控えてください。

無水カフェイン

無水カフェインとは先ほど紹介した2つの成分と同じように体の痛みを和らげる成分とされているイブプロフェンの吸収力を高める効果が期待されています。なぜなら無水カフェインには中枢神経を刺激し、眠気や疲労感・頭痛を和らげるとされているからです。

また別の成分の効果をサポートする目的で使用されることが多く、鼻炎用内服薬や乗物酔い薬・ドリンク剤などに配合されています。 カフェインには眠気を取り除く効果もあるため寝付きが悪くなったり、睡眠が浅くなったりする可能性もあります。そのためカフェインに敏感な方は夕方以降の摂取を控えることをおすすめします。

摂取する際の注意点

医薬品なので服用する際は注意が必要です。例えば15歳未満のお子さんや出産予定日12週以内の妊婦さんを服用を禁じられています。また長期に渡って服用を続けると肝機能・腎機能の障害やアナフィラキシーショック、めまいなどの副作用を引き起こす可能性があります。そのため用法・用量や服用の際の注意事項は服用する前にきちんと確認しましょう。

最後に

イブクイック頭痛薬を紹介しました。頭痛や発熱時に馴染みのある医薬品ですが、成分の効果を知らずに飲んだor興味を持っている方も多かったのではないでしょうか?この記事がセルフメディケーションの参考になれば幸いです!お読みいただきありがとうございました!

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事