クルクミン

クルクミンの概要(効果や効能)

クルクミンは、カレー粉のスパイスに混合してあるターメリックに含まれる黄色の色素で、スパイスや、食品添加物として利用されています。抗酸化作用があり、肝臓によいとされるほか、発がんを抑制すると言われています。

クルクミンの安全性(注意点や副作用)

摂取により、肝機能障害や皮膚炎を引き起こすことがあります。

クルクミンを含む食品

ウコン、食品添加物など

  • 成分情報をシェア