AOR社のProbiotic-3、日本語情報が少ないので海外サイトを翻訳してみた

alloeh編集部

最終更新日:2020/01/18

ヘルス乳酸菌免疫力を高める商品解説

プロバイオティクスに人気が少しずつ出てきて、Probiotic-3を使ってる方をよく見かけます。

そんなProbiotic-3ですが、日本語情報がとても少ないので、今回は公式の商品紹介ページを翻訳してみます。


サマリー


炎症反応を正常化し、解毒を促進、免疫のサポート

アレルギーの軽減

下痢の予防


商品紹介


Probiotic-3は、Enterococcusfaecium T-110、Clostridium butyricum TO-A、Bacillus subtilis TO-Aという三種の細菌種からなるサプリメントです。

北米市場では新しいものですが、50年以上にわたって、アジアの病院や薬局で使われています。


Enterococcusfaecium T-110は、胃の中のpH値を下げて、酸性に保つことで、有害な細菌の増殖を防ぎます。C. butyricum TO-Aは、食物繊維を有益な栄養素に変換します。


臨床研究では、アレルギーの軽減、免疫力の改善、便秘、下痢の軽減、解毒作用の強化など、幅広い健康上の利点が示されています。


Probiotic-3は、各細菌同士で相乗効果が働くように、細菌を選定しました。


保証


AORは、すべての成分がラベルに表示されていることを保証します。


成人の投与量


毎日2〜3カプセルを服用してください。


免責


製品の説明は、情報提供のみを目的としており、資格のある医療専門家の個人に医学的アドバイスを提供または置換することを意図したものではありません。

健康上の懸念がある場合、および新しい食事、運動、サプリメント、またはその他のライフスタイルの変更を開始する前に、医師に相談してください。


成分量


Enterococcus faecium T-110: 1,800万CFU
Clostridium butyricum TO-A: 60万CFU

Bacillus subtilis TO-A: 60万CFU

※ 1カプセルあたり


研究情報


細菌性膣炎および膣炎の16例で有効性がテストされました。2gの用量のプロバイオティクスを膣に挿入し、投与の3日後に患者を評価しました。臨床医は、3日後、女性は膣分泌物、膣の発赤、および膣のpHが有意に低下したことに留意した。細菌調査では、7/16症例が完全に根絶され、排出スワブで検出された35株のうち18株が消失したことも示されました。


軽度から中等度の潰瘍性大腸炎の患者は、4週間にわたって毎日「Bio-three」9錠を投与されました。患者は治療の前後に臨床症状、内視鏡検査、および糞便サンプルを介して評価されました。治療後、患者の45%で寛解が観察され、別の10%では潰瘍性大腸炎の活動スコアが低下しました。研究者は、バイオスリーは潰瘍性大腸炎患者の臨床症状と内視鏡所見の両方を改善したと結論付けました。


バイオスリーは、サルモネラおよびロタウイルス誘発性下痢の子供の場合にもテストされました。この研究には、感染性胃腸炎の小児患者159人(サルモネラの48人、ロタウイルスの42人、原因不明の69人)が含まれていた。7日間プロバイオティクスを投与すると、子どもたちは下痢の期間が著しく短くなりました。また、プロバイオティクスの3日目までに重度の下痢の子供が大幅に減少しました。


---


最後に


国内ページでは、法律の問題で効果・効能について知ることが難しいので、今回翻訳してみました。

すでに使ってる人も、これから使う人も、参考になれば幸いです。


執筆: alloeh編集部

監修: サプリメントインストラクター 副島 侑汰朗

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア