【徹底解説】L-チロシン、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/04

エナジーステアリンチロシン集中力の強化商品解説


L-チロシンはうつ病・ストレスを予防・緩和したり、集中力を高めたりする効果があるとされてきます。その理由は様々な症状に効果的と期待されているL-チロシンが配合されているからです。今回はそんなL-チロシンについて紹介します。

概要

L-チロシン(NOW Foods・ナウフーズ)は錠剤タイプのサプリメントです。サプリメントの名前であるL-チロシンが配合されているためうつ病を改善したり、集中力を高めたりする効果があるとされています。そのため最近仕事に身が入らない方や感情の起伏が激しい方におすすめのサプリメントです。1日の目安摂取量は1日1粒3回です。

成分解説

L-チロシン

L-チロシンはアミノ酸の一種で必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニンによって生成されます。神経細胞をコントロールするアドレナリンやノルアドレナリン、やる気の要因とされているドーパミンなど神経伝達物質を生成する効果があると示唆されています。また成長を促したり、代謝や自律神経を整える甲状腺ホルモンの分泌をサポートしたりする効果もあるとされています。

 L-チロシンが欠乏すると甲状腺ホルモンや神経伝達物質の分泌が減少し、代謝活動が低下したり、うつ病を引き起こしたりする恐れがあります。また小さいお子さんがチロシン不足に陥ると、発達障害や成長障害を引き起こす恐れがあります。そのため食事やサプリメントなので摂取を心掛けましょう。 L-チロシンが含まれる食材はチーズなどの乳製品やたらこ、落花生、大豆などに多く含まれています。

うつ病の改善

L-チロシンは脳や神経に作用し、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌を促進する効果が期待されています。ドーパミンは脳を興奮状態にしてやる気を起こさせる効果があるとされています。またノルアドレナリンは脳を緊張状態にし、集中力を高める材料として期待されています。ドーパミンやノルアドレナリンが不足すると無気力や無関心のような症状が起こり、うつ病につながる恐れがあります。そのためチロシンにはうつ病改善効果が示唆されています。

集中力の向上

先ほど紹介したように、L-チロシンにはやる気を促進させるドーパミンや脳を緊張状態にするアドレナリンの分泌を促進する効果があるとされています。そのようなホルモンが分泌されると脳の働きが活性化し、集中力が高まるとされています。

ストレスの緩和

L-チロシンにはストレス・疲労を予防・緩和する効果が示唆されています。人は強いストレスにさらされると神経細胞をコントロールするアドレナリンやノルアドレナリンを消費し、ストレスが蓄積されやすくなります。L-チロシンはストレスによって消費するアドレナリンやノルアドレナリンの生成をサポートするためストレス予防にぴったりとされています。

またL-チロシンは慢性的な疲労を改善する効果・効能も示唆されています。慢性的な疲労は精神的・身体的な原因があるのではなく、長期間に渡って蓄積され続けた疲労が原因です。L-チロシンは神経伝達物質を生成し、脳を活発にすることで慢性的な疲労を改善すると期待されています。

白髪予防

L-チロシンには白髪予防効果があるとされています。L-チロシンは黒髪を形成したり、紫外線からDNAを守ったりするメラニン色素の生成を促進し、白髪を予防するとされています。メラニン色素が生成されない要因はストレスや老化、栄養不足などです。

摂取する際の注意点

L-チロシンを過剰摂取すると肌のシミやそばかすの原因とされているメラニンの過剰分泌が起こる可能性があります。またL-チロシンを摂取することで増加するノルアドレナリンは血圧の上昇を招くとされています。そのため高血圧の方が服用する際はかかりつけの医者や薬剤師の方に相談してください。 このような思わぬ副作用の発症を防ぐために、1日の用法・用量を守って服用しましょう。

最後に

 

今回はL-チロシンについて紹介しました。L-チロシンは脳や神経に作用しドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンの生成をサポートします。そのためうつ症状やストレスの予防・緩和、集中力の向上などさまざまな効果が期待されています。この記事がサプリ選択の参考になれば幸いです!お読みいただきありがとうございました!

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事