キトサンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/30

ダイエットキトサン成分解説

キトサンについて

キトサンは糖の一種で、カニやロブスター、エビなどの甲殻類から得られます。それは主に薬に使用されます。
肥満や高コレステロール高血圧、クローン病に使用されます。また、高コレステロールや貧血、筋力と食欲の低下、高リン血症、睡眠障害(不眠症)などを含む腎不全によって引き起こされる問題にも使用されます。

一部の人々は、歯を失う可能性のある歯周炎の治療に歯茎にキトサンを直接適用するか、虫歯を防ぐためにキトサンの入ったガムを噛みます。また、ドライアイを治療するために目に使うこともあります。

提供者の組織の再構築を助けるために、形成外科医は時折、他の部位で使用するために組織を採取した箇所に、キトサンを直接用いることがあります。また、手術後に、出血を止めるために使うこともあります。

医薬品の製造においては、キトサンは錠剤の充填剤として使用され、特定の薬物の溶解方法を改善し、苦味を隠す働きをします。さらに、食品をより長持ちさせるのにも役立ちます。

どのように働く?

キトサンはえびやロブスター、カニの殻から抽出されます。 それは食物脂肪とコレステロールの吸収を妨げる可能性がある繊維状の物質です。 傷の治療に使用すると、血液の凝固を助けます。

キトサンが効果的であるもの

  • 高血圧:ちょっとした高血圧の人は、食卓塩の摂取量を減らすようにしばしば言われます。初期の研究では、食卓塩を少量のキトサンを含む食卓塩製品に置き換えると、単に食卓塩を減らすよりも血圧を下げられると示しています。
  • 手術からの回復:手術後に瘢痕組織が副鼻腔にできることがあります。 初期の研究では、キトサンのジェルを使用すると、瘢痕組織が付着するのを防ぐとさされています。 しかし、キトサンのジェルは腫れや感染症といったその他のリスクを減らすことはないようです。

エビデンスが不確かなもの

  • 出血:初期の研究は、キトサンで作られたジェルを使用すると、副鼻腔手術後に出血を止めることができると示しています。 このジェルは2分以内に機能します。しかし、すべての研究によって認められたわけではありません。 
  • クローン病(腸疾患:初期の研究では、キトサンとアスコルビン酸を組み合わせたものを摂取すると、クローン病の人を助ける可能性があると示唆されています。 
  • 虫歯:キトサンを含むチューインガムまたはキトサンを使ったうがい薬を使用すると、口内の虫歯の原因となる細菌の数が減少する可能性があります。 しかし、これらの製品が実際に虫歯を予防するのかどうか、信頼できるデータはありません。 
  • 歯垢:初期の研究では、キトサンのうがい薬で2週間口をすすぐことで、歯に歯垢が形成されるのを防ぐことができます。 
  • 歯周病(歯周炎):初期のいくつかの研究は、キトサンとアスコルビン酸塩を歯肉に直接用いると、歯周病の治療に役立つかもしれないと示唆しています。 
  • ドライアイ:初期の研究では、キトサンを含む目薬を使用すると、通常ドライアイを患っている人の目の乾燥が弱まったと感じられると示唆されています。 
  • 高コレステロール:キトサンがコレステロール値を下げるのに役立つかどうかはまだ明確ではありません。いくつかの研究は、キトサンを服用しても、高コレステロールの人の総コレステロールまたは悪玉低比重リポ蛋白(LDL)が下がらないことを示しています。しかし、他の研究では、高コレステロールの有無にかかわらず、キトサンがコレステロール値を下げることを示しています。キトサンを含むいくつかのものを組み合わせた製品は、高コレステロールに該当するか、しないかにかかわらず肥満の人々のコレステロール値を下げるようにも見えます。 
  • 高リンレベル(高リン血症):キトサン入りのチューインガムが、血液透析を受けている人々のリン濃度を下げるのに役立つかどうかは不明です。研究結果は矛盾しており、さらなる研究が必要です。 
  • 腎不全:初期の研究は、口内にキトサンを摂取することは腎不全を患って血液透析を受けている人々のコレステロール値を下げ、貧血を解消することを助け、肉体的な強さや食欲、睡眠を改善することを助けるかもしれないtしています。 
  • 形成外科:初期の研究は、キトサンを特別な形で直接的に手術部位に用いることは、術後の瘢痕組織を減らし治療を助けるかもしれないとしています。 
  • 減量:キトサンが原料に役立つかどうかははっきりしていません。いくつかの 研究はキトサンとローカロリーダイエットを組み合わせると、少量ながら体重が減ると示唆しています。しかし、カロリー制限をすることなくキトサンだけを摂取しても体重を減る助けにはなりません。 
  • 外傷の治療:初期の研究は、キトサンを皮膚の移植片に適用すると、外傷の治癒が促され、神経の成長を助けると示唆しています。 また、キトサンと他の成分を含むジェルを使用すると、歯を抜くような痛みを得た後の治療が進む可能性があります。 


これらの用途に対するキトサンの有効性を確かめるには、より多くのエビデンスが必要です。

キトサンの副作用と安全性

キトサンは、最大で6か月間口から摂取したり、短時間皮膚に塗布したりする分には、多くの人々にとって安全だと考えられます。口から摂取すると、軽度の胃の不調や便秘、ガスが生じることがあります。皮膚に使用すると、刺激を引き起こす可能性があります。

特別な予防措置と警告

妊娠中と授乳中の女性:妊娠中または授乳中の場合、キトサンを口から摂取することの安全性に関する十分な信頼できる情報はありません。安全をとって、キトサンの使用を避けてください。

貝アレルギーの人:キトサンは貝の外骨格からとられます。そのため貝アレルギーの人は、キトサンにもアレルギー反応を起こすかもしれないという懸念があります。しかし、貝にアレルギーのある人は、殻の方ではなく身の方にアレルギーがあります。そのため一部の専門家は、キトサンは貝アレルギー患者にとってそれほど問題ではないかもしれないと提言しています。

キトサンの相互作用

この組み合わせには注意してください。

  • ワルファリン(クマディン)はキトサンと相互作用します 

ワルファリンは抗凝血剤です。 キトサンを服用するとワルファリンの血液希釈効果が高まる可能性があると懸念されています。 キトサンをワルファリンと併用すると、あざや出血の可能性が高まる可能性があるため、もしあなたがワルファリンを服用するなら、キトサンの服用は避けてください。

キトサンの服用について

以下が、学術研究において研究されてきた服用量です。

口からの服用:

  • 高血圧の場合:通常の食卓塩の代わりに、キトサンを含む食卓塩製品を毎日最大3gまで。 


皮膚に用いる:

  • 手術からの回復時:副鼻腔の手術後10分間、医療従事者によってキトサンジェルを副鼻腔に塗布。 

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事