トマトとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/12

トマト原材料解説

トマトとは?

トマト(学名:Solanum lycopersicum)は、南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産のナス科ナス属の植物の果実です。
果物ですが、一般的に野菜のように調理されることが多いです。

トマトは抗酸化物質であるリコピンの主要な供給源であり、心臓病や癌のリスクの低減など、多くのヘルスベネフィットに関連しています。
また、ビタミンCカリウム葉酸ビタミンKの優れた供給源でもあります。

トマトは成熟すると赤、黄色、オレンジ、緑、紫等さまざまな色になります。
さらに、トマトの亜種の多くは、形や味が異なります。

この記事では、トマトについて知っておくべき知識を全てご紹介します。

トマトの栄養価について

トマトの水分含有量は約95%です。
他の5%は主に炭水化物と食物繊維で構成されています。

以下にトマト(100グラム)の栄養価を示します:(参考

  • カロリー: 18 kcal 
  • 水: 95% 
  • タンパク質: 0.9グラム 
  • 炭水化物: 3.9グラム 
  • 砂糖: 2.6グラム 
  • 食物繊維: 1.2グラム 
  • 脂肪: 0.2グラム 


炭水化物 トマトの4%は炭水化物で、中程度の大きさのトマト(123グラム)の炭水化物は5グラム未満です。

炭水化物含有量の約70%はブドウ糖や果糖などの単糖です。

食物繊維 トマトは食物繊維の優れた供給源であり、中程度の大きさのトマトには約1.5グラム含まれています。

トマトの繊維のほとんど(87%)は、ヘミセルロース、セルロース及びリグニンで不溶性食物繊維です。(参考


まとめ: トマトは炭水化物が少ないです。炭水化物は主に単糖と不溶性繊維で構成されています。トマトの95%は水分です。


トマトに含まれるビタミンとミネラル

トマトはビタミンやミネラルの優れた供給源です。

ビタミンC

必須の栄養素であり、抗酸化物質です。

中型のトマト1個に基準日摂取量(RDI)の約28%が含まれています。 

カリウム

必須ミネラルであり、血圧管理と心臓病の予防に効果があります。(参考) 

ビタミンK1

フィロキノンとしても知られており、血液凝固と骨の健康に重要です。(参考1参考2) 

葉酸(ビタミンB9)

ビタミンB群の1つであり、正常な組織の成長と細胞機能に重要です。
妊婦にとっては特に重要です。(参考1参考2) 


まとめ: トマトは、ビタミンC、カリウム、ビタミンK、葉酸等ビタミンやミネラルの優れた供給源です。


他の植物性化合物

トマトのビタミンと植物性化合物の含有量は、品種と収穫期間によって大きく異なります。(参考1参考2参考3

トマトの主な植物性化合物は以下のとおりです。

  • リコピン:赤い色素と抗酸化物質であり、そのヘルスベネフィットについて広く研究されています。(参考) 
  • ベータカロチン:食品に黄色やオレンジ色の色を与える抗酸化物質で、体内でビタミンAに変換されます。 
  • ナリンゲニン:トマトの皮から発見され、研究結果からマウスの炎症を軽減し、さまざまな病気から保護する効果があることが示されています。(参考) 
  • クロロゲン酸:強力な抗酸化化合物であり、高血圧の人の血圧を下げる可能性があります。(参考1参考2) 


トマトの豊かな色はクロロフィルとリコピンのようなカロチノイドによるものです。

熟成プロセスが始まると、クロロフィル(緑)が分解され、カロテノイド(赤)が合成されます。(参考1参考2

リコピン

熟成トマトの中で最も豊富なカロチノイドであるリコピンは注目に値します。
トマトの皮に最高濃度で含まれていることが報告されています。(参考1参考2

一般的に、トマトが赤くなるほど、リコピンが多くなります。(参考
ケチャップ、トマトジュース、トマトペースト、トマトソース等のトマト製品は、西洋食のリコピンの最も豊富な食物源であり、米国の食物由来リコピンの80%以上を提供しています。(参考1参考2
調理されたトマト製品中のリコピンの量は、しばしば新鮮なトマトよりもはるかに高い値です。(参考1参考2

例えば、ケチャップは100グラムあたり10〜14 mgのリコピンが含まれていますが、生のトマトは100グラムあたり1〜8 mgしか含有していません。(参考

ただし、ケチャップは1回あたり非常に少量摂取されることに注意してください。
したがって、生のトマト(ケチャップよりはるかに砂糖が少ない)を食べることでリコピンの摂取量を増やす方が簡単です。

その他の食品がリコピンの吸収に強い影響を与える可能性があります。
この植物性化合物を脂肪源とともに摂取すると、吸収が最大4倍に増加します。(参考

しかし、誰もが同じ速度でリコピンを吸収するわけではありません。(参考
トマト製品のリコピン含有量は高いですが、可能な限り新鮮な生トマトを摂取することをお勧めします。


まとめ: リコピンは、トマトに最も多く含まれている植物性化合物の1つです。ケチャップ、ジュース、ペースト、ソースなどのトマト製品に最も高濃度に含まれています。


トマトのヘルスベネフィット

トマトとトマト製品の摂取は、皮膚の健康状態の改善及び心臓病や癌のリスクの低下に関連しています。

心臓の健康

心臓病(心臓発作や脳卒中を含む)は、世界で最も一般的な死因です。

中年男性を対象とした研究では、リコピンとベータカロチンの血中濃度が低いと心臓発作や脳卒中のリスクが増加したと報告されています。(参考1参考2
臨床試験からのエビデンスによると、リコピンの補充がLDL(悪玉)コレステロールの低下に役立つ可能性があることを示唆しています。(参考

トマト製品を用いた臨床試験は、炎症と酸化ストレスのマーカーに対する利点を示しています。(参考1参考2
また、血管の内層に対して保護効果を示し、血液凝固のリスクを低下させる可能性があります。(参考1参考2

がん予防

がん細胞は無秩序に増殖し、体のあらゆる部分に浸潤します。

臨床研究では、トマト(トマト製品含む)が前立腺がん、肺がん、胃がんの発生率の低下に関連があることが示唆されています。(参考1参考2
高いリコピン含有量が影響していると考えられていますが、因果関係を確認するためにはより詳細なヒトを用いた研究が必要です。(参考1参考2参考3

女性を対象とした研究によると、高濃度のカロテノイド(トマトには大量に含まれています)が乳がんを予防する可能性を示唆しています。(参考1参考2

皮膚の健康

トマトは皮膚の健康に有益であると考えられています。

リコピンや他の植物性化合物が豊富なトマト製品は、日焼けを防ぐ可能性があります。(参考1参考2

ある研究によると、10週間毎日40グラムのトマトペースト(16 mgのリコピン含有)とオリーブオイルを摂取した人は、日焼けの度合いが40%少ないことが示されました。(参考


まとめ: トマトとトマト製品は、研究結果から心臓病やいくつかの癌のリスクを減らす可能性があることが示されています。また日焼けを防ぐため、肌の健康にも役立ちます。


トマトの商業用の成熟プロセス

トマトが熟し始めると、エチレンと呼ばれるガス状ホルモンが出ます。(参考1参考2

商業的に栽培されたトマトは、緑で未熟な状態で収穫、輸送されます。
販売する前に食品会社は人工エチレンガスを噴霧して成熟させます。
このプロセスは、自然な風味の発達を阻害し、味のないトマトをもたらす可能性があります。(参考

したがって、地元産のトマトは自然に熟成できるため、味が良くなる場合があります。
未熟トマトを購入する場合、それらを新聞紙に包み、数日間キッチンカウンターに置いておくことで、熟成プロセスをスピードアップできます。ただ、毎日成熟度をチェックしてください。


まとめ: トマトは多くの場合、未熟な状態で収穫され、エチレンガスで人工的に熟成されます。これにより、自然の風味が損なわれることがあります。


トマトの安全性と副作用

トマトは一般的に忍容性が高く、アレルギーを発症する人は非常にまれです。(参考1参考2

アレルギー

トマトアレルギーはまれですが、花粉にアレルギーのある人はトマトアレルギーを持つ可能性が高くなります。

この状態は、花粉食物アレルギー症候群又は口腔アレルギー症候群と呼ばれています。(参考
口腔アレルギー症候群では、花粉に似た果物や野菜のタンパク質が口腔内を攻撃し免疫系が活性化するため、口のかゆみ、のどのかゆみ、口や喉の腫れなどのアレルギー反応を引き起こします。(参考

ラテックスアレルギーの人は、トマトとの交差反応が起こることがあります。(参考1参考2


まとめ: トマトは一般に忍容性が高いですが、花粉にアレルギーのある人はアレルギー反応を引き起こす可能性があります。


結論

トマトはジューシーで甘く、抗酸化物質が豊富で、いくつかの病気に効果がある可能性があります。

心臓の健康の改善、癌の予防、および日焼けからの保護に関連する植物性化合物であるリコピンを特に多く含んでいます。

トマトは健康的な食事の重要な部分になります。

リコピンをサプリで試してみたい方は、「NOW Foods(ナウ・フーズ)のリコピン 」から使用してみると良いでしょう。
ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事

サイドバーコンテンツ

ライター募集中

カテゴリー

人気のキーワード

ビタミンACE販売ページ

人気の記事

新着記事