アセロラとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

アセロラとは?

アセロラチェリーは西半球の熱帯地方に自生する植物です。一般的に、西インド諸島チェリー、バルバドスチェリー、または単に「アセロラ」とも呼ばれます。低木のような植物でメキシコ南部とカリブ海原産と考えられています。

アセロラはさくらんぼのような実を作りますが、本物のさくらんぼではありません。これらの実は味が良く、現代医学および民間療法で使用されています。伝統的な用途には、肝臓病、下痢、赤痢、咳、風邪の治療が含まれます。

最近、アセロラのビタミンC含有物をサプリメントとして使用することに関心が高まってきています。このサプリメントで健康と健康な状態を維持できることが多く報告されていますが、しっかりとした研究がされているわけではありません。

なぜアセロラチェリーを摂取するのでしょうか?

アセロラはビタミンCが非常に豊富であることで最もよく知られています。このため、風邪やインフルエンザの予防によく使用されます。また、抗酸化栄養素としても使用されます。アセロラはビタミンCと共に免疫力を高めるために摂取されることがあります。

ウィッチヘーゼルと同様に、アセロラチェリーは収れん剤です。皮膚の傷の治療、皮膚の弾力性の促進、消化器系の問題の改善に役立ちます。抗菌性の洗口剤としても使用できます。

他の使用法としては:

  • 抗うつ薬 
  • 抗真菌剤 
  • 運動持久力 
  • 下痢 
  • 赤痢 
  • 皮膚収れん剤(クリーム) 

どのようにアセロラチェリーを取りますか?

健康のためにアセロラのベリーまたは果実部分を食べます。その味は、甘くて芳醇で渋みがあると言われています。生のまま食べたり、料理に入れたりして簡単に食べられます。

アセロラチェリーは腐りやすいので、果物を簡単に入手するには自家栽培が最良です。新鮮なアセロラチェリーを収穫したらすぐに冷凍して保存することもできます。

サプリメントが最も一般的です。これは実が収穫後5日以内に腐敗してしまい、栄養の多くが失われるためです。保存料を加えない限り、ジュースでさえ簡単に腐ります。それでも、アセロラチェリーを摂取する最良の方法は、果物として食べることです。サプリメントが最初の選択肢ではありません。

サプリメントの形状として:

  • カプセル 
  • チュアブル 
  • 液体抽出物(チンキ剤) 
  • パウダー 


パウダーサプリメントは非常に人気があります。アセロラチェリーの果汁を乾燥粉末状にしたものは、飲料、スムージー、ジュースなどに混ぜることができます。冷凍ベリーからスムージーを作ることもできます。

アセロラの安全な摂取用量を証明する臨床研究はありません。自宅でアセロラを服用するときは、ビタミンC補給のガイドラインに従って摂取する事が安全だと言えるでしょう。アセロラの栄養成分としてビタミンが最も大きなウエイトを占めるためです。

推奨事項は購入する製品によって異なる場合があります。服用する量が不明な場合は、ラベルの投与量の指示に従ってください。

アセロラのメリットとは?

アセロラの健康上の利点は、主にビタミンCが豊富なことです。果物は熟すほどビタミンCが失われ、アセロラは非常に早く完熟します。

さまざまなビタミンCを含む果物とその相対的な量の研究で、アセロラは特に有機栽培の場合に、すべての果実を上回りました。その果物は、ビタミンCの量が多い事で知られているオレンジやイチゴで、ローズヒップだけが勝っていました。果実は、ビタミンAの非常に重要な供給源であることもわかりました。

ビタミンCは必須栄養素でありますが、水溶性ビタミンで体内に保存されないため、水溶性ビタミンの供給源として毎日摂取する必要があります。ビタミンAとともに、ビタミンCは抗酸化物質としてすでに知られており、フリーラジカルによる損傷や特定な疾患の予防に役立ちます。最近の研究でアセロラは非常に抗酸化物質が豊富であることが確認されています。

また、ビタミンCはコラーゲンを合成し、粘膜を保護したり壊血病を防ぎます。ビタミンCは免疫システムの機能を維持し、体が感染やウイルスさらには癌と戦うのを助けるために重要です。さらなる研究が必要ですが、ある実験室レベルの研究では、抗酸化物質とビタミンCを多く含むサクランボが、結腸がんの増殖を止めるのに役立つことがあると示されました。

アセロラチェリーに関するすべての研究の中で、ビタミンCに焦点を当てた研究が最も徹底的に行われています。これにより、風邪やインフルエンザの症状の改善をサポートするすべて天然由来のビタミンCサプリメントとして地位が確立されました。他の健康上の利点についてはより多くの研究が必要です。

アセロラは、食品として消費される場合、下記のような栄養素も多く含まれています。

  • カルシウム 
  • 鉄 
  • ナイアシン(ビタミンB-3) 
  • リン 
  • リボフラビン(ビタミンB-2) 
  • チアミン(ビタミンB-1) 


ビタミンの効果については『ビタミンCとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』で詳しく解説しています。

アセロラチェリーには副作用があるのでしょうか?

多くのアセロラチェリーを一度に摂取することは可能です。ビタミンCのサプリメントと同様に、摂取量が多すぎると消化不良が起こる可能性があります。問題や不調を避けるために、ビタミンCサプリメントと同じようにmg分量のアセロラを服用してください。補足ラベルの指示がある場合は、それらに従ってください。サプリメントは、FDAによる品質、純度、包装、または投与量の監督外であることにご注意ください。信頼できる製造元ののサプリメントを常に選んでください。

いかなるビタミンC製品も大量に服用しないでください。すでに多量服用している場合は、徐々に量を減らしてください。リバウンド壊血病は、身体が大量投与量に慣れたときに発症する可能性があります。

服用しすぎると、以下のようなことが起きるかもしれません:

  • 下痢 
  • 消化器痙攣 
  • めまいまたは失神 
  • 紅潮 
  • 頻尿 
  • 頭痛(片頭痛を含む) 
  • 吐き気 
  • 嘔吐 


これらの症状は治療を必要としない傾向にありますが、比較的珍しくまれに起こります。投与量を下げるだけで、それらの症状はなくなる可能性があります。心配な場合は医師に相談してください。

長期間にわたり非常に多量のアセロラチェリーを摂取している場合は、腎臓結石を引き起こす可能性があります。横腹または背中の痛みがみられた場合は、すぐに医師に相談してください。

もしアセロラチェリーを栽培している場合、収穫時に発生する接触性皮膚炎の報告があります。それ以外は果実は無毒で安全に摂取できます。

まとめ

アセロラは、さまざまな病気の家庭薬として使用されています。心強いビタミンCの補給源や天然サプリメントとして報告されています。アセロラには他の重要なビタミンやミネラルも含まれており、抗酸化物質の重要な供給源です。

食物やサプリメントとして摂取すると、ビタミンC必要摂取量を満たすのに役立ちます。また、風邪やインフルエンザの季節にも大いに役立ちます。例えば消化器系補助薬、抗うつ薬、運動耐久性などにみられる利点については、まだ研究報告がなく、これらの使用を支持する根拠となるさらなる研究が必要です。

アセロラをサプリで試してみたい方は、「NOW Foods アセロラ4:1エキスパウダー」から使用してみると良いでしょう。ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断