【徹底解説】ビタミンD・K、効果・副作用を色々な文献で調べてみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/06/05

ビタミンDビタミンK骨を強くする商品解説


ビタミンD、ビタミンK(Life Extension)は骨を強くしたり、動脈硬化を防止したりする効果が期待されています。そのため骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や血行不良を防止したい方におすすめです。今回はそんなビタミンD、ビタミンKの成分を徹底解説していきます。

概要

ビタミンD、ビタミンK(Life Extension)は錠剤タイプのサプリメントです。主に骨を強くしたり、血液の循環を改善したりします。その理由は丈夫な骨を作る働きをサポートするビタミンDや血液が凝固しすぎないよう働くと示唆されているビタミンKが配合されている方です。1日の目安摂取量は1日1粒です。海外のサプリメントなので日本人に合わず頭痛や吐き気、発疹等の副作用が発生する可能性があります。そのため初めて摂取する際は、錠剤を半分にするなどして量を調節しながら摂取してください。

成分解説

ビタミンD

ビタミンDは骨を強くする効果が期待されています。なぜならビタミンDには2つの働きがあるとされているからです。1つ目は小腸・腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きです。2つ目は血中のカルシウム濃度を維持し、健康な骨を作る働きです。 食事摂取基準(2015年版)によると日本人のビタミンDの1日の摂取目安量は18歳以上の男女ともに5.5㎍ (マイクログラム)と言われています。

ビタミンDが不足すると体内でカルシウム不足が起こり、成人は骨軟化症、お子さんは骨の成長障害が起こり姿勢の悪化や骨の変形、くる病などのリスクが高まります。高齢者は骨粗鬆症になりやすくなります。またビタミンDを過剰に摂取してしまうと血中にカルシウムが大量に溜まってしまいます。その結果血管や腎臓、肺などにカルシウムが蓄積され、腎機能障害や食欲不振、嘔吐などの症状が現れることがあります。

そのためサプリメントなので過剰に摂取しないよう1日の用法・用量を守りましょう。 ビタミンDが多く含まれている食材はキクラゲや本しめじ、しいたけなどのキノコ類やあんこうやイワシ、ニシンなどの魚介類に豊富に含まれています。ビタミンDはビタミンCと異なり熱に強く、炒め物や揚げ物など油とともに摂取することで吸収率を上げられます。

ビタミンK

ビタミンKは様々な種類があります。天然のものは大きく植物の葉緑体から生成されるビタミンK1(フィロキノン)と微生物から生産されるビタミンK2(メナキノン類)に分かれます。 ビタミンKは出血の際に血液を固めたり、骨の健康を維持したりする効果が期待されています。また血管の健康を保ち動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの症状を予防すると示唆されています。 

食事摂取基準(2015年版)によると日本人成人のビタミンKの1日の摂取目安量は男女ともに150㎍とされています。ビタミンKを過剰摂取しても副作用を発症するリスクがないとされているため、上限量は設定されていません ビタミンKは様々な食事に含まれていたり、体内で生成できたりするため不足することは稀です。しかし体内の機能が整っていなかったり、低下したりするお子様や高齢の方はビタミンKが不足しがちです。

ビタミンKが枯渇すると骨がもろくなったり、新生児メレナ(消化管出血)を発症したりする恐れがあります。そのため周りにお子さんや高齢の方がいらっしゃる際は注意しましょう。 ビタミンK1を多く含む食品は緑茶や海藻、しそやモロヘイヤなどの緑黄色野菜です。ビタミンK2は発酵食品の納豆に特に多く含まれます。ビタミン系は脂溶性なので油と一緒に摂取すると吸収率が高まるとされています。

ヨウ素

ヨウ素とは食品中に含まれるミネラルです。要素の効果・効能は身体の代謝を高めたり、妊娠・授乳期の胎児や乳児の骨・脳の発育をサポートしたりするとされています。そのため妊娠中の女性は 積極的に摂取したい成分です。過剰に摂取すると甲状腺ホルモンが生成されなくなり甲状腺の機能の低下になるリスクがあります。そのためヨウ素が含まれている食品を過剰に摂取することなどは避けましょう。ヨウ素を含む食材はマグロやタラ、海藻、エビなどの海産物やヨーグルト・チーズなどの乳製品、野菜など様々な食材に含まれています。

摂取する際の注意点

ビタミンD、ビタミンK(Life Extension)を過剰に摂取することによって発症する副作用は報告されていません。しかし特定の成分を過剰に摂取する事は体に毒です。適量を超えて摂取することで症状が緩和するわけではないので、1日の適量をしっかり守って服用しましょう。

最後に



ビタミンD、ビタミンK(Life Extension)について紹介しました。ビタミンDやビタミンKは骨を強くしたり、血液循環を良くしたりする効果が期待されています。そのため脂っこい食事が好きで生活習慣病を気にしている方や骨の健康が気になる方におすすめのサプリメントです。この記事がサプリ選択の参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事