茶カテキン(メチル化カテキン)

茶カテキン(メチル化カテキン)の概要(効果や効能)

メチル化カテキンは、お茶に含まれるポリフェノールの一種で、茶カテキンと呼ばれます。緑茶や、紅茶、烏龍茶の茶葉に含まれますが、収穫時期により含量が異なります。抗アレルギー作用や、抗酸化作用があるほか、血圧上昇や動脈硬化を抑えると言われています。

茶カテキン(メチル化カテキン)の安全性(注意点や副作用)

カフェインが含まれているため、過剰摂取は危険とされています。サプリメントなど、濃縮物として摂取する場合の安全性は確立されていません。

  • 成分情報をシェア