ペクチン

ペクチンの概要(効果や効能)

ペクチンは主に植物の細胞間に存在し、食品添加物として、加工食品の増粘安定剤、ゲル化剤などとしての使用が認められています。整腸作用があるほか、コレステロールを低下させると言われています。

ペクチンの安全性(注意点や副作用)

特になし

ペクチンを含む食品

かんきつ類、りんごなど

  • 成分情報をシェア