ガンマオリザノールとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/03

オリザノール成分解説

ガンマオリザノールとは

ガンマオリザノールとは、米糠油から抽出される物質です。それだけでなく、小麦ふすまや、一部の果物、野菜にも含まれることが分かっており、薬として使われています。 

ガンマオリザノールはコレステロールが高い人や、更年期障害、老化に伴う症状の治療に使用されています。 

テストステロンや成長ホルモンを増やすために使用している人もいれば、筋肉に負荷をかけるトレーニングにおいて強度を上げるために使用している人もいます。


ガンマオリザノールの働き

ガンマオリザノールは、食事の際にコレステロールの吸収を下げることによって、コレステロール値を下げると言われています。 

またガンマオリザノールは、更年期障害の治療にも推奨されることが多いですが、更年期障害に対してはどのような働きがあるのかは明確になっていません。黄体ホルモン(LH)に働きかけることで効果が出ると推測している研究者もいますが、この効果は未だ臨床実験で証明されたものではありません。 

他にも、テストステロンや成長ホルモンを増やすためにガンマオリザノールを使用する人もいます。ところが、ガンマオリザノールには、こうしたホルモン値を上げる効果は無いと考えられています。というのも、動物を使った実験では、ガンマオリザノールによってテストステロンの分泌が増えるどころか減る可能性があるという結果が見られました。


ガンマオリザノールの用途と効果

効果の確認されている症状

高コレステロール

経口でガンマオリザノールを摂取することによって、総コレステロール、「悪玉」とされる低比重リポタンパク(LDL)、またコレストロールの高い人に多く中性脂肪とも呼ばれる血中脂質を下げることが、多くの研究からわかっています。

一方で、「善玉」とされる高比重リポタンパク(HDL)に対するガンマオリザノールの効果については、意見が分かれています。

ビタミンE、オメガ3脂肪酸、ナイアシンとともにガンマオリザノールを4か月の間、経口で摂取しても、コレステロール値が高い人のLDL悪玉コレステロールが下がるとされています。

しかしコレステロール値の高い人が、オリザノールを多量に含む米糠油を4週間にわたって使用しても、オリザノールを少量しか含んでいない米糠油を使用した場合と比べて、悪玉LDLコレステロール値が下がらなかったという研究結果もあります。 


証拠が不十分な効果

運動能力

過去の研究から、十分に鍛え抜かれた男性アスリートが9週間、ガンマオリザノールを摂取しながら負荷をかけるトレーニングを行っても、筋力やジャンプ力が上がることはなかったことが分かっています。 

肌の痒みと腫れ(湿疹)

過去の研究で、6か月の間毎日、ガンマオリザノールを含むお風呂に浸かったところ、子供の湿疹が改善したということがありました。 

更年期障害やその他の症状

こうした状況でのガンマオリザノールの効果を測定するには、さらに検証をする必要があります。


ガンマオリザノールの副作用と安全性

ガンマオリザノールは、大人が経口で摂取したり肌に添付する限り、ほとんどの場合は恐らく安全であろうとされています。しかし、ガンマオリザノールの副作用の可能性については明らかになっていません。


特に注意が必要な場合

妊娠中と授乳中:妊娠中や授乳中にガンマオリザノールを使用することの安全性については、十分に信頼できる情報がありません。安全を期して、使用しないようにしましょう。 

甲状腺機能低下症:ガンマオリザノールは甲状腺の機能を低下させる恐れがあります。甲状腺に異常のある方はガンマオリザノールを使用しないようにしましょう。


まとめ

ガンマオリザノールをサプリで試してみたい方は、「Source Naturals ガンマ オリザノール」から使用してみると良いでしょう。ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事