イブプロフェンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/04

成分解説イブプロフェン

イブプロフェンについて知っておくべきこと

イブプロフェンは関節炎、発熱、生理痛などの痛みの症状を和らげるのに広く使われています。

イブプロフェンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)であり、血栓から保護する抗血小板効果もあります(参考)。
イブプロフェンを使用した薬の名前としてはBrufen, Calprofen ,Genpril, Ibu, Midol, Nuprin, Cuprofen, Nurofen, AdvilとMotrinが含まれます。
薬局で買う場合には包装にイブプロフェンが含まれていると書いてあります。

イブプロフェンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)で、痛み、熱、炎症といった症状を抑えるのに広く使われています(参考1 , 参考2)。
心臓に障害を抱えていたり、脳卒中、消化性潰瘍を持っている人は注意して使用する必要があります(参考1, 参考2)。
妊娠後期の終盤3ヶ月の間は使うべきではありません。

オピオイド鎮痛薬の代わりとなる、中毒性のない薬と考えられています。

イブプロフェンとは?

イブプロフェンは鎮痛剤、解熱剤、そして高容量においては抗炎症作用を持ったNSAIDの一種です。

世界保健機関(WHO)は必須医薬品リストにイブプロフェンを含めています(参考)。
ほとんどのNSAIDは、麻薬ではないため、意識を失うことはありません。

イブプロフェン、アスピリン、ナプロキセンはすべてよく知られたNSAIDであり、それは薬局の窓口で買うことができます(参考)。
イブプロフェンは人体が病気やけがに反応して放出する物質であるプロスタグランジンの生成をブロックし、イブプロフェンを服用することで、鎮痛作用はすぐに現れます。

抗炎症効果は数週間続くこともあります。

イブプロフェンが適していない人

イブプロフェンは以下のような人々には適していません。

  • アスピリンやNSAIDに強く反応する
  • 消化性潰瘍を持っている、あるいは持っていた 深刻な心臓疾患を持っている(参考)

2015年に米国食品医薬品局(FDA)はイブプロフェンを高用量摂取した際の心臓発作あるいは脳卒中のリスクの増加に関する注意を強化しました(参考1, 参考2)。 

彼らはこの問題に気づき、胸の痛み、呼吸の問題、体の一部あるいは片側の突然の衰弱、突然の不明瞭な会話を経験した場合、すぐに医師の診察を受けるように呼びかけています。

イブプロフェンは以下の人々は注意して使用する必要があります。

  • ぜんそく(参考)
  • 肝臓の問題
  • 腎臓の問題
  • 軽度の心不全
  • 高血圧(参考1, 参考2)
  • 狭心症、心臓発作(虚血性心疾患)(参考1 , 参考2)
  • 末梢動脈疾患として知られる動脈の狭窄(参考)
  • 冠動脈バイパス(CABG)手術を受けた
  • 一種血の経験
  • 脳卒中

不確かな場合はかかりつけ医、または薬剤師に確認しましょう。

イブプロフェンの起きうる副作用

もっとも一般的なイブプロフェンの副作用は以下を含みます。

  • 下痢(参考)
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 上腹部の痛みを含む消化不良、膨満感、消化不良(参考)
  • 胃や腸の痛み


まれに起きうるものは以下です。

  • めまい
  • 浮腫、または体液貯留(参考1, 参考2)
  • 膨満感
  • 高血圧
  • 胃の炎症
  • 消化器系の潰瘍
  • ぜんそく症状の悪化

イブプロフェンを服用した後にめまいを感じる場合は、運転や機械の操作を行うべきではありません。

とてもまれですが、胃で出血することがあり、その兆候は以下です。

  • 下血あるいは黒い便
  • 吐血あるいは血による嘔吐

長期間の使用は女性の生殖機能を低下させることにつながる可能性がありますが、この問題は治療を終了すると収まるはずです。

イブプロフェンのアレルギー反応

アメリカの食品医薬品局はイブプロフェンの原料に対してアレルギー反応を起こす人がいると警告しています。
アレルギー反応の症状は以下を含みます。

  • じんましん
  • 皮膚の赤化
  • 水ぶくれ、または発疹(参考)
  • 顔の腫れ
  • ぜんそくと喘鳴
    このような症状を経験した人はこの薬を使うのをやめるべきです。
     

アナフィラキシーショックを起こした事例もあるため、発生した場合はすぐに医療機関にかかる必要があります。 イブプロフェンは、医者から指示された場合を除き、妊娠後期の終盤3ヶ月の間は胎児に影響を与えたり分娩中に問題を起こす可能性があるため、使うべきではありません(参考)。 妊娠中や授乳中に薬を使う前に専門家に相談してください。

イブプロフェンには中毒性がある?

いくつかの報告がAdvilのような鎮痛剤を頭痛をおさえるために常習すると鎮痛剤が消えた後にリバウンドとして頭痛を起こす可能性があるとしています(参考1 , 参考2)。 

これは中毒とは見なされませんが、簡単にはやめられないやっかいな上体を起こす可能性があります(参考)。
イブプロフェンを日常的に使用している人はこの点に注意する必要があります。


イブプロフェンの相互作用

まれに、他の薬の効果と干渉することがあります(薬物間相互作用)。
イブプロフェンと相互作用を起こす可能性のある薬は以下です。

  • 降下薬:高血圧のために服用する薬です。イブプロフェンは時として降圧薬と一緒に使用すると血圧を上げることがあります(参考)。
  • 抗炎症鎮痛剤:イブプロフェンは胃出血のリスクが高いため、ジクロフェナク(ボルタロール)、インドメタシン、ナプロキセンと一緒に服用するべきではありません。 
  • アスピリン:イブプロフェンとアスピリンを一緒に服用すると一種血のリスクが大幅に高まります。抗凝血のために小用量のアスピリンを服用している患者は、抗凝血作用が消える可能性があるため、イブプロフェンを服用すべきではありません。
  • ジゴキシン:心房細動の治療にしばしば使われる薬です。イブプロフェンとジゴキシンは同時に使うと血圧レベルを上げる可能性があります(参考)。
  • リチウム:この薬はいくつかの精神疾患に使われます。イブプロフェンはリチウムを除去するのを難しくし、体内に危険なレベルのリチウムが蓄積される可能性があります。
  • メトトレキサート:これはがんや自己免疫疾患の治療に使われます。イブプロフェンはメトトレキサートの除去を困難にする可能性があります(参考)。そして、潜在的に危険なレベルのメトトレキサートが体内に蓄積する可能性があります。
  • タクロリムス:この薬は臓器移植後に体の免疫システムが新しい臓器を拒否するのを止めるために使われます。イブプロフェンとタクロリムスを同時に使うと腎臓にダメージを与える可能性があります。 
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI):このタイプの抗うつ剤(シタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリンなど)をイブプロフェンとともに使うと、出血のリスクが高まります(参考)。
  • ワルファリン:血液の凝固を止める抗凝固薬または抗凝血薬です。ワルフェリンとイブプロフェンを一緒に服用すると薬の抗凝血効果を減らすことがあります。

これらまたは他の薬を服用している場合は主治医または薬剤師にイブプロフェンを使っても安全か確認すべきです。 使用者がガイドラインを守っている限り、イブプロフェンは多くの場合安全です(参考)。常習性を形成せず中毒性もありません。 深刻な副作用は長期にわたって使ったときのみ起こります(参考)。 現在のオピオイドの摂取流行の状況に際し、疾病対策予防センター(CDC)は痛みを抑える治療をするためにオピオイドを使う前に、イブプロフェンのようなオピオイド以外の薬を検討するよう促しています(参考)。


イブプロフェンの使い方

イブプロフェンはジェル、スプレー、状態、あるいは泡状で使用され、下記のような症状に使います。

  • 炎症
  • 頭痛
  • 歯の痛み
  • 背中の痛み(参考)
  • 若年性関節炎を含む関節炎(参考)
  • 生理痛
  • 軽いけが
  • 頭痛

への使用は短期に限ります。関節炎などの慢性疾患に関する抗炎症効果には長期の使用が必要です。

充血除去剤などの一部の薬物は、風邪やインフルエンザの併用療法とするため、イブプロフェンが追加されます(参考)。


イブプロフェンの用量

イブプロフェンは錠剤、シロップ、静脈内(IV)製剤として入手可能です。
副作用を避けたり軽減したりするには正しい用量で服用することが重要です。
用量はイブプロフェンを服用する理由や年齢に依存します(参考)。 

関節リウマチや変形性関節症に使用する大人の場合、用量は一日あたり1,200ミリグラムから3,200ミリグラムを分割して服用します。
患者は副作用をチェックする必要があり、治療の目的を満たす最小の容量となるように服用量を調整する必要があります。
普通の大人が痛みに用いる場合は4から6時間ごとに200ミリグラムから400ミリグラムを口から服用するか、6時間ごとに400ミリグラムから800ミリグラムを静脈内製剤として服用します。

一日あたりの最大摂取量は3,200ミリグラムです。


イブプロフェンと子供の用量

子供用のイブプロフェンは痛みを抑えたり、炎症、発熱を抑制したり、若年性突発性関節炎にも使用することができます。

子供の用量上限は大人よりも少ないため、服用するには生後6ヶ月以上の子供かつ5キログラム以上の体重がある必要があります。
イブプロフェンを子供に与える前に、包装にある指示を確認するか、かかりつけ医、あるいは薬剤師に確認する必要があります。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事