サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

パッションフラワーとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

パッションフラワーとは

パッションフラワーは500種類ほどの種があることが知られており、この植物の科はトケイソウとしても知られています。

いくつかの研究ではその特定の種は医学的な利益をもたらす可能性があることを示唆しています。例えば、トケイソウ インカルナタは不安症不眠症を治す手助けをするかもしれません。

アメリカ原住民は様々な症状の治療にパッションフラワーを使用してきました。その症状には吹き出物や創傷、耳痛そして肝臓の疾患が含まれます。

ヨーロッパの人々は不穏や興奮といった治療にトケイソウ インカルナタを使用してきました。そして不安症の治療にそれを使う人々もいます。

またトケイソウ インカルナタの実は、ある特定の飲料の風味付けにも使用されています。

パッションフラワーの効果

信頼できる情報源( National Center for Complementary and Integrative Health)によると、トケイソウ インカルタナの応用の可能性を評価するため、更なる研究が必要とされています(参考)。

いくつかの研究ではトケイソウ インカルタナが不安症や不眠症を緩和する手助けをするかもしれないと言われています。

パッションフラワーの他の種は胃の疾患の治療に役立つ見込みがあります。

リラックス効果

トケイソウ インカルタナはパープルパッションフラワーやメイポップといった沢山の一般的な名前があります。先行研究では、不眠症や不安症を和らげる手助けをする可能性が示唆されています。

トケイソウ インカルタナは脳のγ-アミノ酪酸(GABA)の量を増大されると考えらています。

この化合物は脳の活性を鎮めることで、あなたをリラックスさせたり、良い睡眠をとるための手助けをするのかもしれません。

検証試験では、被験者がパープルパッションフラワーのハーブティーの一日量を毎日飲用しました。7日後には、被験者らの睡眠の質が向上したという報告がありました。(参考) 

パープルパッションフラワーは、成人の軽度な睡眠障害をうまくコントロールする手助けとなることを研究者らは提唱しています。

いくつかの検証試験では、パープルパッションフラワーが不安も和らげることが示されました。

報告されている研究では、手術の予定がある患者に対する効果を調べました。パープルパッションフラワーを摂取した患者はプラセボを摂取した患者よりも不安が少なかったという報告がされました。(参考

GABAについては『γ-アミノ酪酸(GABA / ギャバ)とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説』で詳しく解説をしているので気になる方はぜひチェックしてみてください。

胃への健康作用

トケイソウ科の別の種は胃の問題を解決してくれるかもしれません。

トケイソウ フォエティダは臭いのきついパッションフラワーとして、より一般的に知られています。

報告されている研究では、研究者らは胃潰瘍治療の可能性を探索しました。彼らはトケイソウ フォエティダがラットの潰瘍を緩和する手助けをしたことを発見しました。(参考

パッションフラワーの副作用

確かな情報源(NCCIHT)によると、パッションフラワーは一般的に安全と考えられます。(参考
しかし、以下のいくつかの副作用を起こすかもしれません。

可能性のある副作用

  • 眠気
  • めまい
  • 錯乱


このことから、鎮静剤と一緒に服用することは避けましょう。
また妊娠中や授乳中の女性にも安全ではありません。もしあなたが妊娠していた場合、筋攣縮を起こすかもしれません。

最後に

ハーブティーをつくるために、沸騰したお湯に乾燥させたパッションフラワーを加えると良いでしょう。また抽出液やカプセル、タブレットといった形でも見られます。

代替治療としてパッションフラワーを使用する前に必ず医師に相談しましょう。医師はあなたにとって起こりうる効能とリスクの判断を手伝ってくれるでしょう。

また、alloehではサプリユーザーのクチコミから、「パッションフラワー」サプリ・医薬品のランキングも作成しています。

ぜひ参考にしてください。


Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断