カーボブロッカーはなぜ炭水化物対策になる!?効果と理由を解説【白インゲン】

ALLOEH編集部

最終更新日:2019/11/18

ダイエット白インゲン

はじめに

以前、『【食事別】サプリを使って「食べて吸収しない」ダイエット!【カーボブロッカーなど】』の記事で、炭水化物対策のおすすめとしてご紹介した「カーボブロッカー」。ダイエッターの中ではとても有名なサプリです。

記事を見てくれた友達から、「カーボブロッカーってなんでダイエットに効くの?」と聞かれたので、それに触れた内容を配信します!

「カーボブロッカー」、どうしてダイエット効果があるのでしょうか。その効果と理由をご紹介します!


💊答え

カーボブロッカーには「白インゲン」が含まれており、その「白インゲン」に含まれる「α-アミラーゼ阻害物質」というものが、「α-アミラーゼ」という糖質を栄養として吸収する消化酵素の働きを阻害するため。


👓理由・効果をもっと詳しく

まず、カーボブロッカーには白インゲンが含まれており、それがダイエット(厳密には炭水化物の吸収阻害)に効く、と言われています。

2000年代にはテレビで白インゲンダイエットが放送されて、それを真似した人たちが、白インゲンの下処理をミスって健康被害が出た!みたいな事件も起きました。白インゲンを自分で調理する際は下処理注意!ですね…よく火を通すことをおすすめします。

で、その白インゲンには「α-アミラーゼ阻害物質」というものが含まれていて、それが「α-アミラーゼ」という糖質を分解・吸収する消化酵素の働きを阻害する、と言われています。つまり、摂った炭水化物を身体が吸収しないようにする、というわけです。


🧐本当に効果あるの?

その効果の検証は、食後血糖値の測定比較などで行われているようですね。

ただし、このテーマを扱った論文はあるものの、その質量は物足りない状況で、白インゲンサプリは国内にもたくさんあるものの、まだ白インゲンサプリが機能性表示を取得している例を見たことがありません。

じゃ、効かないのか?というと、個人的にはそうでもないと思っていて、サプリに使われるような成分のほとんどが、それを取り扱った研究をしてもなかなかお金にならない、という事情があるので論文がなかなか出てこない、という状況があります。サイエンスの観点から、その成分が効くか効かないかをなかなか証明してもらえない、ということになります。

そうなってくると、自分で調べたり、試して効いているかどうか確かめるしかなかったりします。

・体重は減っているか

・炭水化物を食べるとニキビができる人はカーボブロッカーを飲むとニキビができにくくなっているか

などなど...


✏️あとがき

こういうところまで見ていくと、人間の体や、それに影響する食物はまだまだ証明されていないことも多く、たったひとつの自分の体のために、日々健康に関する情報を勉強していくしかないな、と思ってます。

ただ、こういったことを調べるのは結構大変だと思うので、僕が調べた情報をこういう風に配信することで、みなさんのお役に立てればと考えているので、もし知りたいことなどあれば公式LINE・twitterで教えてもらえると幸いです!

以上、今日も健やかな一日を過ごしましょう!

Powered by Froala Editor