サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

トンデケアの効果の根拠を解説!副作用や飲み方は?

Written by alloeh編集部

最終更新日:

トンデケアとは?

🙆‍♂️ 効果

ひざや腰・肩などの関節痛や神経痛を改善

🙆‍♀️ おすすめする方

肩こりや腰痛、関節痛などで痛みを感じている方

トンデケアは、関節痛や神経痛等の緩和に効果が期待できるとされている医薬品です。 トンデケアにはビタミンB1誘導体のフルスルチアミン塩酸塩やビタミンB6、B12等が配合されており、分類としては、第3類医薬品に該当するものとなっています。

💡 第3類医薬品とは?

第3類医薬品は、副作用・相互作用等の項目において一定以上の安全性上の注意が必要になる第1類医薬品・第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品を指します。 日常生活に支障を来す程度ではないものの、身体の変調・不調が起こる恐れがあるものが該当します。 

第3類医薬品に該当するものとしては、ビタミンB・C含有保健薬や、整腸剤などがあります。

今回の記事では、そんなトンデケアの効果や特徴、副作用や飲み方を含有成分などの根拠を元に解説していきます!


なぜ関節痛や神経痛に関する効果があるの?成分を解説!

トンデケアには、ビタミンB1誘導体であるフルスルチアミン塩酸塩やビタミンB6、ビタミンB12が配合されています。また、血流を促進するビタミンE等も含まれており、ひざや腰・肩などの関節痛や神経痛の緩和を目的とした配合となっていることがわかります。 

自律神経への効果を通じて関節の痛みを和らげることを目的として、ガンマオリザノールが配合されている点も特徴として挙げられます。

ビタミンB

トンデケアには、ビタミンB6・ビタミンB12さらにビタミンB3が含まれています。 

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)は神経の機能を正常に働かせる機能があるとされています。また、ビタミン12(シアノコバラミン)には末梢神経の機能を正常に保つ働きがあると考えられています。ビタミンB3(ニコチン酸アミド)は筋肉や神経組織の活動に必要なエネルギーの産生を促す効果があるとされています。 

また、ビタミンB1誘導体であるフルスルチアミン塩酸塩も含有されており、神経や筋肉の機能を保ち、整える効果が期待されています。

ビタミンB群についての詳細な解説は以下の記事を参考にしてみてください。


ビタミンE

トンデケアには、ビタミンE コハク酸エステルカルシウムが配合されており、血流を促進し、肩こりや腰痛を緩和する効果が期待されています。 ビタミンEは、健康な細胞の働きを阻害・破壊することで知られるフリーラジカルによるダメージを軽減するなど、強い抗酸化作用があると考えられています。

ビタミンEについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事も併せてチェックしてみてください。


ガンマオリザノール

ガンマオリザノールには、自律神経の働きを正常化し、関節の痛みを和らげる効果があると考えられています。 ガンマオリザノールは、コレステロール値の低減に対する効果が示唆されていることで有名な成分です。

ガンマオリザノールについてはこちらで解説をしています。


トンデケアの副作用は?

服用後に、皮膚の発疹やかゆみが表れた場合や、吐き気や嘔吐、口内炎や胃部の不快感が生じた場合には、副作用の可能性があるため直ちに服用を中止し医師等に相談するようにしましょう。 

また、服用後に生理が予定より早く来たり、経血量がやや多くなる可能性があります。出血が長く続く場合には、同様に医師や薬剤師または登録販売者に相談するようにしてください。

トンデケアの使い方は?

トンデケアの用法・用量は、成人(15才以上)で1日1回2〜3錠です。15才未満は服用しないようにしましょう。

最後に

今回はトンデケアについて解説してみました。

成分などについてより詳しく調べたい方は、この記事文中にある成分解説記事へのリンクなどからぜひ詳細を覗いてみてください。

医薬品には添付文書が付属しておりますので、摂取する際にはそちらの情報をしっかりと確認した上での利用を心がけるようにしてください。

ALLOEHの商品ページらからも確認できますので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。


Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断