サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

ガルシニア・カンボジアとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

はじめに

ガルシニア・カンボジアは、主にダイエットサプリメントに配合されていることで有名です。

ガルシニア・カンボジアは、小さなカボチャの形をした黄色または緑がかった果物です。ガルニシア・カンボジアの皮には、大量のヒドロキシクエン酸(HCA)が含まれており、これが減量効果を最大に引き出す要因と考えられている成分です。(参考)

この果物はとても酸っぱいので、一般的にはそのまま食べず、料理に使用されます。(参考)

この記事では、ガルシニア・カンボジアが体重と腹部脂肪の減少に役立つかどうかを解説していきます。

ガルシニア・カンボジアの減量効果


多くの質の高いヒト試験において、ガルシニアカンボジアの減量効果がテストされました。さらに、多くの試験でサプリメントが多少の体重減少を引き起こす可能性を示しています。(参考1, 参考2)

平均してガルシニアカンボジアは、2〜12週間にわたってプラセボ薬よりも、約0.88 kg多い体重減少を引き起こすことが示されています。(参考1, 参考2, 参考3, 参考4, 参考5, 参考6, 参考7, 参考8, 参考9, 参考10)

一方、その他の複数の試験では体重減少が見られませんでした。(参考1, 参考2, 参考3)

たとえば、135人の大規模試験ではガルシニアカンボジア摂取群とプラセボ群の間に体重減少の差は見られませんでした。(参考)

このような結果から、さまざまな証拠が見られます。ガルシニア・カンボジアは、一部の人に軽度の体重減少を呈する可能性がありますが、有効性は保証できるものではありません。

💡 POINT

ある研究では、ガルシニアカンボジアが軽度の体重減少を引き起こすことが判明していますが、一方で他の研究では顕著な効果は報告されていません。


ガルシニア・カンボジアが体重減少を促す仕組み

ガルシニアカンボジアが体重減少の手助けする主な原因として、これらのものが挙げられます。

1. 食欲を抑える


ラットによる研究でガルシニアカンボジアサプリメントを与えると食事量が少なくなる事が示されています。(参考1, 参考2)

同様にいくつかのヒト試験で、ガルシニアカンボジアが食欲を抑制し、満腹感を与えることが判明しました。(参考1, 参考2, 参考3, 参考4, 参考5)

メカニズムは完全に解明されていませんが、ラットの研究ではガルシニアカンボジアの有効成分が脳内のセロトニンを増加させることが示されています。 (参考1, 参考2)

セロトニンは食欲抑制剤として知られているため、セロトニンの血中濃度が高いほど食欲が減る可能性があります。(参考)

しかしながら、これらの結果は内容を精査する必要があります。他の研究では、サプリメント服用群とプラセボ服用群の間に食欲の差はみられていません。(参考1, 参考2, 参考3, 参考4)

これらの効果には個人差があると考えられます。

2. 脂肪生産を抑制し腹部脂肪を減らす


ガルシニア・カンボジアが、血中脂肪と新しい脂肪酸の生産に影響を与える可能性があります。

ヒト及び動物試験で、血液中の多量の脂肪を下げ、体内の酸化ストレスを減らす可能性が示されています。(参考1, 参考2, 参考3, 参考4, 参考5)

またある研究では、肥満の人の腹部の脂肪蓄積を減らすのに特に効果的である可能性を示唆しています。(参考)

ある研究では、中程度肥満の人が8週間毎日1,800 mgのガルシニアカンボジアを摂取したところ、病気の複数の危険因子を劇的に改善しました。(参考)

総コレステロール値 6.3%低下
悪玉コレステロール値 12.3%低下
善玉コレステロール値 10.7%上昇
血中トリグリセリド 8.6%低下
脂肪代謝産物 尿中に125〜258%多く排泄


効果の主たる要因は、ガルシニアカンボジアが脂肪の産生に重要な役割を果たすクエン酸リアーゼと呼ばれる酵素を阻害する可能性があるからです。(参考1, 参考2, 参考3, 参考4, 参考5)

クエン酸リアーゼを阻害することにより、ガルシニアカンボジアが体内での脂肪生産の遅延または抑制すると考えられています。 これにより、2つの主な病気の危険因子である血中脂肪が減少し、体重増加のリスクが低下する可能性があります。(参考)

💡 POINT

ガルシニアカンボジアは食欲を抑える可能性があります。また体内の新しい脂肪生産を抑制し、肥満の人のコレステロール値と血中トリグリセリドを下げることが示されています。


ガルシニア・カンボジアのその他の効果

動物および試験管レベルでの研究では、ガルシニアカンボジアには、以下のような抗糖尿病効果もあることが示唆されています。(参考1, 参考2, 参考3)

  • インスリンレベルの低下
  • レプチンレベルの低下
  • 炎症の軽減
  • 血糖コントロールの改善
  • インスリン感受性の増加


さらに、ガルシニアカンボジアは消化器系の機能を向上させる可能性があります。動物実験では、胃潰瘍から保護し、消化管内層の損傷を減らすのに役立つことが示唆されています。(参考1, 参考2)

ただし、これらの効果は、確かな結論であると示す前に、更なる研究が必要です。

💡 POINT

ガルシニアカンボジアには抗糖尿病効果がある可能性があります。 また、胃潰瘍や消化管の損傷から保護するのにも役立つ可能性が示唆されています。


ガルシニア・カンボジアの安全性・副作用

多くの研究で、ガルシニアカンボジアの推奨用量1日最大1,800 mgのHCAが安全であると結論付けています。(参考1, 参考2, 参考3, 参考4)

一方で、ガルシニアカンボジア使用による副作用も報告されています。最も報告されているのは以下のような副作用です。(参考1, 参考2)

  • 消化器症状
  • 頭痛
  • 皮膚の発疹


さらに、より深刻な副作用も報告されています。

動物実験では、推奨される最大用量をはるかに超えるガルシニアカンボジアの摂取が、精巣萎縮、または精巣の縮小を引き起こす可能性があることが示されています。ラットの研究では、精子の生産にも影響を与える可能性があることが示されています。(参考1, 参考2, 参考3)

抗うつ薬とガルシニアカムボを服用した結果として、セロトニン毒性を呈した女性の報告例もあります。(参考)

さらに、いくつかのケーススタディではガルシニアカンボジアのサプリメントが肝障害または肝不全を引き起こす人がいる可能性を示唆しています。(参考)

持病がある場合や薬を服用している場合は、このサプリメントを服用する前に医師に相談すると良いでしょう。


ガルシニア・カンボジアの摂取量

推奨用量は商品などによっても異なるため、商品毎の使用方法・ラベルの推奨摂取方法などに従うようにしてください。また、異常が生じた場合には速やかに専門家の支持を仰ぐようにしてください。


まとめ

ガルシニアカンボジアは、体重減少を促進するための果物由来のサプリメントですが、その有効性について様々な意見が述べられています。

もし摂取を検討されている場合には、この記事の情報も参考にしつつ、判断をしていただけると幸いです。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断