塩化ナトリウムとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/05

塩化ナトリウム成分解説

塩化ナトリウム

塩としても知られる塩化ナトリウム(NaCl)は、私たちの体が次の目的で使用されている必須の化合物です。

  • 栄養素の吸収と輸送 
  • 血圧を維持する 
  • 液体の正しいバランスを維持する 
  • 神経信号を送信する 
  • 筋肉の収縮と弛緩 


塩は無機化合物です。つまり、生物由来ではありません。ナトリウムと塩化物が一緒になって白い結晶立方体を形成するときに形成されます。

私たちの体は塩を必要とします。しかし、少なすぎるまたは多すぎる塩分は私たちの健康に有害である場合があります。

塩は料理に頻繁に使用されますが、食品やクレンジング液の成分としても使用されています。医療の現場では通常、医師または看護師は注射として塩化ナトリウムを使用します。

この記事では塩分が私たちの体内でどういった役割を果たしているのかをお伝えします。

塩とナトリウムの違い

多くの人がナトリウムと塩を同じ意味で使用していますが実は異なります。ナトリウムはミネラルであり、自然に生成される栄養素です。新鮮な野菜、マメ科植物、果物などの未加工食品には当然ナトリウムが含まれています。重曹にもまたナトリウムが含まれています。

しかし、私たちが得るナトリウムの約75~90%は、すでに食品に含まれている塩分から来ています。塩分の重量は通常40%のナトリウムと60%の塩化物の組み合わせです。

塩化ナトリウムの使用方法

塩の最も一般的な用途は食品です。その用途は次のとおりです。 

  • 調味料 
  • 天然防腐剤として 
  • 食品の自然な色を高める 
  • 肉類の硬化または保存 
  • 食品のマリネ 


次のように食品以外にも用途があります。 

  • 鍋やフライパンの掃除 
  • カビ防止 
  • 汚れやグリースの除去 
  • 道路凍結を防ぐための散布 


塩化ナトリウムの医学的な使用

医師が塩による治療を行う場合、塩化ナトリウムという用語を使用します。塩化ナトリウムと水を混ぜると生理食塩水ができますが、これにはさまざまな医学的目的があります。

生理食塩液の医学的用途には以下が含まれます。

・点滴:脱水および電解質の不調を治療するため。砂糖と混ぜることもある。

・生食フラッシュ:薬物投与後にカテーテルまたは点滴をフラッシュする注射。

・鼻洗浄または点鼻薬:鼻づまりを解消し、鼻腔後の点滴を減らし、鼻腔をしっとり保つ。

・傷口の消毒:傷口を清潔に保つため。

・目薬:目の赤み、涙、乾燥を治療する。

・塩化ナトリウム吸入:粘液を作って、咳を出せるようにする。

医師に相談し、規定どおりに医療用生理食塩水製品(コンタクトソリューションなどの市販製品を除く)のみを使用することが重要です。異なる種類の生理食塩水には、塩化ナトリウムと水の比率が異なります。さまざまな目的に使用される生理食塩水には、化学物質または化合物が追加されている場合があります。

どれくらいの塩分を摂取するべきか

塩とナトリウムは異なりますが、塩は40%のナトリウムであり、ナトリウム摂取のほとんどは塩から得られます。多くの企業やレストランでは、塩を使用して食品の保存、味付け、風味付けを行っています。小さじ1杯の塩には約2,300 mgのナトリウムが含まれているため、1日の摂取量を簡単に超えることができます。

アメリカ疾病予防管理センターによると、平均的なアメリカ人の塩分摂取量は毎3,400 mg以上と言われています。未処理の食品を食べることで、ナトリウム摂取を制限できます。また自宅でより多くの食事をとることにより、ナトリウム摂取を管理するのが簡単になるでしょう。

アメリカの食事ガイドラインは、アメリカ人に対し1日あたり2,300 mg未満のナトリウム摂取を推奨しています。

低ナトリウムダイエット

高血圧や心臓病のリスクがある場合、医師は低ナトリウム食に切り替えることを進めるでしょう。心臓病を患っている場合は、1日あたり2,000 mg未満のナトリウムを摂取するようにしてください。ただし、アメリカ心臓協会(AHA)は1,500 mg未満に保つことを推奨しています。ソーセージや既製品などの加工食品をなくすと、この数値を維持しやすくなります。

私たちの体内における塩化ナトリウムの役割

栄養素の吸収と輸送

ナトリウムと塩化物は小腸で重要な役割を果たします。ナトリウムは栄養の吸収を助けます。

  • 塩化 
  • シュガー 
  • 水 
  • アミノ酸(タンパク質の構成要素) 


塩化物は、塩酸(水素と塩化物)で形成された胃液の成分の一種です。それはわたしたちの体が栄養素を消化して吸収するのを助けます。

安静時のエネルギーの維持

ナトリウムとカリウムは、細胞の外側と内側の液体電解質です。これらの粒子間のバランスは、細胞が体のエネルギーをどのように維持するかに寄与します。

また、心臓機能として神経が脳に信号を送り、筋肉を収縮させる役割もあります。

血圧と水分補給の維持

腎臓、脳、副腎が一緒に働くことで体内のナトリウム量を調節します。化学信号は腎臓を刺激して水分を保持し、血液に再吸収されるか、尿から余分な水分を取り除きます。

血流中のナトリウムが多すぎると、脳は腎臓に信号を送り、血液循環によって多くの水分を放出します。これは、血液量と血圧の増加につながります。ナトリウム摂取量を減らすと、血流に吸収される水分が少なくなるため、結果血圧が低下します。

塩の副作用

ほとんどの場合、塩化ナトリウムは健康を害するものではありませんが、過剰摂取した場合次の部位で不調を感じる場合があります。

  • 目 
  • 肌 
  • 気道 
  • 胃 


症状に応じて普通の水で対象となる部分をすすぐか、新鮮な空気を取り入れることで、塩化ナトリウムの刺激を治療することができます。刺激が止まらない場合は、医療機関への相談をお勧めします。

過剰な塩

ナトリウムは必須ですが、私たちが食べるほとんどすべての食品に大量に含まれています。過剰な塩を摂取することは次のことに関連しています。

  • 高血圧 
  • 心臓病および腎臓病のリスクの増加 
  • 体内の炎症を引き起こしやすくなる 
  • 脱水 


生理食塩水の副作用

生理食塩水は通常、静脈内または静脈から投与されます。高濃度の生理食塩水は、注射部位の発赤または腫れを引き起こす可能性があります。

ナトリウム欠乏

ナトリウム欠乏は通常、基礎疾患の徴候です。この状態を低ナトリウム血症といいます。原因は次のとおりです。

  • 不適切な抗利尿ホルモン分泌(ADH)、ホルモンバランスに影響する障害、特定の薬物、特定の医学的状態によって引き起こされる 
  • 過剰な水分摂取 
  • 長期にわたる嘔吐または下痢 
  • 利尿薬の使用 
  • いくつかの腎臓病 


特にマラソンやトライアスロンのような長時間の運動では、適切な水分補給なしの過度の継続的な発汗も潜在的な原因となります。

まとめ

ナトリウム摂取量の約75〜90%は、塩または塩化ナトリウムからのものです。塩は私たちの体が血圧の維持や栄養素の吸収などの機能に使用する必須ミネラル(ナトリウム)を提供しています。また食品調味料、家庭用品の洗浄、特定の医学的問題への対処にも塩を使用しています。

米国の食事ガイドラインでは、1日あたり2,300 mg未満のナトリウム摂取を推奨しています。これを行うには、コールドカットなどの加工食品を減らし、自宅で食事を調理することが一番の近道です。

塩分が多すぎると、高血圧、心臓病、腎臓病などの健康被害への懸念が高まります。摂取するカリウムの量を増やしながら塩の摂取量を減らすと、これらの状態のリスクを下げるのに役立ちます。

食事に塩化ナトリウムを追加する前に、医師に相談してください。ほとんどの人は推奨量を超えていますが、過剰な量の水を飲んだり、下痢が続いたり、マラソンなどの長時間の運動は、ナトリウム欠乏症になる可能性があります。これらの場合、経口補水液が役立つ場合があります。より深刻な場合、医療従事者は、水分補給と電解質を回復するために点滴静脈注射(IV)で生理食塩水などの治療を行う場合があります。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事