むくみ解消サプリはなぜ効くの?有効成分を徹底解説!

alloeh編集部

最終更新日:2020/01/18

ダイエットむくみの解消効果・お悩み

むくみの原因としては、

  • 塩分過多
  • 血の巡りの不足

の2つが挙げられます。


ですので、サプリでむくみを解消する場合も、この2つへのアプローチをすることになります。

今回はむくみサプリによく使われる成分それぞれを解説してみました。


むくみ対策によく使われる成分


  • カリウム
  • クマリン(メリロート)
  • ヨクイニン(はとむぎ)
  • 五苓散(漢方)


余分な塩分を排出してむくみを防ぐ「カリウム」


塩分をたくさん摂ると、塩分濃度を抑えようとして、身体に水分を多く蓄えてしまいます。

カリウムは、塩分を体外に排出する作用があるので、結果的に身体に蓄えられる水分が少なくなって、むくみが改善します。


血流をよくしてむくみを防ぐ「クマリン」


クマリンはメリロートというハーブに多く含まれている成分です。

DHCなどの有名メーカーも発売しているので、知っている方も多いのでは?


有名なサプリブランドである「わかさ生活」によると、
血液の流れが悪いと、余分な水分ととも老廃物が溜まり、むくみの原因になると言われています。
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/coumalin/


体内の水分を排出する「ヨクイニン」


ヨクイニンははとむぎとも呼ばれ、体内の余分な水分を排出します。


はとむぎに利尿作用があることは古来から知られているものの、

それがなぜ起こるのかについては未だ解明されていないようです。

http://www.jcam-net.jp/data/pdf/17018.pdf


医薬品としての効果が認められている「五苓散


サプリではありませんが、参考情報として、
漢方医薬品で、むくみに対する効能が認められてい五苓散。

五苓散と書いて、「ごれいさん」と読みます。


漢方医薬品の裏面に、


体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、

腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:

水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、

むくみ、二日酔

と効果が記載されています。


最後に


むくみにアプローチするサプリにも色々あるため、

実際に使ってみて、もっとも良かったものを愛用するのをおすすめします。


執筆: alloeh編集部
監修: サプリメントインストラクター 副島 侑汰朗

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア