アセトアミノフェンとは?エビデンスをもとに副作用や注意点を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/02/08

アセトアミノフェン成分解説

はじめに

これまでに痛みを減らしたり熱を下げるためにタイレノールを摂取したことがありますか?もしそうであればあなたはアセトアミノフェンを摂取したことがあるということです。アセトアミノフェンはタイレノールの一般的な名前です。

この薬はまた、多くのブランドの名前で売られており、また多くの市販薬の原料でもあります。知らないうちに摂取していたということもあり得ます。

アセトアミノフェンには副作用があります。ほとんどの人には起きませんが、たまに深刻な影響になります。

特に推奨量以上の量を摂取した場合によく起きます。この記事を読んでこの薬と副作用について学びましょう。副作用が起きたときの対処法やどのように副作用を避けるかについても書いてあります。

アセトアミノフェンとその作用について

アセトアミノフェンは軽い痛みと中程度の痛みを和らげることができます。これは風邪、喉の痛み、発熱、体や筋肉の痛み、生理痛、関節炎、歯の痛みに通常用いられます。熱を下げるのにも使われます。

どのようにアセトアミノフェンが働くかについては完全には知られていません。アセトアミノフェンは腫れや炎症を抑えるわけではありません。その代わり、脳内で痛みを感じる信号を伝える特定の化学物質の放出をブロックすると考えられています。

アセトアミノフェン(タイレノール)の副作用

アセトアミノフェンには副作用があります。しかしながら、ほとんどの人はそれを感じません。ほとんどの人はこの薬に耐性があります。まれにこの薬に対してアレルギー反応を起こすことがあります。最も気にすべき副作用は深刻な肝臓へのダメージです。それはアセトアミノフェンを使いすぎたときのみ起こることが多いです。

アレルギー反応

非常にまれなケースですが、アセトアミノフェンに対してアレルギー反応を起こす人がいます。もし以下のような反応がアセトアミノフェン摂取後に起こった場合は医療機関にかかるようにしてください。

  • 呼吸困難あるいは嚥下困難
  • 顔、唇、喉、舌の腫れ
  • じんましん
  • ひどいかゆみ
  • 皮膚の剥がれまたは水ぶくれ


深刻な肝臓へのダメージ

アセトアミノフェン中毒はアセトアミノフェンを摂取しすぎたときに起こります。肝臓はアセトアミノフェンを処理し別の物質へと変換します。より多くのアセトアミノフェンを摂取すると、肝臓はより多くその物質を変換によって作り出す必要があります。そして、それがあまりにも多い場合、その物質が肝臓にダメージを与えます。しかしながら、推奨量のアセトアミノフェンを摂取している分には肝臓のダメージをこの薬から受ける可能性は低いです。


肝臓がダメージを受けたときに起こる症状は以下の通りです。

  • 皮膚または白目が黄色くなる(黄疸)
  • 腹部の右上の痛み
  • 食欲減退
  • 倦怠感
  • 普段以上の発汗
  • 皮膚が青白くなる
  • 異常なあざや出血
  • 暗色あるいは茶色の尿
  • 暗色のタール状の便


もしアセトアミノフェンを摂取しすぎたかこの中にいずれかの症状を疑っている場合、中毒自己管理センターに連絡するかや医療機関の助けを求めてください。もし推奨摂取量以上のアセトアミノフェンを摂取したことがわかっている場合、これらの症状が出ていなかったり肝臓がダメージを受けたりしていなくても、一番近い救急室に行きます。もしもあなたの知っている人がアセトアミノフェンを摂取し反応がなくなったり呼吸が止まったりしたときは、救急車を呼ぶか地域の救急サービスに電話してください。

どのようにアセトアミノフェンの過剰摂取を防止するか

アセトアミノフェンの使いすぎはあなたが思っているよりも普通に起きます。それはアセトアミノフェンが多くの店頭販売されている薬の原料であるからです。どれだけの量のアセトアミノフェンを一日あたりに摂取したか記録をとってください。これにより使いすぎのリスクを低下させることができます。 アセトアミノフェンの上限は年齢や特定のライフスタイルの行動に影響されます。深刻な肝臓へのダメージは以下のような場合に起きるとされています。

  • 3グラム以上のアセトアミノフェンを24時間以内に摂取している成人
  • 24時間以内に5回分以上のアセトアミノフェンを摂取している子供 
  • たとえアセトアミノフェンを推奨通り飲んでいたとしても、すでに肝臓の病気であるか、肝臓にダメージを与える薬を飲んでいるか、一日に3杯かそれ以上の酒を飲んでいる人々


アセトアミノフェンを子供に与える前に、パッケージに書いてある指示をチェックして摂取量を確認してください。子供の摂取量は大抵年齢と体重をもとに書かれています。パッケージに書いてある内容がよくわからない場合は主治医や薬剤師が摂取量について聞いてみるとよいでしょう。

2歳未満の子供の場合はアセトアミノフェンを与える前に主治医に相談してください。そして、大人専用となっているアセトアミノフェン薬を子供に与えないようにしてください。

主治医に相談しましょう

正しい使用量で使う分にはアセトアミノフェンは安全で効果的な薬です。大抵は副作用もありません。しかしながら、使用量が多すぎると副作用は申告で時に致命的です。一日あたりの上限を超えないため、あなたが他に飲んでいる薬にアセトアミノフェンが含まれていないか確認すべきです。もしあなたの投薬計画にアセトアミノフェンが含まれている場合、主治医に摂取上限量について知るために相談してください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア