サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

風邪予防に最適な成分やサプリメントは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

風邪とインフルエンザの違い

普通の風邪とインフルエンザの症状は初めは似ているように見えるかもしれません。確かに呼吸器系の病気で、同じような症状を起こすことがあります。しかしウイルスが異なるのでこの2つの症状は徐々に区別できるようになります。

風邪とインフルエンザには共通の症状がいくつかあります。どちらの病気でも、次のような症状がよくみられます。

  • 鼻水または鼻づまり
  • くしゃみ
  • 体の痛み
  • 全身疲労


一般的にインフルエンザの症状は風邪の症状よりも重いです。

両者のもう1つの顕著な違いは、その深刻さです。風邪が健康状態の問題を引き起こすことはめったにありません。しかし、インフルエンザは副鼻腔や耳の感染症、肺炎、敗血症を引き起こすことがあります。

症状が風邪によるものか、インフルエンザによるものかを判断するには、医師の診察を受ける必要があります。医師は症状の原因を特定する検査を行います。

担当医が風邪と診断した場合は、ウイルスが治まるまで症状を治療しましょう。治療法には市販の風邪薬 (OTC) の使用、水分補給、十分な休息などがあります。

インフルエンザにかかっている場合は、ウイルス感染の初期に市販のインフルエンザ薬を服用すると効果があります。安静と水分補給もインフルエンザ患者には非常に有益です。一般的な風邪と同じように、インフルエンザは体中に広がるのには時間がかかります。

本記事では「風邪」について、諸症状から、緩和・予防・治療方法まで多岐にわたって、解説します。

風邪の症状とは

風邪の症状が現れるまでには通常数日かかります。風邪の症状が突然現れることはめったにありません。風邪とインフルエンザの症状の違いがわかれば、治療法や医師の診察が必要かどうかの判断に役立ちます。

鼻の症状には以下のものがあります。

  • 副鼻腔圧
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 嗅覚または味覚の喪失
  • くしゃみ
  • 水様性鼻汁
  • 後鼻漏(こうびろう)または喉の奥の排膿


頭部の症状には以下のものがあります。

  • 涙目 
  • 頭痛 
  • 咳 
  • リンパ節腫脹(しゅちょう)


全身症状には以下のものがあります。

  • 疲労または全身疲労
  • 寒気
  • 体の痛み
  • 微熱
  • 胸部不快感
  • 深呼吸困難

大人の症状緩和方法

風邪の症状が出ている場合は、症状の緩和が重要です。治療法には大きく分けて2種類あります。

市販薬 (OTC)

風邪によく使われる市販薬には、鼻閉改善薬、抗ヒスタミン薬、鎮痛薬などがあります。一般的な 「風邪薬」 には、これらの薬の組み合わせが含まれることがあります。1種類以上の薬を誤って服用しないように、ラベルをよく読んで何を服用しているかを理解してください。

家庭療法

風邪に対して最も効果的で一般的な家庭での治療法には、塩水でうがいをする、安静にする、水分を補給するなどがあります。いくつかの研究では、エキナセアのようなハーブが風邪の症状を軽減するのに有効かもしれないことも示されています。これらの治療法では、風邪の治癒や治療はできません。代わりに症状を軽くし、緩和することができます。

高血圧の場合は、市販の風邪薬を飲む前に医師に相談してください。高血圧の人のほとんどは、これらの薬を問題なく服用できます。しかし充血緩和薬の中には、血管を狭くすることで効果を発揮するものもあります。これは血圧を上昇させることがあり、すでに血圧に問題がある場合は薬が症状を悪化させることがあります。

子供の症状緩和方法

米国食品医薬品局 (FDA) は、4歳未満の小児が市販の風邪薬を服用することを推奨していません。これを6歳までとする医師もいます。風邪薬については医師に相談してください。

次のような家庭用の治療法を活用して、小児の風邪症状を緩和します。

安静

風邪をひいている子供は、普通よりもぐったりして怒りっぽくなります。風邪が治るまで学校を休みましょう。

水分補給

風邪を引いている子供たちは、水分を十分に摂ることが大切です。風邪はすぐに脱水症状を起こします。定期的に水を飲んでください。水は風邪によいです。お茶のような温かい飲み物は、喉の痛みを和らげるという二重の役割を果たします。

食べ物

風邪をひいている子どもは、普段ほど空腹を感じないかもしれないので、カロリーと水分を与えましょう。スムージーとスープは2つの良い例です。

塩水でうがい

温かい塩水でうがいをすると、喉の痛みを和らげることができます。生理食塩水のスプレー式点鼻薬も鼻づまりの解消に役立ちます。

温浴

温浴は発熱を抑え、風邪によくみられる軽い痛みを和らげる効果があります。

風邪薬の作用と副作用

成人と6歳以上の小児に最もよく使用される市販の風邪薬には、鼻閉改善薬、抗ヒスタミン薬、鎮痛薬などがあります。

鼻閉改善薬は鼻づまりや鼻づまりの緩和に役立ちます。抗ヒスタミン薬はくしゃみを防ぎ、鼻水を抑えます。鎮痛剤は風邪に伴う全身の痛みを和らげます。

OTC風邪薬の最も一般的な副作用には以下のものがあります

  • 目まい
  • 脱水
  • 口の渇き
  • 眠気
  • 吐き気
  • 頭痛


これらの薬は症状の緩和に役立つかもしれませんが、風邪の治療や期間の短縮には役立ちません。

高血圧と診断されたことがある場合は、市販の風邪薬を使用する前に医師に相談する必要があります。特定の薬は、血管を狭くして血流を減少させることで症状を緩和します。血圧が高いと、全身の血流に影響を及ぼすことがあります。

低年齢の子供はこれらの薬を服用すべきではありません。風邪薬の使いすぎや副作用は、幼い子供に深刻な問題を引き起こすことがあります。

風邪の診断

風邪で往診が必要になることはめったにありません。風邪の症状を認識するだけで診断できることが多いです。もちろん、1週間ほど経っても症状が悪化したり持続する場合は、医師の診察を受ける必要があります。インフルエンザやレンサ球菌咽頭炎など、別の症状が出ている可能性があります。

風邪を引いている場合は、1週間から10日程度でウイルスが死滅すると考えられます。インフルエンザにかかっている場合は、ウイルスが完全に消失するまでに同じ時間がかかることがありますが、5日目以降に症状が悪化していることに気づいた場合や1週間以内に消失しない場合は、別の病気にかかっている可能性があります。

あなたの症状が風邪によるものか、インフルエンザによるものかを確実に知る唯一の方法は、医師に検査をしてもらうことです。風邪とインフルエンザの症状と治療法は非常に似ているため、医師の診断を下すことは重要です。

風邪が治る期間

風邪は上気道のウイルス感染症です。ウイルスは抗生物質では治療できません。ほとんどの場合、風邪のようなウイルスは経過をみるだけでよいでしょう。感染症の症状は治療できますが、感染症自体を治療することはできません。

普通の風邪は大体7日間から10日間続きます。全体的な健康状態によっては、症状が出ている時間が長くなったり短くなったりします。例えば喫煙者や喘息患者では、症状が長く続くことがあります。

7~10日たっても症状が治まらない場合は、診察を受けましょう。症状が治まらない場合はインフルエンザやレンサ球菌咽頭炎など、より大きな問題がある可能性があります。

「熱を冷まして治す」ことについて

昔話で「熱を冷まして風邪を治す。」でという療法が語り継がれています。この格言は16世紀の考え方から来ています。食べ物を避けることは、熱が出たときに体を冷やすのに役立ちます。

今日の医学研究によると、「熱を与えて風邪を治す」が有力となっています。風邪のように体が感染症と闘っているときには、元気なときよりもずっと多くのエネルギーを消費します。そのためより多くのエネルギーを必要とします。

エネルギーは食物からとります。風邪をひいたときは、できるだけ早くウイルスをやっつけるのに十分なエネルギーを体に与えなければならないのは理にかなっています。しかし風邪は味覚を損なうので、食事を抜きたくなるかもしれません。体に十分なエネルギーがいきわたる様にしっかり食べてください。

熱は、体の免疫システムがウイルスを退治しようと戦っているサインです。熱が出ると体温が上がり、新陳代謝も活発になります。代謝が速ければ速いほど、より多くのカロリーを消費します。熱が上がるほど、体に必要なエネルギーが増えます。しかし風邪を食べ過ぎの言い訳にしてはいけません。ウイルスと闘うために体が十分なエネルギーを得るためには、普通に食べるだけでいいのです。

熱がある時どのような食事をとるべきか

病気になると、食べる気にはなれないかもしれませんが、体にはエネルギーが必要です。以下の食品は、風邪の回復に特に役立ちます。

鶏そば

塩味のスープは、あらゆる病気の古典的な「治療」です。特に風邪には非常に役立ちます。温かい液体は副鼻腔を開いて呼吸を楽にするのに役立ち、スープの塩分は喉の組織の炎症を和らげます。

ホットティー

お茶などの温かい飲み物は風邪に良いです。ハチミツを加えて、咳の痛みを鎮めます。生姜のスライスも炎症を抑え、うっ血を緩和します。しかし、コーヒーは飲まないほうがいいでしょう。カフェインは薬の作用を妨げ、脱水のリスクを高めます。

ヨーグルト

ヨーグルトには腸の健康を増進する何十億もの健康なバクテリアが含まれています。腸内に健康な微生物がいれば、風邪をはじめとするさまざまな病気に打ち勝つのに役立ちます。

アイスキャンディー

熱いお茶のように、アイスキャンディーはのどの痛みの感覚をなくし、痛みを和らげるのに役立ちます。低糖質の種類を探したり、ヨーグルト、フルーツ、ナチュラルジュースで 「スムージーポップ」 を作ってみてください。

風邪を引いたときに覚えておくべき重要なことは水分補給です。定期的に水や温かいお茶を飲んでください。風邪をひいている間はカフェインやアルコールを控えましょう。どちらも風邪の症状を悪化させることがあります。

風邪をひかないために

風邪はとても軽いものですが、風邪をひくと不自由です。インフルエンザのように風邪を予防するワクチンは手に入りません。寒い季節には、ウイルスをもらわないようにするために重要なことがあります。

風邪の予防には4つのコツがあります。

手を洗う

石鹸と水は細菌の拡散を防ぐ最善の方法です。抗菌ジェルやスプレーは、洗面台がない時の最後の手段としてのみ使用してください。

摂取するものを気をつける

ヨーグルトなどの菌を多く含む食品をたくさん食べるか、毎日プロバイオティクスサプリメントを摂取してください。腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を健康に保つことは健康全般に役立ちます。

病気の人を避ける

病気の人が仕事や学校に来てはいけない一番の理由です。オフィスや教室のような狭い場所でも細菌を共有するのはとても簡単です。気分の悪い人がいることに気づいたら、その人を避けるようにしましょう。手に触れた後は必ず手を洗ってください。

口を覆う

気分が悪くなっている場合は、周囲の人に感染させないようにしましょう。咳をティッシュでカバーするか、咳とくしゃみを手などで覆い、細菌を巻き散らかさないようにしましょう。

風邪の原因とは

ウイルスはしばしば冷たいライノウイルスで、人から人へ感染します。ウイルスは数日間生きることができ、ウイルスに感染した人がドアのハンドルに触れた場合、その後数日間は同じハンドルに触れた人がウイルスに感染することがあります。

皮膚にウイルスが付着しているからといって、病気になるわけではありません。病気が移るのは、目や鼻、口にウイルスが入り込む時です。

風邪のリスクがある時

特定の状況では風邪をひくリスクが高くなります。例えば次のものがあります。

1年のうちの特定の時期

風邪は1年のうちのどの時期にも起こりますが、秋と冬によくひきます。

年齢

6歳未満の子供は風邪を引きやすいです。デイケアや保育施設で他の子供と一緒にいる場合、リスクはさらに高くなります。

環境

飛行機やコンサートなど、大勢の人の周りにいるとライノウイルスに感染する可能性が高くなります。

免疫力の低下

慢性的な病気にかかっていたり、最近病気にかかっていたりすると、風邪のウイルスにかかりやすくなります。

喫煙

喫煙者は風邪をひくリスクが高くなります。また、かかるとひどくなる傾向があります。

おわりに

風邪はインフルエンザと似た症状が起こるものですが、日が経つにつれて、別々の症状が出てきます。一週間程度経っても症状が治らない場合は、風邪以外の病気の可能性があるため、医師に相談しましょう。

また、子供と大人で症状緩和の方法は少し変わります。しかし、温かいものを飲んだり、ヨーグルトを摂取することや、風邪をひかないための手洗いうがいや、人を避けることは大人も子供も共通して気をつけましょう。

自覚症状や周りの環境も考慮して、風邪だと思ったら早めに医師に相談するか、症状緩和の手を打つようにしましょう。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事