蜂の子

蜂の子の概要(効果や効能)

蜂の子は、蜂の幼虫やサナギを指し、中国では解毒などを目的として薬として用いられたとされ、ラテンアメリカやアジアなどで食用とされてきました。タンパク質、ビタミンA、B1、B2、鉄などを含み、栄養価が高いことで知られています。主にクロスズメバチやミツバチの幼虫が佃煮や甘露煮として市販されています。耳鳴りや難聴、疲労回復、老化防止によいと言われています。

蜂の子の安全性(注意点や副作用)

特になし

『蜂の子』のサプリ

  • 成分情報をシェア