サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

栄養補助に最適な成分やサプリメントは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

コンビニに行くと、栄養補助食品が何列にも並んでいます。

これは国の大規模な健康とウェルネスブームにより、過去10年間でビタミンとミネラルの使用が急増したためです。

Council of Responsible Nutrition(CRN)の調査によると、米国の成人の75%以上が現在健康補助食品を摂取しており、そのうち87%が栄養補助食品の安全性、品質、有効性を信頼していることが発見されました。


しかし、最近まで、研究者たちは、ほとんどの栄養補助食品がどのような健康上利点があるのか確信を持っていませんでした。

現在、新しい研究では、サプリメントからの栄養素が死のリスクを低下させることはほとんどないことを示唆されています。


一方、Annals of Internal Medicineで発表されたこの研究によると、食品からの栄養素は死亡リスクを大幅に低下させることがわかりました。

オーランドの中皮腫センターの登録栄養士であるスザンヌディクソンさんは「この研究の主な要点は、最適な栄養レベルのバランスの取れた食事を摂取した場合が栄養補助食品よりも最初の選択になるべきです。」と語りました。


「これは、サプリメントが常に有害であることを意味するものではありませんが、人々は慎重に検討する必要があることを示唆しています。


サプリメントではなく食物からの栄養素は死亡リスクを低下させましょう

栄養補助食品の利害性を調査するために、タフツ大学のフリードマン栄養科学政策大学院の研究者は20歳以上の米国の成人27,000人以上の食事を調査しました。

食事に関するデータは、参加者の1日のサプリメント用量と食品からの栄養素の食事摂取量を計算した、National Health and Nutrition Examination Surveyの2つの6年サイクルの調査から引き出されました。


その後、調査チームは、National Death Indexを通じて各参加者の死亡結果を調べました。

チームは、サプリメントではなく食物源からのビタミンKとマグネシウムの適切な摂取が、死亡リスクの低下と関連していることを発見しました。


また、ビタミンK、マグネシウム、亜鉛の摂取量が多い人たち(これもサプリメントではなく、食品の栄養素からのもの)が心血管疾患による死亡リスクが低いことも発見しました。

さらに、カルシウムの過剰摂取は、1日あたり少なくとも1,000ミリグラム(mg)の追加用量を摂取した参加者の癌による死亡リスクの増加と関連しており、がんと食品からのカルシウム摂取量との間に関連はありませんでした。


「この調査結果はサプリメントの使用が栄養素の総摂取量の増加に寄与する一方で、サプリメントでは見られない食品由来の栄養素との有益な関係があるという考えサポートします。」とフリードマン学校の准教授であるFang Fang Zhang博士と声明しました。


「この研究は、死亡率の結果を評価する際に栄養源を特定することの重要性も確認しています」とも彼女は加えて発言しました。


サプリメント業界はFDAによってほとんど規制されていません

食品医薬品局(FDA)は、サプリメント規制において非常に限られた役割しかありません。

栄養補助食品健康教育法(DSHEA)で、FDAは市場に出る前に栄養補助食品の安全性と有効性を確認することに対して許可がされていません。


ディクソン氏によると「むしろ、サプリメントの監視におけるFDAの役割はより反応的であり、かなりの数の人々が製品による有害な副作用を報告した場合にのみ、サプリメント販売停止の要請またはその使用を削減するだけです。」

「言い換えれば、サプリメントが害を及ぼす可能性があるという証拠の責任は、FDAではなく消費者にあります。」とディクソン氏は加えて述べています。

さらに、DSHEAでは、「免疫の健康をサポートする」または「処方薬よりも効果的」など、多くの消費者が混乱を感じるサプリメントのパッケージラベルに特定の言葉を使用できます。 FDAによると、主張が真実であるには良すぎると思われる場合、その見解はおそらく正しいと思われるようです。


「これらすべてが、多くの人々が栄養補助食品の安全性と有効性を、入手可能な研究証拠によって保証されているよりも信頼する環境に導いた」とディクソン氏は述べた。


サプリメントをバランスの取れた食事に取って代えてはいけません

一般的に私たちの食事にはビタミン、ミネラル、抗酸化物質など主な供給源である必要があると、健康の専門家は提言しています。

「栄養補助食品は欠乏しいる食事を補うことはできません」と統合腫瘍学者であり、高度医療センターの医学部長であるジョナサンステガール博士は述べています。

「栄養補助食品は、体内の測定可能な欠陥に対処するためなどの特別な状況のために確保されるべきであり、何らかの形で健康を生み出そうとする試みにおける大量投与はされるべきでありません。」と彼は加えて述べています。


ディクソン氏によると、私たちの体は、栄養素が食品に自然に発生するときに吸収し、使用するように設計されています。栄養補助食品から高レベルの栄養素を摂取すると、ビタミンとミネラルの吸収が競合し始め、最終的には危険な栄養素のバランスが崩れる可能性があります。

ほとんどの健康専門家は、栄養補助食品を大量に摂取するのではなく野菜や果物、豆類、および穀物が豊富な植物ベースの健康的な食事を推奨しています。

サプリメントの服用を検討している場合は、必ず最初に医師に相談してください。専門家はサプリメントがあなたにとって安全で役立つかどうかを確認してくれます。


結論

タフツ大学の新しい研究ではサプリメントではなく、食品の栄養素が死亡リスクの低下に関連していることがわかりました。

実際、サプリメントからの過剰なカルシウム摂取は、癌による死亡のリスクを高めることがわかりました。健康の専門家は、すべてのサプリメントが有害であるわけではありませんが、バランスの取れた健康的な食事が栄養素を摂取するための最良の方法であることと提言しています。


Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断