フラボノイドとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/04

フラボノイド成分解説

はじめに

フラボノイドとは、多くの野菜や果物に自然と含まれる各種化合物です。また、ワインやお茶、チョコレートなど植物から作られる製品にも見られます。食べ物に含まれるフラボノイドには6つのタイプがあり、それぞれ体内では異なる方法によって分解されます。

フラボノイドは抗酸化作用に優れ、日々、体から毒素を排出することを手助けします。

よりフラボノイドを摂取する食生活にすることは、体を健康に保ち、慢性的な健康問題のリスクを減らす助けとなるでしょう。

フラボノイドを含む食べ物

多くの植物はフラボノイドを含んでいます。以下が、6つのフラボノイドの亜型と、それらを含む食べ物です。

フラバノール

フラボノイドの中でも、このタイプは酸化防止剤の性質を持つことで知られています。循環器疾患や心疾患の症状を緩和する助けにもなるかもしれません。

  • 玉ねぎ 
  • ケール 
  • ぶどうと赤ワイン 
  • お茶 
  • 桃 
  • ベリー類 
  • トマト 
  • レタス 
  • エシャロット 
  • ブロッコリー 

フラバン-3-オール

このタイプのフラボノイドを含む食べ物は栄養がとても豊富です。下記のものに含まれます。

  • 白茶 
  • 緑茶 
  • 烏龍茶 
  • 紅茶 
  • りんご 
  • むらさき色のぶどうと赤ぶどう 
  • ブルーベリー 
  • いちご 
  • ココアとチョコレートを使った食品 

フラボン

フラボンは紫と白の花を咲かせる色素です。それは天然の殺虫剤としても働き、葉っぱを害虫から守ります。

また、体内での炎症を鎮める働きも持っている可能性があります。以下の食べ物に含まれます。

  • パセリ 
  • 赤唐辛子 
  • セロリ 
  • マモミール 
  • ペパーミント 

フラバノン

フラバノンは抗炎症作用で知られ、体重やコレステロール値を調整する助けもします。以下のような食べ物に含まれます。

  • レモン 
  • ライム 
  • オレンジ 
  • グレープフルーツ 

イソフラボン

イソフラボンは体内のホルモンバランスを一定に保つ働きを担い、主に大豆や大豆製品、ソラマメのようなその他の豆類に含まれます。

イソフラボンについて詳しく知りたい方は、『イソフラボンとは?更年期障害への効果やその他のメリットを解説』をチェックしてみてください。

イソフラボンをサプリで試してみたい場合、「ディアナチュラ 大豆イソフラボン」などがあります。ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

アントシアニン

アントシアニンは赤や紫、青色の花がもっている色素から自然に生産されます。それらはベリーの外皮や以下のようなベリーを使った製品に圧倒的に多く含まれます。

  • 赤や紫のぶどう 
  • 赤ワイン 
  • クランベリー 
  • ブルーベリー 
  • いちご 
  • ブラックベリー 

アントシアニンをサプリで試してみたい方は、「BlueRich Super Strength Blueberry Concentrate(アントシアニンサポート)」などがおすすめです。

フラボノイドの働きとは?

フラボノイドは、体内の細胞の活動を管理し、参加的ストレスによって引き起こされたフリーラジカルを撃退する助けをします。もっと簡単にいえば、それは日々、毒素やストレッサーから守りながら、より体が効率良く機能できるよう助けます。

フラボノイドは強力な抗酸化剤でもあります。それはつまり、体内に取り込まれた潜在的に有害な分子を取り除くことを助けます。あなたの体は自然に抗酸化剤を作り出しますが、それらはまたダークチョコレートや豆類、多くの果物や野菜にも含まれます。

炎症は、体の免疫反応の一つです。アレルギー誘発物質や細菌、毒素、その他の刺激物が炎症を引き起こし、不快な症状をもたらします。フラボノイドはその炎症反応を緩和することで、不快な症状を減らすのです。

フラボノイドの健康への効果とは?

異なるフラボノイドは、違った方法で健康を助けます。まず一つに、食生活においてフラボノイドを含む食事を増やすことは、高血圧を制御するのに有効的だといえるでしょう。少なくともフラボノイドの5つの亜型は、2015年に発表された信頼できる研究結果によると、明らかに高血圧を下げることがわかっています。

また、お茶やコーヒー、大豆に含まれるフラボノイドは、心臓発作や脳卒中の危険性を減らす助けとなります。”Journal of Translational Medicine”が発表したある研究では、フラボノイドを日々、たくさん摂取している人は、心血管の病気になるリスクが減ることがわかります。しかしながら、フラボノイドの心血管への効果についてはさらに研究する必要があります。

フラボノイドを多く摂取することは、2種糖尿病のリスクを減らす可能性もあります。2018年に行われたメタ分析の結果、フラボノイドを食事でたくさん摂取することは、2種糖尿病のリスクの低下と関係していることがわかりました。しかしながら、血糖コントロールにおけるフラボノイドの有効性を証明するにはさらなる研究が必要です。

フラボノイドの抗炎症作用や抗酸化作用は、研究者たちをフラボノイドの抗がん剤としての有効性の研究へと促しています。アフフラボノイドはがん細胞の増殖を止める助けになるかもしれないと研究では示されています。フラボノイドを含む食事と増やし、健康的な食生活を続けることは、ある一定のがんになるリスクを減らすかもしれません。

しかし、とはいえフラボノイドががんの治療に有効かどうかを確かめるにはさらなる研究が必要です。

まとめ

フラボノイドは多くの健康効果を持っており、食生活にも組み込みやすいのが特徴です。強力な抗酸化作用があり、炎症の症状を抑える働きもします。研究者たちは薬としてのフラボノイドの可能性を学び始めたばかりですが、その効果は約束されているでしょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事