ベンフォチアミンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/15

ベンフォチアミン成分解説

はじめに

ベンフォチアミンはチアミンに似た化学物質で、ビタミンB1としても知られています。 経口摂取すると、体はベンフォチアミンをチアミンに変化させます。私たちの体はチアミンよりもベンフォチアミンがより吸収されます。ベンフォチアミンは、ニンニクやタマネギなどの特定の植物によって作られます。それはまた人工的に作ることもできます。

ベンフォチアミンは糖尿病(糖尿病性神経障害)およびアルコール依存症によって引き起こされる神経損傷のために、経口でベンフォチアミンを服用するのが最も一般的です。また、アルツハイマー病、関節炎、その他の症状にもベンフォチアミンが使用されますが、これらの用途を裏付ける科学的根拠はありません。

ベンフォチアミンの機能

私たちの体はベンフォチアミンをチアミンに変えます。チアミンはビタミンB1としても知られています。体内に十分なチアミンがない方もいます 体はチアミンよりもベンフォチアミンをよく吸収するため、ベンフォチアミンはチアミンの体内の量を増やすことができます。これは、チアミンレベルの低下によって引き起こされる特定の症状や疾患の予防または治療に役立ちます。

用途と効果

効果があるとされるもの

  • アルコール使用障害:ベンフォチアミンを経口摂取すると、アルコール依存症の一部の人々のアルコール使用量が減り、メンタルヘルスの症状が改善するようです。しかし、それはアルコール依存症の再発を防ぐための薬物バクロフェンと同様に機能しないようです。 
  • 糖尿病(糖尿病性神経障害)による神経痛:ビタミンB6およびB12の有無にかかわらず、経口でベンフォチアミンを服用すると、糖尿病によって引き起こされる神経損傷の痛みやその他の症状を改善できます。 


効果がないとされるもの

  • 糖尿病(糖尿病性腎症)による腎臓障害:ベンフォチアミンを経口摂取しても、腎疾患のある糖尿病患者の腎障害のマーカーは改善されないようです。 


さらに研究が必要とされるもの

  • 手足の神経損傷(末梢神経障害):初期の研究では、ベンフォチアミンを服用すると、過度のアルコール摂取による神経障害の症状が改善される可能性があることが示されています。しかし、すべての研究でこれらが確認されたわけではありません。 
  • アルツハイマー病 
  • 変形性関節症 
  • 関節リウマチ(RA) 
  • その他の症状 


これらの用途に対するベンフォチアミンの有効性を評価するには、より多くの研究が必要です。

副作用と安全性

経口摂取した場合:ベンフォチアミンは、毎日最大600 mgの用量で最大24週間摂取した場合安全でしょう。副作用はまれですが、個人差により胃の問題や皮膚の発疹を引き起こす可能性があります。

注意する点

妊娠と授乳:ベンフォチアミンの使用の安全性について十分な情報は現在ありません。そのため、使用を避けることをお勧めします。

相互作用

現在、ベンフォチアミンの相互作用に関する情報はありません。

摂取量について

以下の用量が科学的研究で研究されています。

成人の経口摂取の場合 アルコール依存症:600 mgのベンフォチアミンが6ヶ月間毎日服用されています。

糖尿病による神経痛(糖尿病性神経障害)の場合:150〜600mgのベンフォチアミンが3〜6週間、毎日3〜4回に分けて服用されています。50 mgのベンフォチアミンと250 mcgのビタミンB12を含む製品を3週間、毎日3回服用されました。40 mgのベンフォチアミン、90 mgのビタミンB6、および250 mcgのビタミンB12を含む製品1カプセルを1日3回または2カプセルを1日4回4週間または6週間服用されています。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事