顔のニキビの原因は炭水化物!?サプリでできる治し方!【ビタミンB】

alloeh編集部

最終更新日:2019/11/18

ビューティービタミンB

おでこや鼻、口の周りなどにも出てしまう厄介な顔のニキビ。

今回はその意外な原因と対処法についてご説明したいと思います。


👶顔のニキビってなんでできるの?

顔にニキビが出てしまう原因の一つに、炭水化物(厳密には高GI食)をたくさん食べると、それがニキビの発生に繋がっちゃうかも?という考え方があります。

論文などで厳密に因果関係が証明されている訳ではないのですが、体感値としてもその通りな印象です。

そのロジックを説明します。まず、炭水化物は分解されるときにビタミンB群を消費します。

ただ、ビタミンB群は皮脂の分泌量をコントロールするという機能をもつため、炭水化物の分解にビタミンB群を使いすぎてしまうと、本来であれば顔の皮脂の量をコントロールするはずのビタミンB群が炭水化物の分解に使われてしまい、皮脂の量がコントロールできなくなってしまいます。

これによって、ニキビができてしまうというわけです。

また、炭水化物には、高GI食と呼ばれる血糖値を急激に上げてしまう食べ物が多いです。

血糖値が上がると、その血糖値を元に戻すためにインスリンという物質が体内に分泌されます。このインスリン、皮脂腺を刺激する作用があると言われており、これによってもニキビができやすい肌環境になってしまうと考えられます。

つまり、炭水化物を摂ることで顔の皮脂線を刺激してしまいニキビができてしまう、ということになります。


❓ どうやって対処すればいいの?

僕が考える打ち手は2つで、炭水化物をどうしてもたくさん食べたい時は、

① そもそも炭水化物を吸収させないようにする

② ビタミンB群を摂る

を意識しています。

ひとつめの「炭水化物を吸収させないようにする」に関しては、コンビニで売ってる「糖の吸収を抑えるお茶(からだすこやか茶)」なんかが一番手に取りやすいものかと思います。

これによって、そもそものビタミンB群消費量と、インスリンの発生量を抑えることができます。

ふたつめの「ビタミンB群を摂る」に関しては、シンプルにビタミンB群のサプリを摂って、ビタミンBの不足に備えておくのが良いでしょう。

手に入りやすさなどから、DHCのビタミンBミックスがオススメです。


✏️ あとがき

基本は食べ過ぎないのが一番ですが、どうしても食べたい時、これをするしないでニキビのできやすさが全然違うなと感じているので、同じような悩みのある方、ぜひ試してみてください!

Powered by Froala Editor