サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

ほうれい線に効く成分とは?ほうれい線に効果のある成分4選

はじめに

加齢とともにできるほうれい線。レーザー治療など最新技術を用いれば消すことが出来ますが、なかなかレーザー治療を行おうという勇気とお金が出ない人も多いと思います。

そのような方には、いきなりレーザー治療などを検討するのではなく、普段の食事やサプリメントで改善することを検討する方が良いかもしれません。

この記事ではほうれい線の原因を解説するとともに、ほうれい線に効果がある成分を紹介していきます。

この記事で紹介する成分を普段の食事やサプリで補うことで肌の調子が整い、ほうれい線が見えにくくなる可能性があります。ぜひ参考にしてみてください。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因は主に下記のようなものが挙げられます。体の内部と外部を問わず、様々な要因があります。

  • コラーゲンの減少
  • 食生活の乱れ
  • 乾燥肌
  • 体重の増減
  • 歯の噛み合わせが悪い
  • むくみ
  • 紫外線
  • 喫煙

このように、ほうれい線ができる原因は様々ですが、意識的に改善しやすいものだと「食生活の乱れ」が挙げられます。

外食をする機会も多くなった現代において、栄養が偏ったり、体に必要な栄養素が摂取できず、体重が増加したり、むくみ、乾燥肌など体に異変が出てきたりする方は少なくありません。

「栄養に気をつけて自炊している機会が少ないな」と感じている方は栄養が不足している可能性もあるため、サプリメントの活用を検討しても良いかもしれません。

早速、ほうれい線の悩みを解決する成分について解説していきます。

コラーゲン

コラーゲンは人体の組織や血管の構成要素として大切な栄養素と言われています。また、皮膚の奥深くにある「真皮層」の90%はコラーゲンで占められています。この真皮層の水分量によって、肌のはりやキメが左右されます。

このコラーゲンですが、紫外線やストレス、加齢などの様々な要因で体内のコラーゲンの量が低下してしまします。コラーゲンが低下すると真皮層の水分量が低下し、ほうれい線などのしわや乾燥肌に繋がってしまいます。

そのため、食事やサプリメントでコラーゲンを摂取することが大切です。

コラーゲンについての詳しい解説は『コラーゲンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』をチェックしてみてください。


コラーゲンを含んだサプリメントも多く販売されています。参考のためにその一部を紹介します。(下記で紹介するサプリメントは、コラーゲンは含まれていますが、ほうれい線への効果が表示されているわけではありません)

まず最初に紹介するのは、美チョコラ コラーゲンです。

Amazonでもベストセラーになるなど、多くの人々に使用されている「美チョコラ コラーゲン」。

コラーゲン以外にも、健康な肌を保ちたい人々によく摂取されているビタミンCやビタミンB6が配合されているのが特徴です。


次に紹介するのが、DHC コラーゲンです。

大手サプリメントメーカーとして有名なDHCもコラーゲンサプリを販売しています。商品名は「DHC コラーゲン」です。

DHC製品の一番のメリットはやはりリーズナブルに入手できることでしょう。はじめて試す方でも、気張らずに利用できるのではないでしょうか?


プラセンタ

2つ目に紹介する成分はプラセンタです。

プラセンタはエイジングケアや肌質改善などの美肌作用はもちろん、医療機関でも更年期障害や不妊症の改善などにも用いられています。医療機関でプラセンタを処方されるときは保険適用内です。また、2000年以上も前から中国では「紫河車(シカシャ)」と呼ばれる漢方として皇帝から重宝されていました。

alloehでは、プラセンタについても解説記事を用意しているため、興味があればぜひご覧ください。


プラセンタを含んだサプリメントも多く販売されています。参考のためにその一部を紹介します。(下記で紹介するサプリメントは、プラセンタは含まれていますが、ほうれい線への効果が表示されているわけではありません)

まず最初に紹介するのは、ハググミプラスが販売している「FUWARI(ふわり)」です。

「FUWARI(ふわり)」にはプラセンタ以外にも、お肌のためによく摂取されるセラミドやアスタキサンチンも配合されているのが特徴です。


次に紹介するのは、ディアナチュラブランドで販売されている「ディアナチュラスタイル プラセンタ×コラーゲン」です。

ディアナチュラブランドを展開しているのは大手企業のアサヒですから、そこに安心感を抱く人も多いかもしれません。


セラミド

セラミドの研究によるとセラミドは皮膚の水分保持や紫外線などから守るバリア機能を担っていると言われています。

セラミドは米、小麦、こんにゃく、わかめ、蕎麦など様々な食材に含まれており、特にこんにゃくは米、小麦などの7〜16倍のセラミドが含まれています。

また、セラミドは体内でも生成されるので血流を促進させる玉ねぎやキャベツや抗酸化作用があるほうれん草やトマトも一緒に食べると効果的です。

セラミドについては『セラミドとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』で解説を行っています。


セラミドを含んだサプリメントも多く販売されています。参考のためにその一部を紹介します。(下記で紹介するサプリメントは、セラミドは含まれていますが、ほうれい線への効果が表示されているわけではありません)

セラミドサプリですが、化粧品で名高い資生堂からも発売されていて、「The Collagen Relacle」という製品が販売されています。資生堂の化粧品を愛用されている方は、サプリも資生堂に頼ってみるのもいいかもしれません。


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分との相性が良く、肌の潤いを保持するのに大切な栄養素です。もともと、体内にある成分ですが。加齢とともに減少するので、サプリメントや食事で摂取する必要があります。ヒアルロン酸を含む食材は動物性ですと鳥の軟骨、鳥手羽、豚足などが挙げられます。植物性ですと、山芋、オクラ、納豆などネバネバしている食品に含まれています。

ヒアルロン酸については『ヒアルロン酸とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』でも詳しく解説しています。


ヒアルロン酸を含んだサプリメントも多く販売されています。参考のためにその一部を紹介します。(下記で紹介するサプリメントは、ヒアルロン酸は含まれていますが、ほうれい線への効果が表示されているわけではありません)

アメリカで長年愛されているサプリメントメーカーNow Foods(ナウフーズ)もヒアルロン酸のサプリを販売しています。こういった海外サプリの欠点はアメリカ人の方の利用が想定されていて一粒が大きいことです。カプセルの薬やサプリを飲むことが苦手な方にはおすすめしません。


まとめ

ほうれい線を隠す、消すには日頃のケアが効果的です。規則正しい生活を送り、サプリで足りない栄養素を補うことでも、ほうれい線対策はできるので、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

また、alloehでは最初に紹介したコラーゲンについて、ユーザーの口コミや専門家の評価などをもとにしたコラーゲン製品ランキングも公開しています。興味があればぜひご覧ください。


Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事