話題のオルビス ディフェンセラの成分、グルコシルセラミドについて論文で調べてみた

Written by alloeh編集部

作成日:2020/01/09、更新日:2020/11/13

ビューティーグルコシルセラミド特定保健用食品肌の乾燥商品解説

化粧品ブランドのオルビスがリリースしたことで話題になった、トクホサプリのオルビスディフェンセラ。

肌の乾燥防止を飲むだけでできるサプリで、トクホで認定を取っています。

ちなみにトクホのことを説明すると、一般的には

  1. トクホ
  2. 機能性表示食品(ex. カロリミット etc)
  3. 普通のサプリ(ex. DHC ビタミンC etc)


の順で信頼性が高く、厚生労働省にきちんと届出して承認を得ないとトクホと表示することができません。

今回はそんなオルビスディフェンセラの主成分である「グルコシルセラミド」について説明します。


そもそもグルコシルセラミドとは?

セラミドとは脂質の一種で、肌細胞に自然に存在して表皮のおよそ50%を構成しています。通常、セラミドは肌が外部からダメージを受けるのを防いだり、水分を蓄えて肌の潤いを保つ機能を持っています。

一方で、セラミドが不足するとそれらの機能が正常に働かず、肌荒れやその他トラブルの原因となってしまいます。

グルコシルセラミドはセラミドの前段階の物質で、摂取によって体がセラミドを生成するのを助けるため、肌のコンディションを健康に保つのに役立つとされています。

ちなみに、セラミドに関しては以下の記事で詳しい解説をしているので、興味がある方はチェックしてみてください。


肌乾燥を防ぐアプローチ

まず肌が乾燥するロジックとしては、体内の水分が、

  • 肌の角層細胞というところを通過
  • 肌表面の細胞を通過
  • 肌の一番表側にある最外層を通過


というステップを経て流出し、蒸発などの理由で消えてなくなります。

グルコシルセラミドは、その3ステップに対して、

  • 肌の角層細胞のすきまをふさいで水分を出にくくする
  • 肌表面の細胞のすきまもふせいで水分を出にくくする
  • 肌の一番表側にある最外層を強くする


という対応をすることで、肌の乾燥を防いでいます。

このプロセスに関しての詳細はポーラさんが出している記事があるので、こちらをご覧ください

http://www.pola-rm.co.jp/ceramide/index.html


オルビスディフェンセラはヒト試験において『肌の水分を逃しにくくするため、乾燥が気になる方に適する』機能が確認されています。

また、この肌乾燥防止の効果は、顔だけでなく背中や手足など全身に対して期待できるものであるとされている点にも注目です。


皮膚の炎症にも効果あり

こちらはオルビスディフェンセラの適応ではないものの、

グルコシルセラミドの効果として、「皮膚炎症を治癒する」というものもあります

その他、皮膚や内臓に関する効果が様々な観点で研究されており、とても面白い素材だと思います。

臨床結果によると、3ヶ月程度の利用での効果発現が見込めるそうなので、気合いを入れて試してみるのもいいかもしれません。


執筆: alloeh編集部

監修: サプリメントインストラクター 副島 侑汰朗

Powered by Froala Editor


関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断